MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER2021年3月号表紙
3月号 Now on sale
TOKYO New Style

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

LIVING大人の常識

2020.10.22

太陽は燦燦。では月の光を表す漢字は?~言葉の森

私たちの身の回りには読めそうで読めない漢字や、聞いたことはあっても書き方や使いどころのわからない言葉で溢れています。
連載「言葉の森」では、日々言葉について思考を巡らせている書画家・夏生嵐彩が、“言葉の森”の探険途中で見つけた面白い要素をピックアップ。一緒に日本語の新しい側面を発見しながら、言葉の森を探険してみましょう。

夏生嵐彩

月の光を表す漢字

すっかり肌寒くなって秋本番になってきましたね。夏は「燦々と照る太陽の季節」であるのに対し、秋と言えば「月の季節」。中秋は過ぎましたが、月が冴えわたる気持ちのいい気候になりました。

ところで、太陽が「燦燦」ならば月が光る様子を何というかご存知でしょうか。

正解は「皓皓」(コウコウ)です。でもコウコウと聞くと「煌煌」の字の方が先に頭に浮かびますよね? 「煌」という字。元は王の儀礼の器にある玉が輝く様子をあらわしていて、物がきらめく様子を表すときに使います。

対して「皓」は「白い」という意味があり、「皓歯」(美しい歯)や「皓髪」(老人のこと)などの使い方をします。一般的には、白く清らかな皓潔の意味に用いる字ですが、それが転じて月の光を表すようになったようです。

「皓」と「煌」以外にも月の光を表す漢字がある!?
ここからがややこしい話なのですが・・・

「皓」とは別に、もともと「月の光」の専字のように使われていた漢字があります。それが「皎」という字です。同じく「月出て皎(コウ)たり」などという使い方をします。ややこしいなあ・・・。

しかも、これがまた「白くあかるい」という意味もあったりして「皎皎たる白い馬」という皎潔なものもあらわすようですよ。(皓と何が違うん!?って思いましたわ・・・)

成り立ちの順番はわかりませんが、おそらく
1. 白い→白くてきれい→月の光・・・皓
2. 月の光→白い→白くてきれい・・・皎
なんじゃないかな?と思います。いずれにしてもほぼ同じ意味&読みの漢字で「白く清らかに光る月」を昔から表していたようです。

太陽の光を表す漢字

そしていきなりですが皆さん。わたくし、冒頭にシレっとウソをつきました。

太陽には「燦々」を使うと。

もちろん使います、用法としては。ただ、鮮麗に輝いているものにはみな「燦燦」を使えるんです。そりゃぁ愛だって燦燦しますよ。

でも考えてもみて下さい。「月の光」だけにこんなに似た文字で2種類もあるくらいなのだから太陽にだってきっとあるはずでは?と思いませんか?

あるんです!! それが「皦」という字!

「皦」・・・読み:キョウ 意味:白い、あきらか、きよい
ってこれもかーい!! 白って! 清いって! もうなんでこんなに全部一緒なのに漢字変えるの?って思えてならない。

ただ、この字が「皓」や「皎」と違う点は「皦皦」というように字を重ねて、光り輝く様子をあらわす用法を見つけられなかったことです。(使うこともあるのかもしれませんが・・・)

なので「燦燦」の代わりには使えなさそうですね。(仕方ないので引き続き太陽には燦燦としてもらいましょう)
よく使われるのが、「皦日(キョウジツ)のごとき」(心が太陽のように白く潔白)という形で、古代中国でも天を指さしながら宣誓、誓約のときに用いたようです。どちらかというと色の抜けきった(漂白されたような)白で潔白・純白・明解さを表していたようです。

白の裏話

ああ・・・ここまで「白」の話をすると、白ってもともと「ドクロ」の形を表してるって知ってました? 怖いでしょ面白いでしょ、みたいな話になってしまいそう。

このコーナー、「言葉の森」というよりもはや沼です、沼。

色についてはまた来月話しましょうか・・・。(さすがに話が散らかり過ぎる)

美文字の秘訣

さて、どの字もまったく常用漢字にないので、PCで打つのも一苦労でした。ということで、一番みなさんが使いそうな「燦」の字の書き方だけサラッと説明しましょうかね。(皓たちの立場よ)

火へん&火の書き方
夏生嵐彩
火って難しいですよね・・・。クマの顔みたいになっちゃいません?

これ、最初の2個の点の向きを中心らへんにみんな集めようとするからクマ化するんですよ。

2個の点の向きは、
1. たて線
2. 1の真ん中をねらう!
このように書けばとても簡単にかっこ良く書けます。
夏生嵐彩

燦の作りに関してはいつもの表を意識して、右上がりの横線の角度をそろえること。
夏生嵐彩
そして、右はらいを長く書くと火とのバランスがとれます。
夏生嵐彩
こんな画数の多い字、きれいに書けるわけないよ~!と諦めないで。漢字は分解すればどれもこれも似たようなパーツばかりでできています。私も「燦」なんて今日初めて書きましたよ(笑)。
それでは、また来月お会いしましょう!

TEXT=夏生嵐彩

ILLUSTRATION=夏生嵐彩

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年3月号表紙

3月号 Now on sale

TOKYO New Style

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

TOKYO New Style

1月22日(金)全国発売のGINGER2021年3月号では、新しい価値観で新しい時代を生きていくためのヒントとなる「TOKYO New Style」を大特集。表紙にはデビュー1周年を迎え輝きを放っているSnow Manが初登場。常に上を目指し走り続け、時代のアイコンとなった9人の今、そしてこれからについてインタビュー!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる