MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年4月号
4月号 Now on sale
変化を楽しむ時代へ!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

LIVING

2021.02.20

節約にもなる!豆腐のアレンジメニュー6選

旬野菜を使った料理や、季節に合わせたメニューやフードを、フードライターの坂本ちなみさんがご提案。豆腐の魅力にどっぷりハマっている坂本さん。これまで豆腐を使ったアレンジ料理手作り豆腐の作り方をお届けしてきましたが、今回も豆腐の魅力たっぷりのアレンジメニューをご紹介。

坂本ちなみ

豆腐は節約レシピにうってつけ

もうすぐ主婦歴20年、まったくもって個人的嗜好からだけど、節約レシピにうってつけの食材と言えば必ず第1位に「豆腐」が浮かぶ。これほど柔軟性があり振り幅が大きく健康的でメインにも脇役にもなる食材が、いつでもどこでも安価で買えるなんて日本ってなんて素晴らしいんだ!と、使う度あるいは作る度に心底感銘を受けている。豆腐は大豆から作られる工程が既に料理そのもので、その姿は純真無垢と言える。豆腐という形に身なりを整え、料理する側の色に染められていく。どこか昔気質を失わない和の感覚も持ち合わせている分、うららかな印象が備わっていて、そこもギュッと惹かれてしまうところ。日本が誇る素晴らしい要素が凝縮した申し分のない食品だと思う。

上の写真は、そんな純真無垢な豆腐を2㎝角にカットして、油をひいたフライパンで全面じっくり焼きあげたあと、甘辛スパイシーな照り焼きにしたもの。丼にすればさらに美味しさが倍増!

ピーマンの白和え

坂本ちなみ

小さい頃、母がよく近所の小川で摘んできた“セリ”を湯がいて、すり鉢で擦った豆腐と和えていた。とろりと滑らかになった豆腐とダシの味が利いていたので、当時苦手だったセリも私はぺろりと平らげていた。
そのことを思い出し、今度は我が子の苦手なピーマンを白和えにしてみた。ピーマン特有の青臭さを取るために、ごま油で一旦炒めて醤油とみりんで味付けをほどこした。豆腐・味噌・ダシ・砂糖・塩を混ぜ合わせ、先ほどのピーマンと和える。息子は、まるでそれがピーマンでは無いように、好物を食べるようにぺろりと平げた。よっしゃ!笑

レンコン入り一口揚げ出し豆腐

坂本ちなみ

粗めに擦って水気を切ったレンコン、水切りして潰した木綿豆腐、片栗粉を混ぜ合わせて製氷皿に移し冷凍する。容器から取り出し表面全体に片栗粉をまぶして油で揚げる。器に盛り、あんをかけたら出来上がり。レンコンの深い旨味がしっぽりと味わえる素朴だけれど心に響く一品。

*製氷皿はシリコン製が取り出しやすくて便利。

里芋の豆腐ふんわり変わり衣揚げ

坂本ちなみ

里芋のほくほく感と山芋のふんわり感が同時に楽しめるうやうやしい一皿。塩をつけて食べても美味しかったのですが、粒マスタードマヨをつけるとさらに絶品!

●作り方
1. 里芋は蒸したあと皮をむいて一口サイズに切っておく。(小さいサイズならそのまま使う)
2. 変わり衣の材料を混ぜる(材料:水切りして潰した絹ごし豆腐、山芋、卵、片栗粉、ねぎとキャベツのみじん切り)
3. 12をつけて狐色に揚げたら出来上がり。
坂本ちなみ
先ほどの変わり衣液が余ったら、ぜひこちらを作ってみて欲しい。油をひいたフライパンで両面焼くだけ。あれば大葉をはりつけると風味が広がる。キャベツと里芋のふんわふわな「おやき」ぜひ!

炒り豆腐

坂本ちなみ
そうそう、我が家で常備している豆腐そぼろもご紹介したい。潰した豆腐の水分をフライパンでじっくり飛ばし切る豆腐そぼろは万能選手。ちなみに、写真に写っている炒り豆腐、右側は炒っただけのもの。左側は醤油、みりん、砂糖で味付けしたもの。用途は様々。あるととっても重宝する。

*左の味付けあり豆腐そぼろは、炒り卵と合わせて二色そぼろ丼、かぼちゃの煮物、チャーハン、坦々麺、キーマカレー、ガパオライス、肉味噌、ミートソース、シェパーズパイなどに。
*右の味付けなし豆腐そぼろは、サラダに振りかけたり味噌汁に浮かばせたり。その他、お粥、餃子、ディップ、ドリア、麻婆豆腐などに。

坂本ちなみ
こちらは、先ほどの味付けしていないそぼろを使ったピーマンと炒り豆腐の塩だれ和え物。ネギで作る香味油と塩、胡麻の風味が合わさってオツな味わい。

坂本ちなみ
こちらも味付けなしの炒り豆腐、トマト、ネギ、オリーブオイル、ワインビネガー、マスタード、ハチミツ、塩、胡椒を混ぜて作るさっぱりサラダ。夏場はネギをバジルやローズマリーに変えてみても。

レンコンと豆腐の炒め物

坂本ちなみ
シャキシャキ食感が恋しくなったらこちらがおすすめ。レンコンの歯応え、湯がいたカリフラワーのホワホワ食感、豆腐の洒落っ気が集結。みじん切りにしたニンニクと生姜の粋な計らいが全体に行き渡る。際立つ醤油バターの説得力もすごい! ぜひ冬に食したい一皿だ。

豆腐と焼鮭のパスタ

坂本ちなみ
スタンダードなペペロンチーノのレシピをベースに簡単アレンジ。豆腐は大きめにカットして食感を楽しんで。

1. 水切りして一口大にカットした木綿豆腐を全面こんがりと焼く。ほぐした焼鮭、レタスを準備する。
2. 表記通りに茹でたパスタと1を、パスタの定番ペペロンチーノのレシピで仕上げる。

おから焼売

坂本ちなみ
豆腐を作ったあとに出る大量のおから。ぜひ小分けして冷凍庫で保存しておきたい。上の写真は、おからとえびで作る畑の幸海の幸が融合したうんまい焼売。お箸が止まらなくなる。

今回も豆腐料理についてお届けしましたが、記事の内容楽しんでいただけましたか。実は、次回でGINGERを卒業することになりました。今まで5年間お付き合いくださった読者の皆様、本当にありがとうございました。心から感謝しています。来週でお別れとなりますが、最後の記事とっておきになるよう頑張りますので、どうぞ楽しみにお待ちくださいね。

>>豆腐でここまでアレンジできる!おうち時間に真似したい料理8選

>>料理のレパートリーが広がる!豆腐料理10選

>>冷蔵庫の豆腐が立派な一品に!食卓を彩るおかず10選

>>食卓が華やぐ!簡単おからアレンジ5選

TEXT=坂本ちなみ

PHOTO=坂本ちなみ

PICK UP

MAGAZINE

2021年4月号

4月号 Now on sale

変化を楽しむ時代へ!

最新号を見る

定期購読はこちら

4月号 Now on sale

変化を楽しむ時代へ!

2月22日(月)全国発売のGINGER2021年4月号では、幸せのチャンスを引き寄せ、自分の可能性を広げるための最新トピックスを満載した「おしゃれもマインドも変化を楽しむ時代へ!」を大特集。“CHANGE”を存分に楽しんでいる素敵な人へスペシャルインタビュー。カバーウーマンには、インスタが上がるたびに美しさとコメントに注目が集まる桐谷美玲が近況報告と最強のビューティショットで登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる