GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

2023年1月号
1月号 Now on sale
探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVING仕事

2022.03.05

外見いじりには思い切りドン引き&“bot返し”をキメよう【セクハラ撲滅委員会】

愛想笑いで受け流す日々にもうウンザリ――そんなあなたへ贈る虎の巻! 作家のアルテイシアさんにセクシュアル・ハラスメントへの対処法を聞きました。全5回の短期集中連載でお届けします。

体験談2:見た目をとやかく言われて傷つきます

セクハラ発言をする男性同僚
ジェンダー不平等な社会では、女性は過度に外見の美しさを求められがち。型通りの美しさに当てはまらなければ、からかわれたり、いじられたり…残念ながらよく見る光景です。

「同僚男性に『お前は胸がないし、視線に気ぃ遣わなくていいから助かるわー』と言われました」(30歳/メーカー)

「女性に対し『ブス』『おばさん』など陰口を言う男性がいて不快です」(27歳/商社)

しかし、褒めればよいというわけでもありません。

「かつて上司によく容姿を褒められていたのですが『自分があと20歳若かったら誘ってたよ』と言われたときはさすがに気持ち悪かったです」(33歳/メーカー)

そもそも男女問わず、人の外見に言及することはマナー違反。そんな空気を作っていくためには、何ができるでしょうか?

〈初級編〉同意せず、ドン引きする

前回アルテイシアさんには、笑顔を封印することを教えていただきましたが、もう一つ封印すべきものが。それは「自虐」。

「たとえば今回の体験談のように、胸が小さいことを揶揄されたときに『ですよねー』と同調してしまうと“いじっていい相手”認定されてしまいます。つまりハラスメントを容認する結果に。自虐でしのぎたくなる気持ちもわかりますが、ぐっと堪えて」

ここでも、表情が大事。何も言い返せなくても大丈夫。とにかく笑わず“びっくり顔”で、心底ドン引きしていることを伝えましょう。

一言付け加えるなら「えっ」「そういうこと言う男性、多いですよね…」。自分は同意していない、あなたとは考え方が違う、という表明を。

「“bot返し”もおすすめです。相手が何を言ってこようとも『あなたはそういう考えなんですね』としか返さない。そのうち相手は発言する気をなくします」

bot返し

〈上級編〉質問返しで反撃しよう

今後も相手と良好な関係を築きたいなら、その場の発言を封じるだけでなく、問題点をきちんと指摘したいところ。ストレートに「体型のことを言われると傷つく」「やめてほしい」と言える人は、言ったほうがいいとアルテイシアさん。

「それから、“質問返し”で相手に考えさせるという手もあります。それってどういうことですか? 今その話、関係あります? と聞くんです。すると相手は『あれ、まずかったかも』と気づけるかもしれません」

「冗談、冗談」「これくらいで怒るなよ」と返されたら…?

「私なら切々と、ルッキズムやハラスメントについて解説します。イジリをコミュニケーションだと勘違いしている人は、相手に嫌な思いをさせているという意識がないんですよね。あなたのために言ってるんですよ、というスタンスで教えてあげることも、時には必要だと思います」

***

それでは復習です。人の外見をとやかく言う人には

・同意せず、ドン引きする
・できるなら、質問返しで反撃する

この2点を押さえた対処を。からかいやいじりで嫌な思いをしなくて済む世の中にしていきたいものですね。

反射神経を鍛えるにはどうすればいい?

最初は、思うように対応できなかったり、あとから「もっと言い返せばよかった」と悶々としたりすることもあるはず。アルテイシアさんいわく、大切なのはシミュレーション。

「反射神経を鍛えるには、今度こういうことを言われたらこう返そう、と何度もイメージすることです。どう反応すべきか、迷ったときはぜひ私のコラムを読んでみてください。一緒に少しずつ、言葉の護身術を身につけていきましょう!」

アルテイシア
作家。神戸生まれ。近著に『モヤる言葉、ヤバイ人~自尊心を削る人から心を守る「言葉の護身術」』(大和書房)『フェミニズムに出会って長生きしたくなった。』(幻冬舎文庫) など。フェミニズムにまつわる軽快な語り口のエッセイが人気で、「モヤモヤがすっきりした」「ハラスメントにNOを言えるようになった」など救われる人が続出!

【セクハラ撲滅委員会】をもっと読む。

ILLUSTRATION=八朔モモ

TEXT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

2023年1月号

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

11月22日(火)全国発売のGINGER2023年1月号の表紙には、現在放送中のドラマ「クロサギ」で、圧倒的なオーラを放っている平野紫耀(King & Prince)が登場。グループ全員がスタイリッシュなブラックスーツで表紙を飾った2022年5月号とは全く異なる、ふわっと柔らかくて、アンニュイな表情を披露。カバーストーリーでは、素顔の彼をひも解くための31の質問に答えてくれました。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する