GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

2023年1月号
1月号 Now on sale
探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVING仕事

2022.03.07

失礼な決めつけには“エジソン返し”で対抗しよう【セクハラ撲滅委員会】

愛想笑いで受け流す日々にもうウンザリ――そんなあなたへ贈る虎の巻! 作家のアルテイシアさんにセクシュアル・ハラスメントへの対処法を聞きました。全5回の短期集中連載でお届けします。

体験談4:浴びせられるミソジニー発言

ミソジニーな同僚

「同僚男性から『取引先の男性に気に入られて仕事が楽でしょ』と言われました」(35歳/公務員)

「仕事でリーダーを任されたとき、役員と肉体関係にあるなど根も葉もない噂を流されました」(32歳/メーカー)

「女性だからこういうの得意でしょ、と雑用を押し付けられることがよくあります」(29歳/保険)

女性の能力を不当に低く見積もり、裏でなにかやっているはずだと勘繰る。女性というだけで、勝手に気配りや優しさを期待する。これらはすべてミソジニー(女性蔑視、女性嫌悪)の表れと言えます。

こういうことを言う男性に限って、「えっ、俺は女好きだよ?」と言ったりするから困りもの。

〈初級編〉相手の言ったことを復唱する

ここでも、一番大切なのは笑顔を封印すること。「ナメると痛い目に遭うぞ」と殺気を出していきましょう。それが難しければ、第1回でもご紹介した“ハシビコロウ顔”をキメて。

「そのうえで、相手が言ったことを復唱して差し上げるだけでも効果があると思います。『女性だから…ですか』『◯◯とおっしゃいましたね』。察しのいい人なら、自分の発言が偏っていたことに気づくはずです」

また、第2回で紹介した“bot返し”も役立ちます。「あなたはそういう考えなんですね」を繰り返すことで、私は同意しない、という意志を伝えましょう。

〈上級編〉なぜ?なぜ?“エジソン返し”で相手を追い詰めよう

もう一歩踏み込んで言い返せそうなときは「なぜそう思うんですか?」「なぜ私がこれを得意だと思ったんですか?」と興味深げに聞いてみて。

幼少期のエジソンは、なんにでも興味を抱いて「なぜ?」「なぜ?」と質問していたので「なぜなぜ坊や」と呼ばれていた――というエピソードにちなみ、アルテイシアさんはこれを“エジソン返し”と名付けています。
エジソン返し

「普通に疑問なんですけど、みたいな感じで『なぜ』を重ねて、淡々と相手を追い詰めるのです。相手は答えに窮して狼狽するはず。『たしかに、なぜだろう』と思わせることができればしめたもの」

ごちゃごちゃ言い訳をしてきたら、

「そういうこと言う男性、本当多いですよね…」

とため息混じりにつぶやけばOK。

***

それでは復習です。ミソジニー発言を浴びせられたときは、

・相手の発言を復唱
・“エジソン返し”

この2つの武器で応戦しましょう。

でもたしかにそうかも?と思ってしまったら…

ジェンダーギャップ是正のため、女性の登用に積極的な企業も増えている昨今。読者アンケートでは、「女ってラッキーだよな」などと言われると「たしかに私は、女性だから登用されただけなの…?」と思ってしまう、という声も寄せられました。

でも「真に受けなくていい」とアルテイシアさんはキッパリ。

「そもそも現実が偏っている、という前提を忘れないでいたいですね。女性がラッキーなのではなく、これまで不当な扱いを受けていた状況が改善されつつあるだけ、なのです。ラッキーで昇進・昇格できていたのはむしろこれまでの男性。あなたはあなたの実力で評価されているのだと、自信を持ってほしいです」

アルテイシア
作家。神戸生まれ。近著に『モヤる言葉、ヤバイ人~自尊心を削る人から心を守る「言葉の護身術」』(大和書房)『フェミニズムに出会って長生きしたくなった。』(幻冬舎文庫) など。フェミニズムにまつわる軽快な語り口のエッセイが人気で、「モヤモヤがすっきりした」「ハラスメントにNOを言えるようになった」など救われる人が続出!

【セクハラ撲滅委員会】をもっと読む。

ILLUSTRATION=八朔モモ

TEXT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

2023年1月号

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

11月22日(火)全国発売のGINGER2023年1月号の表紙には、現在放送中のドラマ「クロサギ」で、圧倒的なオーラを放っている平野紫耀(King & Prince)が登場。グループ全員がスタイリッシュなブラックスーツで表紙を飾った2022年5月号とは全く異なる、ふわっと柔らかくて、アンニュイな表情を披露。カバーストーリーでは、素顔の彼をひも解くための31の質問に答えてくれました。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する