GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

2023年1月号
1月号 Now on sale
探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVING仕事

2022.03.04

無理なお誘いには“ハシビロコウ顔”を貫こう【セクハラ撲滅委員会】

愛想笑いで受け流す日々にもうウンザリ――そんなあなたへ贈る虎の巻! 作家のアルテイシアさんにセクシュアル・ハラスメントへの対処法を聞きました。全5回の短期集中連載でお届けします。

体験談1:男性上司にしつこく迫られて困っています

しつこく迫る男性上司
読者アンケートを実施したところ、職場で「セクハラを受けたことがある」「セクハラと言えるか不明だが嫌な思いをしたことがある」と答えた人の合計は回答者全体の85%(※)。体験談のなかでも多かったのが、勘違い上司によるありがた迷惑なアプローチ。

「仕事終わりに食事に誘われ、やんわりと断ったのですが、そのあと待ち伏せまでされて。とても怖かったです…」(26歳/公務員)

「上司に通勤途中で待ち伏せされたり、しつこく食事に誘われたり、LINEを聞かれたりしました」(27歳/金融)

本人は悪気がないのかもしれないけれど…待ち伏せなんて怖すぎます!

〈初級編〉“ハシビロコウ顔”で塩対応を心がけよう

アルテイシアさんによると、セクハラ対応においてまず何より大事なのは「つい笑顔を出すクセ」を封印すること。

「いつもにこにこ感じよく、と教えられて育った人も多いと思います。でもそれを好意と勘違いする人もいるのが現実。反射的に笑顔を出すのをやめて、塩対応でいきましょう」

お手本は、ハシビロコウ!

ハシビロコウ

ペリカン目ハシビロコウ科ハシビロコウ属に分類される鳥類。アルテイシアさんはハシビロコウが大好きで、グッズを身近に置いているそう。

「表情の動かなさ、そして威厳のある感じ…まさに理想の“真顔”です」

この表情をキープしながら、スパッと断る一言を。相手が明らかに恋愛感情を出してきている場合、一番簡単なのは「彼氏に悪いので」。この場合の「彼氏」は“脳内彼氏”でOK、つまり本当は彼氏がいなくても、いるテイで返してしまえばよいとアルテイシアさん。

「ホラを吹くのも大事です。これはあくまで護身術の一つですから」

あるいは新型コロナの感染状況を踏まえた「家族に高齢者がいるので」「医療関係者がいるので」や、「祖母が危篤で…」といった返し方も有効。

「ポイントは、ビジネスモードで返すこと。“大変恐縮ですが…”と前置きすれば完璧ですね」

〈上級編〉普段から“セクハラ撲滅ガチ勢”アピールをしよう

セクハラへの対処において、難しいのは相手との関係性。仕事上重要な相手に、嫌なことを嫌と伝えるのは難しいもの。読者アンケートでも「職場の雰囲気を壊したくない」「気まずくなったら働きにくい」といった理由で、セクハラを受け流しているという声が多数寄せられました。

「その場でスパッと断るのが難しいようであれば、日頃から予防線を張っておくのもいいと思います。例えば『友人が上司にしつこく誘われてるらしいんですけど、セクハラですよね〜』『力関係を利用するなんて許せない』と話題にするのはいかがでしょうか」

相手が年の離れた上司の場合「おじさんは恋愛対象外」アピールも必要かも。「軽々しく誘ってはいけない人」になれたらひとまず安心。そして、そんな女性が増えていけば…いつしか勘違いおじさんは撲滅されるはず!

***

それでは復習です。男性上司からのしつこいお誘いには、

・“ハシビロコウ顔”で塩対応
・普段から“セクハラ撲滅ガチ勢”アピール

この2ステップを心がけましょう。

嫌なものは嫌。自意識過剰と思わなくていい

とはいえ、「たまには腹を割って話そう」「仕事の話をじっくり聞かせて」――そんな言葉で飲みに誘われると、これも必要なコミュニケーションなのかな? セクハラと決めつけるのは悪いかも? と感じることもあるかもしれません。アンケートでは、「自意識過剰なだけかもと思い、断れない」という声も。でも、嫌なら我慢する必要はないとアルテイシアさん。

「部下の女性と一対一のコミュニケーションが必要と感じたとして、まともな上司なら、普通に会議室を使ったり、食事であればランチにしたり、複数人を誘ったりといった気遣いをするでしょう。それがない時点で、アウトなんです」

悪いのは、あなたを悩ませる側。さあ、鏡の前で、ハシビロコウ顔の練習を!

アルテイシア
作家。神戸生まれ。近著に『モヤる言葉、ヤバイ人~自尊心を削る人から心を守る「言葉の護身術」』(大和書房)『フェミニズムに出会って長生きしたくなった。』(幻冬舎文庫) など。フェミニズムにまつわる軽快な語り口のエッセイが人気で、「モヤモヤがすっきりした」「ハラスメントにNOを言えるようになった」など救われる人が続出!

※ アンケートはGINGERサポーターを対象に実施。55名から回答を得ました。「職場でセクハラを受けた経験はありますか?」という設問に対し、20名が「ある」、26名が「セクハラと言えるか不明だが嫌な思いをしたことがある」と回答しました。

ILLUSTRATION=八朔モモ

TEXT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

2023年1月号

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

11月22日(火)全国発売のGINGER2023年1月号の表紙には、現在放送中のドラマ「クロサギ」で、圧倒的なオーラを放っている平野紫耀(King & Prince)が登場。グループ全員がスタイリッシュなブラックスーツで表紙を飾った2022年5月号とは全く異なる、ふわっと柔らかくて、アンニュイな表情を披露。カバーストーリーでは、素顔の彼をひも解くための31の質問に答えてくれました。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する