MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2021年9月号
9月号 Now on sale
THE SNAPARAZZI!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVING

2021.04.22

こんなブランドで買いたい!ツウも愛するデニムブランドの舞台裏【プロジェクトS】

社会にSpark(ときめき&ひらめき)を発信している女性を取材する連載「プロジェクトS」。商品やサービスについて知るとともに、その舞台裏で輝く彼女たちの言葉から、仕事を楽しむヒントを見つけて!

デンハムMD/企画近藤恵理香、GINZA SIX店松本瑛美
世界的デニムブランド、DENHAM(デンハム)。インフルエンサーやスタイリストなど、ファッション関係者から根強い支持を集めている、と聞くと、職人気質でとっつきづらい、玄人向けのブランドという印象を持つ人が多いかもしれません。しかしウィメンズの展示会に伺うたびに編集部が感じるのは、プレス担当者をはじめブランドに関わる人たちが皆、穏やかで親しみやすい雰囲気をまとった、素敵な女性であるということ!

そこでGINGERでは彼女たちを取材させていただき、デニム、そしてデンハムというブランドの魅力を探ることに。初回はMD/企画の近藤恵理香さん2回目となる前回はGINZA SIX店勤務の松本瑛美さんにお話を伺いました。

今回はお二人ともにご登場いただき、デンハムでの仕事について、さらに深く語っていただきます。

デンハムMD/企画近藤恵理香、GINZA SIX店松本瑛美

〈左から〉MD/企画 近藤恵理香さん、GINZA SIX店勤務 松本瑛美さん

スタッフ同士の密な関係

ハイセンスなアパレルショップや話題のフードスポットが密集し、芸能人やファッション業界人が行き交う東京の街、中目黒。その一角にあるビルの2階に、デンハム・ジャパンのオフィスがあります。

そこで働くスタッフは20名ほど。人と人との距離が近い、アットホームな職場だと言います。

「社長を筆頭に、周りの人がいつも気にかけてくれてサポートしてくれる、温かい会社です。私はもともと店舗スタッフとして入社して、途中から少しずつオフィス業務にも携わるようになったのですが、両立するのが本当に大変で。その時期、周りの方々にいろいろと助けていただいたからこそ今があると思っています」(近藤さん)

「私も一時期、目標を見失って悩んでいたのですが、そのときは本当にいろいろな人に助けられました。人に恵まれているブランドだと思います」(松本さん)

デンハムはオランダのブランドですが、創立者のジェイソン・デンハム氏は大の日本好き。そして彼を支えているのが、グローバルのブランドディレクターであり、デンハム・ジャパンの社長も務める根岸洋明氏。そんな二人の親密さが根本にあるからこそ、人間関係を大切にする風通しのよい社風が生まれたのかもしれません。

「社長と社員の関係はもちろんのこと、オフィス勤務スタッフと店舗スタッフの関係も、大手企業と比べるととても密だと思います。自分たちの意見や相談がしっかり伝わるので、ささいな問題でもお互いにシェアして、解決策を考えることができています」(松本さん)

経年変化したデニム

何年もはき込まれて経年変化したデンハムのデニム。長く大切に“育てる”ことで、自分だけの一着に。

商品開発の土台にあるのは、憧れやワクワクする気持ち

実は二人は、デンハムに入社する前は別のアパレル企業で一緒に働いていた同僚同士。先に転職した近藤さんに誘われる形で、松本さんも入社を決めたそう。

「当時はまだウィメンズの規模が小さかったので、成長させるのがミッションとされていました。そこで一緒に働いてほしいと松本を誘ったんです。仕事に対して真面目だし、とても信頼できる人だと思っていたので」(近藤さん)

「私も30歳を機に転職を考えていたのでちょうどいいタイミングでした。今にいたるまで近藤をはじめ、いろいろな人にお世話になっているので、恩返ししていきたいという気持ちが仕事へのモチベーションの一つになっていますね」(松本さん)
デンハムMD/企画近藤恵理香
その後、近藤さんはMD/企画担当に。もともと入社当時から、ものづくりがしたいという思いがあったと言います。

「子供のころから、おしゃれなものへの憧れがありました。矢沢あいさんの『ご近所物語』などに影響を受けて、ドレスを作りたい!って思ったり。そういうわくわくした気持ちが、私がアパレルで働いている原点になっています」(近藤さん)

とはいえ品質の高さがウリのデンハムでものづくりに関わることには、苦労も多いはず。困難を乗り越えるために、近藤さんが大切にしているのは「楽しむこと」なのだとか。

「目の前の仕事に追われると、つい周りが見えなくなったり、淡々と作業に没頭してしまったりしがち。そのたびに『いけない、いけない』と、憧れやわくわくといった、初心を思い出すよう心がけています」(近藤さん)

松本瑛美

魅力的な売り場を作るために

そうやって近藤さんたちオフィス勤務スタッフが心を込めて企画、生産した商品を、店舗でお客様にマッチングするのが松本さんの仕事。スタッフのマネジメントも行っているという松本さんは、日々どんな思いで仕事に向かっているのでしょうか。

「店舗を運営するにあたって、売り上げ戦略なども自分たちで立てるので、こうしたほうがいい、あっちのほうがいいとスタッフ同士で意見が食い違うときもあります。でもそれは、真剣にお店のことを考えている仲間の集まりだからこそ。その都度とことん話し合って解決していくことを大切にしています。難しくて大変なことですが、話し合うことで信頼関係が結ばれて、それがお店の雰囲気作りや売り上げにもつながっていくと思っています」(松本さん)

デンハムMGINZA SIX店

松本さんが働くデンハム GINZA SIX店。個性的な内装に、デニムがずらり!

一人ひとりがライバルでもあり仲間でもある販売の現場では、コミュニケーションが重要。接客業として、お客様への気配りはもちろんのこと、一緒に働くメンバーへの配慮も忘れないようにしたい、と松本さん。

「常に柔軟に対応することを心がけています。中間管理職なので、上司からの指示はスピーディーに対応する。部下に対しては、小さなことでも気づける人でありたいと思っています。その日の個人売り上げがよかったとか、常連のお客様が来てくださったとか、小さなことでも気づいて褒めて、楽しみながら仕事をしてもらえる雰囲気作りをしていきたいです」(松本さん)
デンハムMD/企画近藤恵理香、GINZA SIX店松本瑛美
ツウに愛される唯一無二のブランドの舞台裏には、お互いを大切にする温かな気持ちがありました。最後に、お二人にこれからのデンハム・ジャパンのウィメンズをどういうチームにしていきたいか、聞いてみました。

「一人ひとりが意志を持って、ぶつかったりしても話し合って解決し、サポートし合って同じ方向を向ける、芯のある女性の集まりでありたいです。そのためにまずは私たちが先頭を切っていきたいなと思っています」(近藤さん)

デンハム・ジャパン
https://www.denhamjapan.jp/
Instagram @denhamjapan

>>洗う?洗わない?近藤さんが語る「一生愛せる」デニムの魅力【プロジェクトS】

>>自分に似合うデニムとは?松本さんが教える選びのポイント【プロジェクトS】

プロジェクトSの記事をもっと読む。

PHOTO=オノデラカズオ

TEXT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年9月号

9月号 Now on sale

THE SNAPARAZZI!

最新号を見る

定期購読はこちら

9月号 Now on sale

THE SNAPARAZZI!

「写真」を通して、普段は見ることができないさまざまな“リアル”を大公開! 表紙を飾るのは、8月10日にデビュー10周年を迎えるKis-My-Ft2。デビュー以来初の舞台で座長となるジェシー、新たな環境でドラマ収録をスタートした高杉真宙、女優としても活躍が目覚ましい池田エライザ、三吉彩花、FANTASTICS from EXILE TRIBE、與真司郎といった気になる人たちの、リアルな瞬間にご注目を!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する