MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER2021年3月号表紙
3月号 Now on sale
TOKYO New Style

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

TIMELESSPERSON

2020.03.16

田中みな実「見つからない答えを探して」

まさにGINGER世代ど真ん中を生きる、田中みな実さん。場を仕切り、盛り上げ、ボケもツッコミもこなす知的な仕事人として、コスメ愛を探究する美容賢者として、チョコレートをこよなく愛する乙女として、その人気と注目度はますます上昇中。 そんな彼女が本音で綴る連載コラム「田中みな実 ここだけ話」。今回はみな実さんの、“素”についての考察。(編集部)

今回のテーマ:素

田中みな実
自分の“素”ってどう表現したらいいのだろう。
素、す、ス・・・。きっと、表現をするものではない。しかし、何かにつけてその状態を求められるものだから、いったいどう振舞うのが正解かを考えあぐねてしまう。近頃はプライベートに迫るような番組が多く、オファーをいただけるのは大変に有難いこと。ただし、番組側が求める、いわゆる変わった趣味やら意外な交友関係がなくて恐縮してしまう。

「ふつうでいいんですよ。いつもの田中さんで!」と言われても、私のふつうの生活は想像以上に単調だ。仕事にジム、スーパー、美容院、ネイルサロン、美容院(カラーの)、ジム(2つ目の)。捻りだしてこのくらい(充分か!)。それだって、既にいくつかのメディアで紹介してしまっているから、「他にないですかね?」と、新しい何かを期待される。
もうすっからかんな私に、番組サイドは「たとえば~」みたいなご提案をしてくれるのだけど、それはもう完全に“素”から遠ざかっている(笑)。その上、いつのまにやらぶりっ子キャラ、結婚したいキャラ、闇深いキャラ、あれこれキャラ付けすることを求められ、心底げんなりしてしまう。

「たとえば~カメラに向かってぶりっ子っぽく食レポしてもらったり」などの謎の要求に「やりません。普段ひとりでそんなことしませんから」と言い放って場を凍り付かせたことも。だってさ、それこそ“素”の私ではない。憤りを覚えるも、その答えが見つからない自分にもっと腹が立つ。“素”ってなんなんだ――!

田中みな実

《オフショット公開》ふかわりょうさんに秋田名物とんぶりの被り物を与えられる。これは”素”?

TEXT=田中みな実

PHOTO=吉田崇(まきうらオフィス)

HAIR & MAKE-UP=河北裕介

STYLING=筒井葉子(PEACE MONKEY)

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年3月号表紙

3月号 Now on sale

TOKYO New Style

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

TOKYO New Style

1月22日(金)全国発売のGINGER2021年3月号では、新しい価値観で新しい時代を生きていくためのヒントとなる「TOKYO New Style」を大特集。表紙にはデビュー1周年を迎え輝きを放っているSnow Manが初登場。常に上を目指し走り続け、時代のアイコンとなった9人の今、そしてこれからについてインタビュー!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる