MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER2021年8月号
7月号 Now on sale
楽しければ、うまくいく。

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVINGGINGER白書

2021.06.06

出産経験者が考える、妊娠のベストタイミングはいつ?

「いつか子供が欲しいけど、今じゃない気がする」「いつがベスト?」――実に多くの読者の皆さんからいただくお悩みです。そこでGINGER読者のなかで出産経験のある方を対象にアンケートを実施。妊娠・出産のタイミングについて、聞いてみました。

妊婦

(c)PonomarenkoNataly/Shutterstock.com

Q. 第一子出産時の年齢は?

円グラフ1
第一子出産のタイミングは、やはり20代後半〜30代前半に集中。より細かく見ると、特に29歳と31歳が多く、「20代のうちに産みたい」「30歳になったから妊活を」と考える人が多いと言えそうです。

「22歳で第一子を出産しました。今はもう小学生で、子育ても落ち着いてきています」(33歳/メーカー)

「26歳のときに第一子を出産し、現在は3人の子育てをしています」(32歳/自営業)

「年齢的にそろそろ欲しいなと思っていた32歳で妊娠、翌年出産しました」(36歳/専門職)

「体質改善、自己流のタイミング法、病院でのタイミング法、人工授精、体外受精などあらゆる手を尽くし、5年かかって33歳のときに妊娠しました」(34歳/主婦)

「妊娠を諦めた37歳で、妊娠しました」(39歳/サービス)

Q. 第一子妊娠は計画的でしたか?

円グラフ2
計画的に妊娠する人が多い一方で、そろそろ妊娠したいと考えたところでなかなか思うとおりはいかないというのも事実。「どちらとも言えない」と答えた人からは「心づもりはできていたのに、なかなか妊娠しなかった」という声が多く寄せられました。

●「計画的だった」という人の声
「産休に入る時期や保育園に入れる時期など、ある程度考えてから妊娠を決めました」(33歳/教育)

「結婚式と、絶対に行きたかったハネムーンも無事に終えて、すぐ妊娠。来るべくして赤ちゃんが来てくれたと思いました」(34歳/自営業)

「職場の先輩が育休から復帰するのを待ち、今年妊娠すると決めてすぐに妊娠しました」(36歳/福祉)

●「どちらとも言えない」という人の声
「そろそろかなと思いながらも、まさかできると思わなかった」(32歳/主婦)

「不妊治療による妊娠だったので計画的ではありましたが、最初はもっと早く妊娠するつもりでいました」(35歳/金融)

「不妊治療を数年試して、心身ともに疲れてしまい、一切の妊活をやめて少ししたときに妊娠が判明」(37歳/IT)

「いつでも妊活できるようにと、基礎体温を測り始めたその月にすでに妊娠していました。ずっと高温期のままで不思議に思っていたら…」(35歳/IT)

●「想定外だった」という人の声
「授かり婚でした! でも、結婚したいと思っていた相手との子だったのでとてもうれしかったです」(29歳/主婦)

「結婚を決めて、式の準備を進めている際に妊娠が発覚しました。挙式時には妊婦さんでした」(40歳/自営業)

Q. 自身の出産タイミングについてどう思っていますか?

円グラフ3
当然ながら20代で出産した人と、30代以降に出産した人とで、多少異なる結果に。全体的には「ちょうどよかった」が半数以上を占め、「授かりものだからこれが私たち夫婦のタイミングだったのだと思うだけ」「想定外の妊娠だったけど、結果、よかった」など、計画的だったかどうかにかかわらず、納得している人が多いことがわかりました。

●「もっと早いほうがよかった」という人の声
「仕事的にはちょうどよかったのですが、2人目の出産を考えるともう数年早めに1人目を出産すればよかったです」(33歳/IT)

「結婚して4年で授かったのですが、義理の親からのプレッシャーを感じていました。それに友人からの妊娠報告を聞くたびに、なぜ授からないのだろうと精神的に落ち込む日々でした」(33歳/小売)

「産んでから体力のなさを痛感。もう5歳くらい若ければ全然違っただろうと思います」(35歳/IT)

●「ちょうどよかった」という人の声
「授かり婚でしたが、計画的に作ろうと思っても授かれるかどうかわからないし、これでよかったと思っています!」(29歳/メーカー)

「2〜3年の不妊治療の間に、夫との絆が強くなりました。それにもっと早かった場合、今ほど落ち着いた気持ちで子育てができていなかったと思います」(28歳/IT)

「自分が自由に遊んでいた20代の時間を子育てに使っていたかと思うともったいない気がするし、もっと遅かったら体力勝負の子育てがつらい気がします」(31歳/サービス)

「結婚してから3年間は子供を作らなかったことで、夫婦2人だけの時間をたっぷり取れました。いろいろな楽しい時間を満喫したあとなので、今の子育てを頑張れていると思います!」(32歳/物流)

●「もっと遅いほうがよかった」という人の声
「子供はいつか欲しいと思ってはいたのですが、社会人3年目で思いがけず妊娠。現在復職しているのですが、若手のうちに経験すべきことを妊娠・出産、子育てで経験できなかったので、今後のキャリアに悩んでいます」(30歳/金融)

「なんだかんだ育児中の女性は働きづらい世の中だと思うので、もっと若いうちにやりたい仕事をやっておいてもよかったかなと思います」(30歳/小売)

いかがでしょうか。妊娠・出産のタイミング、そしてそれをどう受け止めるかは、本当に十人十色だということがわかります。唯一確実なのは、どんなタイミングにも一長一短あり、選べるものでもないということ。いずれ子供を、と思う人は、まずはどんなタイミングでも受け止める心の用意をしておくことが大切と言えそうです。

※この記事はGINGERサポーター(約3,000人)へのアンケートを基に構成しました。

TEXT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年8月号

7月号 Now on sale

楽しければ、うまくいく。

最新号を見る

定期購読はこちら

7月号 Now on sale

楽しければ、うまくいく。

5月24日(月)全国発売のGINGER2021年7月号には、ベリーショートが話題になっている石原さとみさんが、カット前の“最後のロングヘア”で登場。日々の小さな幸せの拾い上げ方や“愛されること”“本当の幸せ”について語り尽くしました。デビュー10周年を迎えるSexy Zone、日本人で-POPアーティストとして活躍するYUTAさん(NCT 127)が初登場。さらに前号に続き、佐藤健さんのスペシャルインタビュー後半も掲載。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる