一部アパレル店も対象に!Go Toトラベル“地域共通クーポン”を活用して

GINGER本誌の人気連載「MONEY事情」でおなじみのファイナンシャルプランナー花輪陽子先生が、最新のマネートピックスを解説! 知っているようで知らないキーワードや、複雑でも私たちの暮らしに直結しているニュースなどを、サクッと整理して学びましょう。

今回は、10月1日から全国が対象となったGo Toトラベル事業について改めて確認。クーポンの使い方しだいで、服やコスメをおトクにGETできるとご存じですか? 

Go Toトラベル、どれくらいおトク?

10月1日から、全国すべての地域へGo Toトラベルで旅行ができるようになりました。各事業者ごとに予算を使いきったら終了というキャンペーンのため、予約サイトにより上限に達していたり、割引金額や利用回数が減らされている場合もありますが、また追加で予算が組まれる可能性があります。

「Go Toトラベル」事業とは、国内旅行を対象に、宿泊・日帰り旅行代金の1/2相当額を支援するというものです。支援額のうち、7割は旅行代金の割引に、3割は旅行先で使える共通地域クーポンとして付与されます。補助額は最大1人あたり1泊2万円(日帰り旅行の場合は1万円)が上限で連泊制限や利用回数の制限はありません。

例えば1泊4万円の旅行の場合、全体の補助額は2万円で、このうち旅行代金からの割引は1万4000円、地域クーポンでの支給が6000円ということになります。当然ながら、旅行代金の残りは自分で負担をする必要があります。旅行代金の1/2相当額の7割というと35%なので、残りの65%は自己負担。1泊4万円なら、2万6,000円は自己負担となって支払う必要があるということです。加えてこのケースの場合、旅行代金の1/2相当額の3割、すなわち15%=6,000円分の地域共通クーポンが発行されます。

地域共通クーポンは使い道豊富!

クーポンは使用期限が短く、宿泊旅行の場合は宿泊日とその翌日に使わなければなりません。日帰り旅行の場合は旅行当日のみ。電子クーポンと紙のクーポンがあり、それぞれ対象店舗が異なります。クーポンでは購入できないものもあります。地域によっては電子クーポンではコンビニ等利用店舗が限られる場合も多いという声も聞きます。しかし上手に活用すれば、とってもおトク。アパレル店舗なども一部参加しているので、取扱店舗検索マップで気になるショップを検索してみてください。


割引対象となる旅行商品は、旅行代理店や予約サイト経由で行う場合と、宿泊施設に直接行う場合とで割引になる対象が異なります。代理店や予約サイト経由だと宿泊と交通機関のセットプランも対象となりますが、宿泊施設に直接予約する場合は原則として宿泊代金のみの割引になります。

また、手順に沿って申請をする必要もあるので、詳細はGo Toトラベル事業局のホームページなどからご確認ください。

花輪陽子/ファイナンシャルプランナー
ナビゲーター
花輪陽子/ファイナンシャルプランナー
外資系投資銀行に勤務後、ファイナンシャルプランナーとして独立。テレビや、Web、雑誌など多方面で活躍中。近著に『お金持ちになる女はどっち?』(PHP刊)。公式ブログはhttp://yokohanawa.com/blog/ YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCrYwNKYMyOOfPTKF5RxO65Q も参考に!
このナビゲーターの記事を見る