MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年5月号
5月号 Now on sale
This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDライフスタイル

2021.03.31

イメージを裏切って、脱皮する春【今日もどこかでパトロール】

昭和、平成、令和を生き抜くジョバンナ洋子ママが、日々感じたことをお届けする連載「ジョバンナ洋子の今日もどこかでパトロール」。最終回の今回は、パトロールもままならなかった1年だったけれど、だからこそ気づいたことがあるようす。さて、どんな話なのやら……。

「ジョバンナ洋子の今日もどこかでパトロール」

心の健康を守る

桜
ボンジョルノ! 今年ほど、ほころぶ桜に癒された年もなかった気がするわ。儚くも美しい、あの淡いピンクがね、見るだけでほっとするっていうか、心にささやかな華やぎが生まれるのよね。我が家は窓から桜が見えるから、テレワークでパソコンに向かいながら、時々チラ見してたのよ。それから何度かお伝えしているけど、半地元の金沢に桜前線とともに移動して、街中が上品に桜に彩られている姿に感動しきり。朧月夜との競演、素晴らしかったわ。朧月夜って黄砂の賜物だとは驚いたけれど。

東京はようやく緊急事態宣言が解除されて、少し自由に動けるようにはなったけれど、皆さんはどんなふうにお花見したかしら? コロナもここまで長引くと、どう行動するか、もう自己責任の域になってきた気がするわ。当然マスクは必須だし、基本マナーは守らなくてはならないけれど、これ以上籠り続けると体は守られるかもしれないけれど、心の健康に影響する気がするの。

制約があるから生まれるもの

だからもうコロナとは共存するしかないのよね。決して嬉しいことでも、楽しいことでもなかったけれど、この制限があったからこそ、みんな気づいたこと、生み出せたこともあると思うの。
それから、いかに理解してくれる仲間が大切かを。この間TVで音楽界のレジェンドも話していたけれど、クリエイターやミュージシャン、ものをつくる人や発信する人はみんな感じているわね。
ジョバンナ洋子
私も実感しているの。本業のファッションエディターとしての大がかりなモデルを使った美しさやカッコよさを表現する撮影も大好きだけど、状況的にこれまでみたいに多くはできなくなって、いろんな人から取材して文字で伝える仕事が増えたのよ。少人数でできるし、今は他の人がどう考えているか、ヴィジョンや思いを深く知りたいじゃない? それに環境問題も待ったなしの状況でSDGsを学ぶにもね。素敵なアクションを起こしている人から話を聞いたり、仕事ぶりを見せていただいたり、生の声を聞くと本当に刺激になるし楽しいのよ。

本当にやりたいことを見直すとき

取材イメージ

(c)LightField Studios/Shutterstock.com

それでね、ああそういえば、そもそも私は新聞記者になりたかったんだって思い出したの。なんでかって? きっかけはめっちゃくちゃ単純なんだけど。『ハイカラさんが通る』っていう漫画で、新聞記者だった主人公の花村紅緒が忙しく取材をしている姿に憧れて。でもたまたま最初に就職した会社がモードを扱う雑誌の編集部だったから、ファッション撮影の現場を仕切る役割が増えただけだったと思い出したの。だから原点に返って、取材して報道する仕事もどんどんやっていこうと思っているの。長く同じジャンルで仕事をしていると、自分のキャラクターが思いがけない方向に固定されちゃうのよね。そういうでき上がっているイメージを、いい意味で裏切っていきたいわ。皆さんもいろいろ悩みも多いと思うけど、すべては気の持ちようよ。切り替え力を磨いて、ポジティブにいきましょ。

パトロール終了のお知らせ


本当はいろいろな場所にアクティブに出かけて、そこで見たこと、気づいたことをお伝えしたかったんだけど、今はそれもなかなか難しい時代。イタリアワインの魅力とともにお伝えしたこの連載では一旦おサラバよ。でもジョバンナは不死身だから、来月からはまた楽しい企画を考えてるから乞うご期待! じゃまた来月、新生ジョバンナ洋子ママをお楽しみに~。

●おすすめのワイン

ファルキーニ アブヴィネアドーニ ヴェルナッチャ・ディ・サン ジミニャーノ

ワイン
トスカーナ中部に位置するサン・ジミニャーノ塔の街、世界遺産でもある中世の街の近郊を本拠地とする実力派ワイナリー、ファルキーニ社。今月の一本は白ワイン「アブヴィネアドーニ ヴェルナッチャ・ディ・サン ジミニャーノ」です。ファルキーニ社。古くからイタリアを代表する白ワイン、ヴェルナッチャ・ディ・サン・ジミニャーノの優れた生産者として知られたワイナリー。90年代にはパレタイオ、カンポラという新たなワインの潮流でも有名に。
ワイナリー
このワインは、この土地を象徴するぶどう、ヴェルナッチャを主体にシャルドネを加え、黄金色がかった濃い麦わら色。辛口でふくよかなボディ、軽やかなアロマのブーケがあり、樽からくるバニラ香、熟した果実、スパイスが感じられます。赤ワインが多いこの地域で生み出されたDOCGを持つヴェルナッチャ・ディ・サン ジミニャーノ。ラテン語で「畑からの贈り物」を意味するアブヴィネアドーニのとおり、豊かな味わいが魅力です。
ワイナリー
Falchini AB VINEA DONI Vernaccia di San Gimignano DOCG 
トスカーナ州
ヴェルナッチャ95% シャルドネ5%
750ml ¥3,100(参考小売価格)

フードライナー
078-858-2043

ジョバンナ洋子の【今日もどこかでパトロール】をもっと読む。

TEXT=ジョバンナ洋子

ILLUSTRATION=ユリコフ・カワヒロ

PICK UP

MAGAZINE

2021年5月号

5月号 Now on sale

This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

5月号 Now on sale

This is ME!

3月23日(火)全国発売のGINGER2021年5月号は、創刊12周年を迎える記念すべき号。特集テーマは「This is ME!」。表紙には美しいツーショットが発売前から話題をさらった川口春奈と横浜流星が登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる