MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2022年7月号
7月号 Now on sale
私をつくる、私のナカミ

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDライフスタイル

2021.12.23

心の豊かさを体感。ファッションと人、アートをつなぐ新ショップ

NY在住のエディターライター山田ヒロミさんが、気になるトピックスをレポート。今回はSoHoにオープンした、注目デザイナーの新ショップをご紹介します。

NY発デザイナーのマラ・ホフマン初の路面店

マラホフマン
コロナ禍にショップの閉店、退店が相次ぎ、閑散としていたマンハッタン屈指のショッピングエリアSoHo。ホリデーシーズンと共に、だんだんと活気が戻ってきました。ポップアップやフラッグシップストアのオープンで賑わっているSoHoから、11月29日にオープンした注目のショップをご紹介していきます!
マラホフマン
SoHoの東側に位置するラファイエットストリートに、NY発のデザイナー マラ・ホフマンが、自身初となる路面店をオープン!
白を基調に、自然光がさんさんと差し込む明るい店内。天井も高く開放感もたっぷり。アースカラーのインテリアでまとめられ、落ち着いた雰囲気を醸し出します。グリーンの鉢植えが置かれた気持ちよさそうな空間で、リラックスした気分でお買い物を楽しめそうです。

早くから環境問題にも取り組んでいたブランド

マラホフマン
マラ・ホフマンといえば、NYのパーソンズ・スクール・オブ・デザインを卒業した後、2000年に自身のレーベルを設立。
エキゾチックなジオメトリックプリントが特徴で、ユニークなカッティングのドレスや水着は、セレブの愛用ブランドとして人気に。ドラマ「Sex and the City」のスタイリストとして知られるパトリシア・フィールドのイチオシブランドとしても注目されていました。
マラホフマン
時を経て、デザイナーのマラの服作りは、女性の生き方そのもの(例えば妊娠や出産、育児)へとフォーカス。デザインコンセプトも、日常では出番の少ない華やかなパーティードレスから、着心地が良くて、日常着として長く着られる飽きのこないデザインの服へとシフト。

今ではよく耳にする「サステナブル」への取り組みも早いうちから始めていました。毛玉になりやすいリサイクルコットンも、なめらかな触り心地で長持ちすると主張して積極的に取り入れています。さらに、オーガニックコットンの需要が年々高まっていることもあり、ゆくゆくは、リサイクルコットンはすべてオーガニックを使用することが目標なのだとか。
マラホフマン
人々の生活様式が変化する中、マラ本人も、NYのアップステイト(NY州の北部)と、マンハッタンの新しいショップをホームベースに行き来する二拠点生活をスタート。そんなライフスタイルから発想を得て、タウンウェアに、温度差のある場所でも活躍しそうな機能をプラス。2021AWコレクションのアイテムには、上の写真のような中綿入りトレンチコートも登場。ちなみに、こちらに使用されているシンサレート(高機能中綿素材)もリサイクルなのだそう。

クリエイターたちの交流の場

マラホフマン

ヤシの繊維で覆われた特注の木製フレームミラーは、ロザリアの植物彫刻家ルティフィ・ジャナニアによる作品。

日々、サステナブルな物作りに取り組んでいくうち、常に新たな課題があることに気づいたというマラ。より高いレベルの社会的責任としてSDGsを意識しながら、達成すべき目標を設定し、その実現に向けて活動を続けているのだそう。
そして、SoHoの新ショップは「トランザクション(取引、経済活動、交流)」をコンセプトに、さまざまな活動や、人々をつなぐ拠点になればという思いも込められています。
マラホフマン
マラ自らがデザイン構想を立て、ランドスケープデザイン事務所「ミンゴ・デザイン」に仕事を依頼。サステナブルな造園デザイナーとして有名なカリ・エルウェルとのコラボレーションによって、店内はグリーンに囲まれた自然な景観に上がっています。

かねてからショールームをアート団体などの展示会に貸し出していた経緯もあり、この場所もメーカーやクリエイターたちに貸し出して使うことができるようにアレンジ。家具や洋服のラックも撤去や移動がしやすいものになっています。

アーティストたちのアーカイブ作品をキュレート

マラホフマン
そして、ギャラリーさながらに店内に置かれたアートは、Studio Archive Projectと提携。キュレーターのリシャ・バリによって選ばれたアーティストのアーカイブからローテーションで展示され購入もできます。

マラホフマン

NYを拠点とする陶芸家兼彫刻家のエリサ・ソリヴィンの作品を展示中。

将来的には、過去のコレクションの余り生地をリサイクルして、新たな作品を作り、ショップ限定で発売するという計画もあるそう。訪れる人みんなと空間をシェアし、何かを作り上げていきたいというマラの愛があふれるショップにぜひ立ち寄ってみてください。ファッションとアートを堪能できるだけではなく、目標に向かって進んでいくパワーももらえるはず!

Mara Hoffman
183 Lafayette Street ,NY 10013
marahoffman.com

TEXT=HIROMI YAMADA

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2022年7月号

7月号 Now on sale

私をつくる、私のナカミ

最新号を見る

定期購読はこちら

7月号 Now on sale

私をつくる、私のナカミ

5月23日(月)全国発売のGINGER2022年7月号通常号には、平手友梨奈が表紙に初登場。インタビューテーマは、日ごろあまり語ることのないという「自分らしさ」について。また生田斗真、山田涼介(Hey! Sɑy! JUMP)、Travis Japan(ジャニーズJr.)、磯村勇斗、田中みな実、宇野実彩子(AAA)、佐久間由衣、水溜りボンドといった数多くのゲストによるスペシャルインタビューも掲載。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する