MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2022年9月号
9月号 Now on sale
甘さをください♡

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDファッション

2022.01.03

段ボールがインテリアに。100%プラスチックフリーのショップがオープン!

NY在住のエディターライター山田ヒロミさんが、気になるトピックスをレポート。今回はNYのサステナブルブランドが行う新たな取り組みをご紹介します。

「nuhü division」がポップアップストアをオープン!

nuhu division

(c)Michael Vahrenwald

以前、サステナブルなラウンジウエアブランドとしてご紹介したHue Division(ヒュー・ディビジョン)が、2021年の秋冬からリブランディングし、名前をnuhü division(ヌフ・ディビジョン)に改名。ポップな色使いとエコフレンドリーなコンセプトはそのままに、さらに躍進中です。
昨年の12月、ホリデーシーズンと共にSoHoの一角に、お待ちかねのポップアップストアをオープン! 今回は、ショップのオープニングパーティーの様子と、環境に配慮した店舗デザインをご紹介していきます。

カラフルな色使いでインパクトのある内装

ヌフ

(c)Zerline Azahar

SoHoでもブランドショップの並ぶウエストブロードウェイ。その一角が、オープニングの日は、ひときわ華やかで賑わっていました。「空間ごとプラスチックフリーのお店って一体どんなものなんだろう?」と、興味のある人たちが詰めかけて、パーティーは大盛況。

2020年のブランドスタート以来、洋服の素材、染料などにこだわっているnuhü division。梱包材も100%リサイクル。また、包装に使用されるテープでさえ、プラスチックを使用していないのだそう。そんなブランドのこだわりと、新たな取り組みとして、ポップアップショップではインテリアもプラスチックフリーに!

ヌフ

(c)Zerline Azahar

ヌフ

(c)Zerline Azahar

上の写真を見てもわかるように、壁やパーテーション、立体的なロゴまですべて段ボールでできているんです。

ヌフ

お店の中央で談笑しているデザインディレクターのミンジューン・キム(Minjoon Kim)氏と、カタログなどにも登場しているモデル。(c)Zerline Azahar

ブランドのコンセプトでもあるカラフルな色合いの店内。その空間を移動するとき「虹色の洞窟を歩いているような気分でヌフの世界観を体感してほしい」というのが狙いらしいです。それって、ショッピングしてても楽しい気分になること間違いなしですよね。

ヌフ

マネージャーのアリサ・ナッパ(Alisa Nappa)さんと、そのボーイフレンドのパトリック・スリバン(Patrick Sullivan)さんと一緒に。(c)Zerline Azahar

ちなみに、私もパーティーにお邪魔して、段ボールでできたインテリアをしっかりチェック。酔っ払って、寄りかかったりしないようにしないと…と思っていましたが、想像以上に頑丈な作りでびっくりしました(笑)。

インテリアを通して“サステナブル”を身近に

ヌフ

Sutadio Animalのオーナーで、今回の建築デザインを手掛けたハビエル・ヒメネス・イニエスタ(Javier Jiménez Iniesta)さん(写真中央)と、お友達の建築家の皆さん。

今回のポップアップショップを、エコ・フレンドリーでダイナミックなお店にしたいと考えていたnuhü division。スペインを拠点とし、エコロジカルな仕事ぶりに定評のある2つの企業に仕事を依頼します。斬新でカラフルな店舗デザインが得意で、数々の賞を受賞しているStudio Animalと、段ボールで作られた家具や構造設計のエキスパートCartonlabの2社がタッグを組むことで、この虹の洞窟が実現しました!

ヌフ

(c)Zerline Azahar

インパクトのあるイベントや、店舗デザインを専門としているCartonlabの制作チーム。今回は、森林管理協議会(FSC)によって認定された100%リサイクルされた段ボールを使用したそう。段ボール素材は、従来の建築材料よりもはるかに持続可能。汎用性もあり、軽量なため、すでに世界中で人気の素材のようです。

ヌフ

(c)Michael Vahrenwald

Cartonlabの共同創設者であるパブロ・ガルシア・モーラさんによると、「木、プラスチック、金属などの他の素材と比較しても引けを取らないくらい頑丈。しかも、軽量で、低コストで時間の効率の良い作業が可能なんです。輸送が簡単で、組み立ても簡単。さらに、すばやく簡単に操作できるため、デザインのバリエーションが広がります。もちろん、リサイクルされたものを使えるし、さらにリサイクルが可能」と、いいとこだらけ。

ヌフ

奥には試着室があり、こちらのインテリアもすべて段ボール。

また、nuhü divisionのCEO、 バーニス・バイさんは「カラフルな色と、地球にやさしい取り組みは、私たちのブランドのDNAみたいなもの。私たちのブランドはそれで認知されているので、お店で最初に目にするもの、手に取るものもカラフルで、エコ・フレンドリーであってほしいのです。そして、環境のことを考えて作ったお店は、売り場、試着室からキャッシャーまでサステナブルにこだわっています。お客様にもぜひ、一緒にサステナブルを意識してほしいし、体験してほしいという思いがあります」と、語ってくれました。

ヌフ

洋服がかかっているポールやハンガーも厚紙でできています。(c)Zerline Azahar

ショップでは、アーティストのケリー・クナガとのコラボTシャツの販売も開始。このほかにも、新作ではジャガードのタオル生地を使ったラインや、帽子、トートバッグなどの小物が登場!

ヌフ

(c)HIROMI YAMADA

ポップアップショップは、ホリデーシーズン中は、毎日午前11時から午後7時まで営業。ホリデーが終わった後も時間を変えてそのまま営業されるそう。詳細はウェブサイトをチェックしてみてくださいね!

nuhü division
nuhudivision.com

TEXT=HIROMI YAMADA

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2022年9月号

9月号 Now on sale

甘さをください♡

最新号を見る

定期購読はこちら

9月号 Now on sale

甘さをください♡

2022年7月23日(土)全国発売のGINGER2022年9月号の通常号、特別号の表紙には川村壱馬さん×吉野北人さんの“かずほく”コンビが初登場。同一人物でダブル表紙を飾るのは、GINGERでは初めての試みです。特集の「甘さをください♡」をイメージした、超密着した通常号の表紙と、おでこをコツンとさせた甘い世界観が漂う特別号には、それぞれ異なるオリジナルステッカー付録、そしてスペシャルな特典が付いています。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する