GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

2023年1月号
1月号 Now on sale
探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2022.05.31

シンプルだけどエッジの効いた“美玲流ハンサム”の作り方とは?

いつも素敵なあの人のスタイルは、いったいどうやって成り立っているの? 簡単には知ることができない“センス”のナカミを徹底解剖。

私らしさに欠かせない、モノトーン

桐谷美玲

シャツ¥82,060、ピアス¥44,330、バッグ¥115,170/すべてナヌーシュカ(ヒラオインク) タンクトップ¥47,300/ナヌーシュカ(ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店) パンツ¥35,200/イロット(ザ・ウォール ショールーム) ネックレス(ハートチャーム)¥19,800/アニカイネズ、(アイボリー)¥16,500/ダグ(ともにアルアバイル) サンダル¥140,800/ジャンヴィト ロッシ(ジャンヴィト ロッシ ジャパン)

これは昔からずっとそうなんだけど、黒と白の服ばっかり買ってしまう傾向があって。派手なものや可愛らしい服が苦手ってこともあるけれど、やっぱりシンプルな配色が落ち着く。

自分好みが必ず見つかるヘビロテブランド

桐谷美玲

ワンピース¥41,800/シングスザットマター バッグ¥24,200/ルル・ウィルビー、ミュール¥29,700/ペリーコ・サニー(ともにアルアバイル)

このショップに行けば絶対に欲しい服に出合える、って信頼を置いているブランドがいくつかあって、“THINGS THAT MATTER”もそのひとつ。デザイナーの武笠さんの作る服は前ブランドからファンで、印象的でユニークなデザインが私の心を掴むんです。

なぜか増えてしまうセットアップ

桐谷美玲

ノースリーブジャケット¥73,700、パンツ¥59,400/ともにサトルササキ、バッグ¥38,500/オソイ(すべてガリャルダガランテ 表参道店) 中に着たキャミソール¥20,900/イビピーオ(アダム エ ロペ)

圧倒的にハンサムスタイル派なので、ジャケット&パンツのセットアップには目がない! すでにたくさん持っているのに、気付かないうちにどんどん増えてしまって…(笑)。着るだけで私らしく決まる、制服みたいなものです。

Tシャツ&デニムから離れるなんてできない!

桐谷美玲

「メンズライクな地厚の生地よりも、女性らしい柔らかい生地感が多め。フィットしすぎないラインも◎」(美玲さん) Tシャツ/すべて本人私物

桐谷美玲

「細身のストレートが一番便利。最近の新入りはザラのブラックデニム。レギンス感覚で使いたいと思って購入しました」(美玲さん) デニムパンツ/すべて本人私物

どんなにトレンドか移り変わっても、この2アイテムはやっぱりマスト。思いっきりメンズライクなゆったりシルエットよりも、オーソドックスなストレートタイプが私の体型にはしっくりくる。そう言えばブラックデニムって持ってないな〜と思って、最近買い足しました。

ふと着たくなる派手色。今ならグリーン

桐谷美玲

シャツ¥74,800/ヘリテノーム、タンクトップ¥7,700/ガリャルダガランテ(ともにガリャルダガランテ 表参道店) スカート¥38,500/ハクジ、帽子¥16,500/ラム・シェ(ともにブランドニュース) ピアス¥50,600/グレイン モートン(ロンハーマン) バッグ¥39,600/オルセット(アルアバイル) サンダル¥35,200/イル サンダロ オブ カプリ(ウィム ガゼットルミネ新宿店)

あまりヴィヴィッドな色は得意ではないけど、そんな私にとってもトレンドのグリーンは気になる存在。自ら派手色を選ぶことはまれだから、流行に背中を押してもらっています。シンプルコーデの差し色に使いたい!

アクセは圧倒的ピアス派

桐谷美玲

ピアス¥121,000/グレイン モートン(ロンハーマン) ブラウス¥33,000/アウル(レザボア)

アクセはじゃらじゃらつけるよりも、耳元でワンポイント効かせるバランスが好き。ちょっと構築的なクセのあるデザインのものを揃え中。ボリュームはそんなになくてもよくて、さり気ないけど何だか目を引く…そんなピアスをスタイルの脇役として活用しています。

何も入らないくらいのミニバッグがいい

桐谷美玲

「見直してみたら本当にミニバッグばっかりで驚き。服で色を入れない分、バッグはアクセントカラーも多数。ブランドだとセリーヌが多めかな」(美玲さん) バッグ/すべて本人私物

手持ちのバッグはほとんどミニサイズ。財布とスマホさえ入れば十分だし、ビジュアル重視で選ぶなら、“何入れるの!?”って思うくらい小さいほうが好き♡ もともとアクセサリーで飾るタイプではないから、私にとってバッグは、アクセサリーとして使うポジション。

たまに訪れる、フェミニン美玲になりたい欲

桐谷美玲

ポロシャツ¥38,500、スカート¥31,900/ともにマメ クロゴウチ(マメ クロゴウチ オンラインストア) ピアス¥16,500/クレスターレ バッグ¥25,300/マウリツィオ タユーティ(ウィム ガゼット ルミネ新宿店) サンダル¥15,840/ティレット(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店)

私にも女っぽい服を纏いたいという日が、一年に数回やってくる(笑)。わかりやすく華やかな甘いテイストよりも、ワントーンやタイトなシルエットなど、どこかに大人っぽさのあるレディライクなテンションが私にはちょうどいい。これからの季節の“乙女モード”な日はワンピースとか着てみようかな。

PHOTO=渡辺謙太郎

STYLING=竹岡千恵

HAIR & MAKE-UP=桑野泰成(ilumini)

TEXT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

2023年1月号

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

11月22日(火)全国発売のGINGER2023年1月号の表紙には、現在放送中のドラマ「クロサギ」で、圧倒的なオーラを放っている平野紫耀(King & Prince)が登場。グループ全員がスタイリッシュなブラックスーツで表紙を飾った2022年5月号とは全く異なる、ふわっと柔らかくて、アンニュイな表情を披露。カバーストーリーでは、素顔の彼をひも解くための31の質問に答えてくれました。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する