MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2022年9月号
9月号 Now on sale
甘さをください♡

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2022.03.10

フォロー言葉はほどほどに。【壇蜜の今更言葉】

日ごろから“言葉”についてあれこれと思いを巡らせている壇蜜さんの連載『今更言葉で、イマをサラッと』第50回目。言葉選びと言葉遣いが、深く、楽しくなる。そして役に立つお話。どうぞお楽しみください!

壇蜜プロフィール写真

その50 『またまた』

木の葉のように平たい体をしたエクアドルやコロンビアの水辺に棲む亀の名前でもあり、「またまた難儀なことがおきたものだ」のように「また」を重ねて強めた副詞としても使用されるが、感動詞としても使われる。名詞、副詞、感動詞としてさまざまな意味を持つ言葉…それが「またまた」だ。ちなみに亀のマタマタは本当に木の葉そっくりさんの形をしており、なかなかの忍びの者っぷりなので、ぜひ検索して見て欲しい。

感動詞としての「またまた」の話に戻る。相手が言ってきた謙遜や冗談をたしなめたり、「そんなこと言っても通じませんよ」とやんわり伝えるときに使うことが多いだろう。「ちっともモテないんですよ、このまま生涯ひとりかもってデイホームのパンフレットを眺めてますよ」「またまた(ご冗談を)、女の子たちがいつも噂していますよ」とか、「うちの夫は本当に頼りなくて、ちゃんと仕事してるのか心配です」「またまた(ご謙遜を)、部下の皆さんはいつも助けられているみたいですよ」とか、相手の言い放った自虐ネタや身内ネガティブネタをフォローする前のクッション材のように言えば、空気はやや緩みフォローもしやすくなるが、自虐ネタを出すときは自己完結のオチに持っていっていただくのが一番ありがたい。相手に「またまた」とフォローさせるのは気を遣わせてしまったような雰囲気になるので注意が必要だ。「モテないんですよ、あ、でも人間はからきしですけど鳥カフェではモテますね何故か」と言われた方が「何で鳥!?」と食いつきたくなる。

「またまた」は、水商売の接客や営業的な「お金が発生しそうなやりとり」に気力をすり減らしながら使うことにして、普段の暮らしでは出来るだけ封印したい。フォローするされる会話を繰り返していたらきっと疲弊する。謙遜やネガティブな冗談を言われたら、「そんなー、でもどうしてそう思うんですか?」と相手に話して貰うのも新しい交流術として提案したい。フォローより、深い話が聞けそうな予感がする。

壇蜜の【今更言葉で、イマをサラッと】をもっと読む。

TEXT=壇蜜

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2022年9月号

9月号 Now on sale

甘さをください♡

最新号を見る

定期購読はこちら

9月号 Now on sale

甘さをください♡

2022年7月23日(土)全国発売のGINGER2022年9月号の通常号、特別号の表紙には川村壱馬さん×吉野北人さんの“かずほく”コンビが初登場。同一人物でダブル表紙を飾るのは、GINGERでは初めての試みです。特集の「甘さをください♡」をイメージした、超密着した通常号の表紙と、おでこをコツンとさせた甘い世界観が漂う特別号には、それぞれ異なるオリジナルステッカー付録、そしてスペシャルな特典が付いています。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する