MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2021年9月号
9月号 Now on sale
THE SNAPARAZZI!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

MYSELF女性の悩み

2019.10.16

生理前は食欲が止まらない!そんなあなたは「バクバクうつ子さん」かも?【女子のうつ】

女性ホルモン専門家の西村留美さんによる連載。PMSに悩まされた経験と、セラピストとして培った知識をいかし、悩みに寄り添う情報をお届けします。

食欲が止まらない女性

(c)autumnn/Shutterstock.com

2019年に出版した『女子のうつ PMSがラクになる本』(飛鳥新社)では、生理前に起こる心身の不安定さや不調などの症状を“女子のうつ”と名づけ、性格傾向から4つのタイプに分類しています。ここではそれぞれのタイプについて、改善策を含めて解説します。ぜひ生理前の症状と照らし合わせて読んでください。

あなたはどれに当てはまる?「女子のうつ」の4タイプ

タイプ1 イライラうつ子さん
生理前の症状:生理前にイライラを爆発させやすい。

タイプ2 シクシクうつ子さん
生理前の症状:気分が揺れやすく、相手を試すようなことを言ってしまうことがある。

タイプ3 バクバクうつ子さん
生理前の症状:異常なほどの食欲や、衝動的な行動に出ることがある。

タイプ4 ダルダルうつ子さん
生理前の症状:糸が切れたように体調を崩したり、精神的に不安定になったり、何もやる気がなくなってしまう。

実はそれぞれのタイプには、性格にも特徴が。
今回は、タイプ3の「バクバクうつ子さん」について解説します。

自信のある女性

(c)Mary Long/Shutterstock.com

バクバクうつ子さんは長女気質

バクバクうつ子さんタイプの女性は4つのタイプの中で最も長女気質が強い女性に多いタイプです。真面目で自分さえ我慢すればいいと、常に空気を読み立ち居振舞うクセがあります。
しかし、我慢しているだけで本当に納得しているわけではないことも多いので、溜めこんだ我慢やうっぷんは生理前のホルモンのアンバランスと相まって異常なほどの食欲や、衝動的な行動となって現れます。

また、人間関係にも苦手意識が強く、心を開くのも苦手です。何かをアドバイスされると自分自身を否定されたと受け取ってしまい、自ら関係を絶ってしまうこともあります。

恋愛面でも、ひたすら我慢した挙句に爆発することも多いので、相手からしたら「もっと早く言ってくれれば関係を修復することもできたのに!」と爆弾を落とされたような気持ちになり関係が終わってしまうことも多いでしょう。

紙に不満を書き出して感情のデットクスをしましょう!

バクバクうつ子さんとは

Licensed by Getty Images

真面目で責任感が強く、自分の意見をグッと我慢し、他人に合わせがちなバクバクうつ子さんに必要なのは、自分を労わり、癒やす時間です。
バクバクうつ子さんは長女気質で人に頼るのも苦手。故に、気持ちだけで突っ走ってしまう危うさがあります。結果的に大きく体調を壊し、強制的に休養が必要な状況を作り出したりしてしまいます。そうでもしないと立ち止まれないのがバクバクうつ子さんの特徴です。

そんなバクバクうつ子さんにオススメなのは、心がホッと落ち着くアロマオイルなどを使用し、自分のカラダに触れて優しくマッサージしてあげましょう♪

「いつも頑張ってくれてありがとう」
「私は私で大丈夫」
などと、優しい言葉をかけながらマッサージすると効果的です。

また、溜まったうっぷんは暴飲暴食で晴らすのではなく、不満を紙に書き出す感情のデトックス法がオススメです。直接本人に言えないようなことも、とにかく心の中にある感情を思いのままに紙に書き出します!
これが想像以上に効果絶大で、とことん書き出した後には驚くほど気持ちが晴れ晴れとスッキリします。

ぜひ、自分を丁寧に労わり癒やす時間と、感情をデトックスする時間を作ってみてください。

>>タイプ1 イライラうつ子さん

>>タイプ2 シクシクうつ子さん

>>タイプ4 ダルダルうつ子さん

さらに詳しいことを知りたい方はこちらもチェック!

『女子のうつ』西村留美著¥1,200(税込) 飛鳥新社

『女子のうつ』¥1,200 西村留美 著/飛鳥新社

冒頭でもご紹介したこちらの書籍では、女性が感じるイライラや気分の落ち込み、不安といった症状のせいでうつなのかも!?と悩む方に女性ホルモンの影響やPMSについて知っていただき、少しでも心を軽くしていただけたらという想いで仕上げました。

もちろん、どうしたら女子のうつを改善できるのか?の具体的な実践法や、女性として自分の体を大切にしながら、自分らしく生きていくための考え方のヒントもたくさん盛り込んでいます。

全国の書店にて、ぜひ実際に手に取り読んでいただけると嬉しいです♪

Amazonで購入する。

西村留美の記事をもっと読む。

【GINGER WELLNESS LABO】特集ページで生理についてもっと読む。

※この記事は専門医チームによる監修を受けています。

TEXT=西村留美

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年9月号

9月号 Now on sale

THE SNAPARAZZI!

最新号を見る

定期購読はこちら

9月号 Now on sale

THE SNAPARAZZI!

「写真」を通して、普段は見ることができないさまざまな“リアル”を大公開! 表紙を飾るのは、8月10日にデビュー10周年を迎えるKis-My-Ft2。デビュー以来初の舞台で座長となるジェシー、新たな環境でドラマ収録をスタートした高杉真宙、女優としても活躍が目覚ましい池田エライザ、三吉彩花、FANTASTICS from EXILE TRIBE、與真司郎といった気になる人たちの、リアルな瞬間にご注目を!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する