MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2022年2月号表紙
2月号 Now on sale
おいしい時間

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVING

2021.11.07

築10年のマンションをリノベーション!素敵に暮らすヒント

最近人気上昇中のヴィンテージテイストのインテリア。センス良く取り入れている人は、何を意識しているのでしょうか。webインテリアショップオーナ 浅田ちひろさんのご自宅にお邪魔し、そのこだわりを取材しました!

ヴィンテージ部屋

開放感のあるリビングになじむ「古めかしすぎない」洗練ヴィンテージ

知人が住んでいて環境に魅力を感じ、近隣エリアで住居を探そうとして最初に出合ったこのマンション。当時築10年の4LDKの物件を開放的な3LDKにリノベし、暮らし始めて10年になる。床は古材を使いたかったものの、高額になるのと床暖房が使えなくなると知って断念。フローリングの板にあえて傷をつけてヴィンテージ加工したそう。
ヴィンテージ部屋

ヴィンテージ贔屓はファッション業界で働くご主人の好み。暮らしに取り入れているうちにちひろさんもすっかりヴィンテージファンになり、ショップを運営するほどに。インテリアの軸は、ロイズ・アンティークスの70年代デンマークのソファ。ゆったりとしたリラックス感と、クリーンで上質な雰囲気を兼ね備えていて、部屋の印象の決め手になっている。心掛けているのは「古めかしくなりすぎないこと」。どこかに軽やかさや洗練を感じさせる工夫をしているというのは、さすがおしゃれなお二人ならでは!

味わいのある家具が随所に

インテリア

写真左は、コーナーに設けた娘さんの勉強机。L字型のデスクがぴったり。写真右、窓際の白いチェストはフレンチヴィンテージで空間にメリハリをつけているそう。

PHOTO=名和真紀子

COOPERATION=吉野ユリ子

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2022年2月号表紙

2月号 Now on sale

おいしい時間

最新号を見る

定期購読はこちら

2月号 Now on sale

おいしい時間

自分を取り巻くひとつひとつの物事を大切に受け止めて、心が動くことを見つけ出し、自分だけの“おいしい”時間を全力で味わっていこう! 12月22日(水)全国発売のGINGER2022年2月号では「おいしい時間」を特集します。フォーチュンアドバイザー・イヴルルド遙華さんによる2022年上半期の運気、風の時代に賢く生きるためのキーワード解説も。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する