ほぼ切るだけの節約レシピ!ロースト野菜のアレンジ5

こんにちは。お料理担当の坂本ちなみです。今回は、野菜の旨味をギュギュッと閉じ込めるロースト野菜のアレンジメニューをお届けします。じっくり火を入れることで繊細な味からずっしり濃厚になる夏野菜たち、食べたとたん思わず笑みがこぼれるかもしれません。香ばしい香りや、食べると重なり合う味の奥行きもぜひお楽しみくださいね!

ロースト野菜の作り方

ローストするときは、さまざまな野菜を組み合わせることで色合いに富み、互いの味を引き立て合うことができます。また、冷蔵庫の余り物野菜を使い切る節約メニューでもあります。たくさん作ってアレンジしてくださいね。

野菜はだいたい同じくらいの大きさにカットすると火の通りが均一になります。カットした野菜すべてを一旦大きめのボウルに入れ、オリーブオイル適量をまわしかけて全体に行き渡るよう混ぜます。野菜を天板に並べ、塩こしょうしたらアルミホイルをかぶせて180度のオーブンで15分、続いてアルミホイルを取り除き30分程度焼きます。

〈ポイント〉
*野菜を切っている間にオーブンを180度で予熱します。
*アルミホイルをすることで一旦蒸しながら火を通し旨味を閉じこめます。
*オイルをコーティングすることで、過剰な水分の蒸発を防ぐことができます。また、オイルをコーティングする前に塩を振りかけてしまうと水分が流れ出てしまい、焼き上がりがべちゃっとなるので順番を間違えないこと。
*お好みでタイムやローズマリーなど加えると風味が増します。
*オーブンの大きさ、野菜の種類にもよるので、ローストする時間は調整してくださいね。

アレンジ自在!ロースト野菜のごちそう

こちらは、ローストした野菜を取り分けたあと更にオリーブオイルを少量振りかけ、バジルを散らしました。

余ったロースト野菜は、サンドイッチにしても美味しい!

こんがり焼いた食パンに、たっぷりの粒マスタードとマヨネーズを塗り、具材をはさみます。信じられない美味しさですよ(笑)!

こちらは、1㎝程度にカットした野菜をパイ生地にのせて焼いたもの。ニンニクオリーブオイル、バジルパウダー、塩こしょうを振りかけています。

仕上げに芽ネギと白ごまを散らしました。パイのサクサク感と野菜の甘みが相まってとっておきの一品に。

ロースト野菜はパスタとの相性も抜群! 柔らかく旨みが凝縮した野菜がパスタに絡み絶妙な食感に。

ロースト野菜で作るアレンジメニューいかがでしたか。香ばしくなった夏野菜を思う存分お楽しみくださいね!

写真・文/坂本ちなみ

坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。著書『野菜のごちそう弁当』も人気。インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る