アレンジ自在な「揚げ」おかず。帰りが遅くなった日もパパッと調理!

こんにちは。お料理担当の坂本ちなみです。2月初めに薄揚げと厚揚げのおすすめレシピ記事を書かさせていただいた後、SNSのコメントやDMで「作ってみました」「時短で美味しかった」というお言葉をたくさんいただきました。もともとお豆腐なので必須アミノ酸を多く含む良質なタンパク質を手軽に摂ることができますし、カラダの免疫力を高めてくれるありがたい食品です。

今回、再度揚げを使ったお料理写真を撮ってみましたので、お役立ていただけると幸いです。忙しい女子にぴったりな簡単お揚げさん料理5品、ぜひ皆さんの日常メニューに加えてみてくださいね!

簡単調理で見栄え◎な揚げレシピ

炙り厚揚げとたっぷり大根おろし

油抜きした厚揚げは、水気をしっかり拭き取った後フライパンでこんがりと焼いていきます。私は、よく写真上のように卵焼き器またはオーブントースターを使って炙り焼きにしています。

中まで火が通るように弱火〜中火でじんわりこんがり焼いた後、大根おろしをこんもり盛ります。だし醤油、ぽん酢、ごまドレッシングやゆずみそなど、食べ合わせる食材やその日の気分で風味を変えていただきます。

揚げと小松菜のナンプラー炒め

<作り方>

1. 小松菜は、きれいに洗って水気を切り5センチ程度にカットします。薄揚げは油抜きしたら水気を拭き取り、食べやすい大きさにカットします。薄切り豚肉も適当な大きさにカットしておきます。ニンニクと生姜はみじん切りにしておきます。

2. フライパンに油を熱して、ニンニクと生姜を炒めます。香りが立ったら豚肉を加えしっかり炒めます。豚肉に焼き色がついたら小松菜を入れてサッと炒めます。

3. ②をフライパンの端に寄せて、薄揚げを加えます。この時フライパンの面に油揚げがついてこんがり焦げ目がつくくらいまで炒めます。(フライパンが小さめの方は、②を一旦バットに移します)

4. ③を全体に混ぜ合わせたら少量の酒をひと回しします。塩コショウ少々と、少量のオイスターソースを加えて混ぜます。仕上げにナンプラーをひと回して再度混ぜたら出来上がりです。

コロコロ揚げの絶品お吸い物

いつものお吸いものに大きめにカットした揚げをプラス、具沢山でほんのりした甘さが特徴です。三つ葉もたくさん入れて味のコントラストを楽しんでみてください。旨味がふわっと豊かになっておダシが体に染みわたります。

今回は、大根としめじを使いましたが、冷蔵庫の残り物野菜など、なんでも入れてみてくださいね。

ねぎとお揚げの炊き合わせ

こちらは、前回の「ねぎ料理」記事でご紹介したメニューです。ぜひこちらも合わせてご覧ください。

最後にご紹介するのは、さっぱりとした味わいが我が家で人気の長いもと薄揚げの和え物です。まろやかで味に奥行きが出る酢醤油を使って和えています。最後に炙った桜えびとごまをふりかけることで風味も食感もより豊かになります。

今回の厚揚げ薄揚げのお料理いかがでしたか。私は晩御飯メニューに迷ったらまず揚げを買って帰るようにしています(もしくは豆腐を揚げて作ります)。いろいろな料理に使えて本当に便利ですし、いつでもお買い得価格なのも嬉しい。ぜひ今回ご紹介したメニューも、皆さんのバリエーションに加えてみてくださいね!

写真・文/坂本ちなみ

坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。著書『野菜のごちそう弁当』も人気。インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る