年収1000万円以上のオトコと出会える確率ってどれくらい?【富女子のマネー知識】

仕事はそこそこ、「結婚はできたらしたい」。そう思って過ごしてきた。 けれど、幼なじみの結婚式に出た帰り道にはやっぱり焦る。
「仕事が楽しくて頑張っている」と言っていたキャリア志向の友達も、家と仕事場の往復でさみしくなることがあるみたい。
今から本気で婚活すれば、幸せを手に入れることができるかな?

OLが考える「理想の男性の年収」は600万!

From Getty Image

女性にとっての人生を左右する大きなイベント――それは「結婚」です。  現在は、合コンやお見合い、結婚情報サービスに登録し、自分磨きなどの活動を通して、結婚に向けてスキルアップする活動全般が活発化しています。 

 それでは、結婚を望む女性が希望する結婚相手像は、どのようなものなのでしょうか。 
「丸の内OL年収 倍の法則」(『「婚活」時代』/山田昌弘・白河桃子共著)によると、 丸の内OLたちは年収600万円の男性を望んでいるそうです。
その理由は「自分が働かなくても今の生活水準を維持するために、自分の年収×2倍の金額が必要」だから。
 この話が興味深いのは、「女性は結婚したら家庭に入る」ことが前提となっていることです。結婚から出産、育児という時期に入ることを考えると、どうしても女性は働けない時期が訪れます。
この生活を支えてくれる男性でないと、人生を託すわけにはいかないと考えるのは、当然のことかもしれませんね。

600万円の年収を満たす男性は、たった3.5%!

でも、ここで衝撃的な事実をお伝えしましょう。 600万円の年収を満たす男性は、わずか3.5%しかいません。そもそも願った年収を稼いでいる男性の数が少ないのです。
 さらに、2014年の明治安田生活福祉研究所が発表した調査結果によると、結婚願望がある20〜30代の未婚女性が結婚相手に求める最低年収について尋ねた結果、 20代では57.1%が、また 30代では65.5%の人が「400万円以上」を希望しています。 これに対して、未婚男性の平均年収で「400万円以上」の割合は、 20代で11.7%、30代でも26.7%にとどまりました。 

いかがでしょうか? 皆さんが考えている以上に20、30代の男性は「稼げていない」のです。

年収1000万円超のオトコは0.4%しかいない!

一般的な未婚男性の経済状況が厳しい。 それならばと振り切って、年収1000万円以上の男性との結婚「セレブ婚」を目指す人もいますが、更に厳しい現実が待っています。 

20~29歳の未婚者の中で年収1,000万円を超えるのはわずか0.4%。1000人に出会ったとしても、たった4人なのです。 

 これが合コンだとしたら?  4人1組だとして250分の1。1年は50週なので、毎週合コンを続けたとしても年収1000万円の人に出会うまでに「5年」かかる計算です。
 もちろん、それだけの時間とエネルギーをかけて出会ったその人が、はたして自分が好きになれる相手なのか、相手が自分を好きになってくれるのか、保証は全くありません。 

こんな夢のような確率にすがって貴重な時間を過ごすべきか? 答えはもちろんNOです。

王子様を待つのをやめて、自分で資産を築こう!

From Getty Image

お金持ちと結婚したい!という気持ちを「プリンセス願望」と呼ぶならば、それは「幸せにしてもらおう」という甘えや依存から生まれています。
幸せになるためにはお金が必要、お金持ちは男性の魅力のポイントとなる。それはまぎれもない現実だろうと思います。
 しかし、考えを切り替えてみましょう。 もし、自分自身に経済力があるとしたらどうでしょうか? 

男性を見極めるときに見るポイントが、人間性や知性、将来性といった内面重視になっていきませんか? そう考えて選ぶ人は、甘えや依存を交えない本当の意味で自分に必要な相手のはずです。 

男性に幸せにしてもらうのではなく、自分で自分を幸せにできる。夫に依存するのではなく、自分も自立した上で相手の成長を導く。相手に寄りかかるのではありません。たとえ働けない時期があったとしても、マネーに関する知識や知恵をフル活用して、2人で支えあっていくことが大切なのではないでしょうか。
 女性がお金を持つことは、自立した人生を手に入れるための切り札になります。 結婚を逃げ道とするのではなく、自分をさらに高めるためのステージとして考えてみましょう。

文/永田雄三

永田雄三/金融・投資コンサルタント
ナビゲーター
永田雄三/金融・投資コンサルタント
金融、投資コンサルタント。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。ワイズアカデミー株式会社 代表取締役社長。20代女子が5年で1,000万円を貯蓄する具体的な方法や、住宅・保険・車・教育費といった人生における出費についてなど「お金」に関するセミナーを開催するとともに不動産投資・貯蓄・投資環境等の様々な観点からアドバイスを行っている。著書『富女子宣言』。
このナビゲーターの記事を見る