ボッテガ・ヴェネタの「ザ・ポーチ」ブームが止まらない!

コレクション会場に集うおしゃれエリートたちが、相棒のように連れているイットバッグといえば、ハーフムーン型が印象的なボッテガ・ヴェネタのクラッチ「ザ・ポーチ」。2018年クリエイティブ・ディレクターに就任し、次々とヒット作を生み出している若きデザイナー、ダニエル・リーが手掛けたもので、新生ボッテガ・ヴェネタを象徴する新アイコンとして注目を集めています。今や、ファッショニスタひとり一個状態・・・といっても過言ではないほどの大ブームに!

リリー・オルドリッジ

Licensed by Getty Images

ベテランヴィクシーエンジェルとして有名なスーパーモデル、リリー。

ワークテイストなデザインが配色で引き立つイザベル マラン・エトワールのジャンプスーツに、キャメルカラーの「ザ・ポーチ」を抱えて、旬なモード感をプラス。足元にはくしゅっとしたディテールがポイントになるイザベル マランのスエードブーツを合わせて、全身をアースカラーでシックにまとめています。

レイバンのサングラスをスパイスにして、こなれムード漂う大人の辛口カジュアルが完成。

クセニア・アドンツ

Licensed by Getty Images

ロシア出身ドイツ育ちのインフルエンサー、クセニア。

クラシカルなボウタイシャツとショートパンツのセットアップに、ハンサムブレザーをさらりと羽織ったステラ・マッカートニーのフルルックでパリ・ファッションウィークのストリートに登場。

ラベンダー×トップグレーという目新しい配色に、鮮やかなグリーンの「ザ・ポーチ」がフレッシュな差し色効果を発揮していますね。

ボッテガ・ヴェネタのシンボルといえる「イントレチャート」の編み感もリッチなアクセントに。

ヴィクトリア・マグラス

Licensed by Getty Images

SNSでは@inthefrowのアカウント名で知られるイギリスのYouTubeスター、ヴィクトリア。

ロンドン・ファッションウィークのアーデムのショーで披露した、ビッグシルエットのハイネックニットと乗馬ウェアライクなハイウエストパンツという、シンプルながらもスタイリッシュな着こなしは、ヴィクトリア・ベッカムのもの。

小脇に抱えた新色ホワイトの「ザ・ポーチ」が、フェミニンなクリーム色のドルマンスリーブニットになじむように、洗練度を上げています。

レオニー・ハンネ

Licensed by Getty Images

ボスのハイネックニットとマニッシュパンツで作る、バービーピンクの同系色コーデがとびきりキュートな元祖ファッションブロガー、レオニー。

グッチのネオンピンクサングラスで遊びゴコロを盛り上げたポップな色使いを、ボッテガ・ヴェネタの白小物でエレガントに抜け感を演出しています。ヴィヴィッドなピンクに映える「ザ・ポーチ」はもちろん、大きなバックルが主張するベルトもインパクト抜群ですね。

インフルエンサーの足元を席巻中の「BV リド サンダル」にも注目!

リアーナ

Licensed by Getty Images

ラグジュアリーブランド「フェンティ」を起ち上げ、モード界でも話題のリアーナ。

リュクスなホワイトクロコの「ザ・ポーチ」を絶賛愛用中の彼女は、この日ALLホワイトコーデのレディな脇役としてクラッチを活用しています。

NYのセレクトショップ、フランキーのフェイクレザートップスに合わせた、女っぽさ満載なレザーミニと「デートナイト」と名付けたパンプスは、自身のブランドのもの。パワーガールらしい強めなヴェルサーチのサングラスも効いていますね。


小脇に抱えても、つかむように持っても存在感たっぷり。どんなテイストのコーデにも似合って、アピール力抜群なオーバーサイズの最旬クラッチ。ますます人気がヒートアップしている「ザ・ポーチ」から目がはなせません!

文/江口暁子


江口暁子/エディター兼ライター
ナビゲーター
江口暁子/エディター兼ライター
ファッションエディター兼ライター。10年間の出版社勤務を経て、現在はフリーランスで活動。女性ファッション誌ほか、男性ファッション誌やライフスタイル誌など、幅広く手がける。GINGERwebではハリウッド系セレブファッションのトピックスをメインに発信中。
このナビゲーターの記事を見る