塗った気がしない、を回避!淡色リップの可愛さを100%引き出すテク

ヘア&メイクアップアーティスト 木部明美さんの人気連載「おとなメイク実験室」通称“キベラボ”。 毎月さまざまなテーマを決めて、木部さんの感性が光るメイクのTIPSをお届けしています。  現在のテーマはリップ。1本の同じルージュを、塗り方によって印象チェンジする試みです。美GINGERメンバーの石井里奈さんが4変化!

撮影/勝吉祐介(PEACE MONKEY)
読者モデル/石井里奈
取材・文/GINGERweb編集部

マットピンクをどう使う?

今回使用するのはマットなピンクのルージュ。前回は上からリップクリームを足して、ツヤのある仕上がりにしましたが・・・

「今回は“きちんと塗り”で、このリップの質感や発色を活かしていきましょう。ポイントは、塗る前のひと手間です」

「まず、唇全体にコンシーラーを塗っていきます。指でたたきこむように。いったん唇本来の赤みを消すことで、リップそのものの色を楽しむことができるんです」

「しっかり塗りたいときは筆で。まずは上唇の中央にきちんと山を作って、その山から自然と下ろすように口角へ。淡い色のリップは、多少オーバー気味に描いても馴染みやすいので、ぽってりとした唇を演出できます」

「下唇は、外側から真ん中へ。両側から描いた線を真ん中でつなげたら、最後に内側を埋めます」

完成!

少しとろみのあるマットピンクがキレイに発色。ブラウン系のアイメイクと合わせることで、ノーブルな雰囲気に。

「リップの色と質感をキレイに出したいときは、まず最初にコンシーラーを。基本的なテクですが、面倒で省きがちな人が多いと思います。ここぞというときにはぜひ試してくださいね」

木部明美(PEACE MONKEY)/ヘア&メイクアップアーティスト
ナビゲーター
木部明美(PEACE MONKEY)/ヘア&メイクアップアーティスト
GINGERの表紙やファッション、ビューティページをはじめ、数々の女性誌で活躍し、女優やモデルたちからの信頼も絶大。著書『きべっちのトキメイク』も好評発売中!
このナビゲーターの記事を見る