自分に自信が持てない・・・。生理前の落ち込みは「シクシクうつ子さん」のせいかも!

今夏に出版した『女子のうつ PMSがラクになる本』(飛鳥新社)では、生理前に起こる心身の不安定さや不調を”女子のうつ”と名づけ、性格傾向に合わせて4つのタイプに分類しています。
4タイプそれぞれの特徴の中でも、今回は自分に自信が持てず、他人にとって何かと都合が良い女性になりがちな「シクシクうつ子さん」について解説していきます。
自分にあてはまるタイプなのか? ぜひ生理前の症状と照らし合わせて読んでみてください。  

シクシクうつ子さんの特徴とは?

Licensed by Getty Images

シクシクうつ子さんの特徴はズバリ! 自信のなさが垣間見えるおっとりキャラという点です。
これだけ聞くと、控えめで奥ゆかしい大和撫子タイプをイメージしますが、シクシクうつ子さんは自分に自信が持てないことから「どうせ私なんて」「私ってやっぱり魅力がないんだ」など、自分を低く見積もってしまう傾向にあります。

自信が持てないことで、相手のことも信用できず、ホルモンの波で気分が揺れると相手を試すようなことを言ってしまうという特徴があります。
例えば「本当に私のこと好き?」とわざと相手の気持ちを試すようなことを口にし、「好きに決まってるじゃないか」と言わせることで、自分の中の不安や自信のなさを埋めようとしてしまうのです。周りからは良い奥さんになりそうだねと言われることも多いですが、試すようなことを繰り返してしまうため、相手が疲れてしまい振られることもしばしば。

そうなることで、やっぱり私のことなんて誰も本気で愛してくれないんだと被害者になり、更に自信を失い、人のことも信じられなくなってしまうという負のスパイラルに陥ってしまいます。

とは言え、本来は他人のことを思いやれる優しさを持ち合わせているのがシクシクうつ子さんです。自信のなさから他人に合わせるのではなく、常に「自分はどうしたい?」と心の声を大切にすることがシクシクうつ子さんには必要です。

シクシクうつ子さんに必要なのは本音と向き合う時間

Licensed by Getty Images

仕事でもプライベートでも自信が持てないシクシクうつ子さんは、とにかく人からの評価を気にし過ぎてしまいます。「頼まれた仕事を断ったら使えない人だと思われてしまうかな?」とか、ちょっと彼からの連絡がないだけで「もう私のことなんて嫌いになのかも・・・」という具合に。

このように人の評価を気にするあまり、シクシクうつ子さんは自分でも自分がどうしたいのかがわからなくなってしまっています。

そんなシクシクうつ子さんの処方箋は、【本音をノートに書き出す】ことです。
日常の些細なことから「自分はどうしたいのか?」を書き出す練習をしてみてください。ランチは何を食べたいかな? 自分は何が好きなのか? 次の休みは何をして過ごしたい?など、シクシクうつ子さんに必要なのは自分との対話です。

すぐには難しいかもしれませんが、練習だと思って人の評価ではなくまずは自分がどうしたいかに集中してみましょう!

自分の心の声に耳を傾け、自分がどうしたいのかがわかるようになると、少しずつ自分の選択に自信が持てるようになり、他人に振り回されない自分軸が育ってきます。
まずは、自分の本音をノートに書き出す!ぜひ試してみてください。

さらに詳しいことを知りたい方はこちらもチェック!

『女子のうつ』西村留美著¥1,200(税込) 飛鳥新社

冒頭でもご紹介したこちらの書籍では、女性が感じるイライラや気分の落ち込み、不安といった症状のせいでうつなのかも!?と悩む方に女性ホルモンの影響やPMSについて知っていただき、少しでも心を軽くしていただけたらという想いで仕上げました。

もちろん、どうしたら女子のうつを改善できるのか?の具体的な実践法や、女性として自分の体を大切にしながら、自分らしく生きていくための考え方のヒントもたくさん盛り込んでいます。

全国の書店にて、ぜひ実際に手に取り読んでいただけると嬉しいです♪

文/西村留美

★あわせて読みたい!
PMS 生理 はこちらから


西村留美 / 女性ホルモン専門家
ナビゲーター
西村留美 / 女性ホルモン専門家
14年間セラピストとして、人の身体や心をケアする仕事に従事。20代の頃から原因不明の不快症状(イライラや不安、無気 力など)に悩まされ、人生が思うようにいかないもどかしさを感じ、鬱なのかも?と思い、精神科を受診したことも。 後にそれらがPMSだったことを知り、生活習慣改善に取り組み克服したことを機に、同じ悩みを抱えている女性が他にもたくさんいるはずだ! と女性ホルモンについて徹底的に勉強し、女性ホルモン専門家となる。 現在は、女性が社会で自分らしく生きていくためには、女性ホルモンとうまく付き合っていくことは必須のスキルだという強い想いのもと、カウンセリングやセミナーを通して、世の中の女性たちに女性ホルモンが心身に与える影響や生理の大切さを積極的に伝える活動を多方面でしている。
このナビゲーターの記事を見る