脳のメカニズムをコントロールして、合理的に仕事を加速させる方法【働く女子の会社サバイブ術】

どうしても疲れが取れない。社内の調整トラブルに巻き込まれて、仕事が進まない。ちょっとしたことで不機嫌な態度を取ってしまう……。本当はいつも笑顔で働きたいのに! 忙しい働き女子の悩みの種が「感情のコントロール」ではないでしょうか。大切なのは十分にわかっていても、なかなかうまくできない「気持ちを上げる」方法とは?

負の感情を表に出さない

From Getty Image

おすすめなのが、手鏡を常に身近な場所に置いておくこと。休憩時に、自分の顔が恐くないか、緊張でこわばっていないか、無愛想じゃないかなどを確認するクセをつけましょう。いくら他の要素が満点でも、負の感情が表情に出ていては人の心を動かすことはできません。

特に会社でトラブルがあった場合は、どうしてもネガティブな感情が出てきてしまうもの。

「なぜ○○さんは、ルールに背いてあのような行動を取ったのか」「なぜ○○さんは、自分の味方をしてくれなかったのか」

 このような思いにとらわれると、表情まで暗く沈んでしまいます。負の感情を持ち続けても何もいいことはありません。相手への悪い感情は、さらりと忘れるのがおすすめです。

他人を責めることを他責と言いますが、他責の念からは何も生まれません。

他人への批判をしている暇があるなら、自分の行動を振り返り前向きに新たな一歩を踏み出しましょう。

「上機嫌な自分」に気持ちをリセット!

From Getty Image

会社にいるときは、攻撃性を抑えて機嫌よくいることが理想。「上機嫌な自分」に即座にリセットできる方法を見つけましょう。

一杯のコーヒーでほっと一息つく。好きなタレントの写真を一瞬見る。「今週末は、大切な人と楽しい時間を過ごそう」と考えるだけでもよいのです。マイナス方向に大きく振り切れていた心のメーターをゼロに近付けましょう。

私たちは聖人君子ではありません。だからこそ、感情をコントロールするための手段や方法を、幾通りも備えておくことが大切です。

「できない」「わからない」「忙しい」はタブー!

From Getty Image

負の感情を表に出してはならないと言いましたが、仕事が立て込むことや予期せぬアクシデントが起こることは、働いていれば避けられないもの。ですから、そんなピンチのときの心の保ち方こそが大切です。

精神論で「頑張ろう」と言うだけでは、何も解決しません。意識のメカニズムを知り、合理的に仕事を加速させるコツをご紹介します。

私は、「できない」「知らない」「わからない」などの「ない」が付く否定語や「無理」「忙しい」などの、自分に制限をかける言葉をタブーにしています。

誰でもピンチに陥ったときは、このような言葉を口にしたくなりますが、頭の中で思い浮かべることもしてはいけません。なぜなら、自分の潜在意識(普段、人が意識していない意識)に悪影響を与えてしまうからです。潜在意識に影響を与えると、それが顕在意識(普段、人が明瞭に自覚している意識)にまで及び、無意識のうちに「実現できない」行動を取るようになってしまいます。

脳にネガティブ(後ろ向き)な情報を刷り込むと、ネガティブな行動を取るようになる。
脳にポジティブ(前向き)な情報を刷り込むと、ポジティブな行動を取る。
これが脳のメカニズムです。

自分が忙しいとき、どれだけ「忙しい」「間に合わない」と言っても仕事量が減ることはありません。「忙しくてつらい、しんどい」といった感情に振り回され、支配されているだけです。忙しいときこそ「どうすれば、仕事を終わらせることができるか」を考え、少しでも仕事を進めることが大切です。

これは「感情に左右されない訓練」です。
とりわけ外部の人と付き合う際には、心を安定させていることが大事です。意識的に感情をコントロールしていきましょう。

文/田中つかさ

田中つかさ
ナビゲーター
田中つかさ
株式会社ミラクルネット 代表取締役。 23歳よりソフトウェア開発会社に就職し、金融機関などを中心とした現場でプログラミングやシステム運用保守等に携わる。13年間でリーダー、部長、平取締役、専務取締役へとキャリアアップ。2000年に同社関連会社 株式会社ミラクルネット設立に伴って現職。IT関連事業、介護事業を中心としながら社員の自発的なアイデアをもとに多角的にさまざまなビジネスを展開している。著書に「サラリーマンのキャリアアップは人間関係が9割」(幻冬舎メディアコンサルティング刊)
このナビゲーターの記事を見る