GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

2023年1月号
1月号 Now on sale
探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDライフスタイル

2022.09.29

A.B.C-Zが生み出すハッピーな一体感。ぴあアリーナMM公演をレポート

今年デビュー10周年を迎えたA.B.C-Zが記念コンサート『A.B.C-Z 10th Anniversary Tour 2022 ABCXYZ』を開催。これまでの感謝を伝えに全国8都市を巡り、最終の地・ぴあアリーナMMにて公演を締めくくった。まさに「俺たちとみんなでA.B.C-Z」というような、一体感に満ちあふれたコンサートの様子をお届け。

A.B.C-Z

A.B.C-Zの歴史と軌跡に触れる新旧の楽曲が勢揃い

2012年2月1日にジャニーズ初となるDVDデビューを果たし、10年後の2022年2月1日にベストアルバム『BEST OF A.B.C-Z』をリリースしたA.B.C-Z。10周年を記念したコンサートはそのベストアルバムに収録された楽曲を中心に構成。『Za ABC〜5stars〜』『Vanilla』などグループの代名詞的楽曲から、6月にリリースされた新曲『Graceful Runner』、さらに慣れ親しんだ『ボクラ〜LOVE&PEACE〜』と『Moonlight walker』がリミックス仕様に形を変え、彼らの歴史と軌跡を存分に堪能できるセットリストで、観客を魅了した。

アニバーサリーツアーに関する注目のトピックス

タイトルに採用された『ABCXYZ』は、戸塚祥太さんが考案。「Zで終わるけどまたすぐに始まるABC」という意味合いを持ち、そこには「10周年を迎えても止まることなく11年目をスタートする」という5人の決意の気持ちが込められているそう。また昨年のコンサート『A.B.C-Z 2021 But FanKey Tour』でラストを飾った楽曲『灯』を今回のコンサートの1曲目に持ってきたところも、強いこだわりの一つ。ところどころに“つながり”を意識した演出が散りばめられた。

そして今回のコンサートツアーを完走した今、橋本良亮さんがA.B.C.に加わり、A.B.C-Zとして5人になってからの通算ステージ回数が1,257回を記録(※ジャニーズJr.時代を含む舞台、コンサートの合算)。5人が歩んできた道のりを感じさせる宝物のような数字が、デビュー10周年という一度しかない機会を彩った。
A.B.C-Z

5人が仕掛ける最新のステージ機構は『5bridge』

A.B.C-Zのステージといえば、メンバーの身体能力の高さを活かした“大掛かりな機構”が有名。今回のコンサート用に新しく作られたのは、『5bridge』という高さ10メートルにもおよぶ巨大装置。楽曲に合わせて上がったり下がったりを繰り返す橋の上でメンバーが堂々とパフォーマンスし、A.B.C-Zだからこそ成立するステージングで、大迫力のエンターテイメント空間を届けた。そのほか5人を照らすミラーボールや、光るスタンドマイク。『火花アディクション』の世界観を表現したスパークラーやファイヤーボールが飛び交う熱いステージなど、大胆な演出が続いた。
A.B.C-Z

10月発売の新曲『#IMA』をサプライズで初お披露目

MC中盤で5人がスタイリッシュなネイビーの衣装に身を包み、新曲『#IMA』のリリース決定を報告。同時に楽曲披露も行われ、予期せぬサプライズに会場からは拍手が沸き起こった。「世界初披露です」(戸塚さん)、「めっちゃ緊張した!」(河合郁人さん)というコメントを筆頭に、今作の作詞・作曲を手がけた大黒摩季さんとのエピソードを展開。さらに振付を担当した五関晃一さんからはレーベルの方からの「ミドルバラードだけど踊りたい」というリクエストのもと、ダンスを完成させたという裏話も。「この曲でこんな踊る、こんな音とっちゃうかっていう、ギリギリを攻めました」と振付の見どころを語り、10周年イヤーを締めくくる楽曲の期待を高めた。

およそ2時間半の充実したステージで印象に残ったのは、A.B.C-Zとファンのコミュニケーションがとれた空間。戸塚さんが最後の挨拶で「ずっとずっと拍手をくれてありがとう」と言っていたように、開演前から“エービーシージー”のリズムで刻む拍手が会場に響き渡り、楽曲披露後やアンコール前にも温かい拍手が目立った。河合さんの「せーの」に合わせてペンライトの色を変える演出では手動のペンライトが会場中を同じカラーに染め、塚田僚一さんがリードするダンスコーナーで「うちわとペンライトを置いて」という指示に従ったファンがメンバーと一緒に大きく踊る。お互いをサポートし合っているからこそ生まれる一体感は何ものにも代え難い絶景で、多幸感そのものだった。コンサートの次は、シングルリリースに主演舞台。ステージに立ち続けるA.B.C-Zのデビュー10周年イヤーはまだまだ終わらない。

A.B.C-Z(エービーシージー)
2012年2月1日にDVDデビュー。通算13枚目となるシングル『#IMA』(ヨミ:イマ)のリリースを10月26日に控えるほか、座長を務める『ABC座 10th Anniversary ジャニーズ伝説2022 at Imperial Theater』が東京・帝国劇場にて12月5日からスタート。デビュー10周年を記念したメンバー主体のTwitter(@abcz_official)も話題。

▼こちらの記事もおすすめ!

ライヴレポート

PHOTO=池田博美

TEXT=所優里

PICK UP

MAGAZINE

2023年1月号

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

11月22日(火)全国発売のGINGER2023年1月号の表紙には、現在放送中のドラマ「クロサギ」で、圧倒的なオーラを放っている平野紫耀(King & Prince)が登場。グループ全員がスタイリッシュなブラックスーツで表紙を飾った2022年5月号とは全く異なる、ふわっと柔らかくて、アンニュイな表情を披露。カバーストーリーでは、素顔の彼をひも解くための31の質問に答えてくれました。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する