GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2022年11月号
11月号 Now on sale
人生がととのう! 快感レッスン

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDライフスタイル

2022.09.24

King & Prince流を示す力強いステージ。横浜アリーナ公演をレポート

5月に初の4大ドームツアー公演を完走し、その勢いが止まらないKing & Princeが全国7都市を回るアリーナツアー『King & Prince ARENA TOUR 2022 〜Made in〜』を開催。和洋折衷を織り交ぜたステージで、今のKing & Princeの姿を示した。レポートするのは、横浜アリーナ最終日の昼公演。コンサートの見どころを抜粋してお届け。

King & Prince ARENA TOUR 2022 〜Made in〜

スタイリッシュな「和」×「洋」の世界がそこに広がる

“Made in” JAPAN、“Made in” Johnny’s、“Made in” King & Prince…いろいろなルーツに触れ進化を遂げてきた5人が真っ向から“今 King & Princeにできること”と向き合い、生み出された最新アルバム『Made in』。同アルバムを引っ提げたツアーのコンセプトには「和」×「洋」を掲げ、彼らに身近なルーツが得意とする和洋折衷の世界を軸に、自信と覚悟に満ちあふれたパフォーマンスを次々と披露した。今のKing & Princeだからこそ成立する洗練されたステージングに、OPから引き込まれていく。

和楽器のSEや25m×15mの巨大暖簾、また総重量50kgの“ドッカン桜”が舞う演出は視線が釘付けに。『Made in』を象徴する5人の名前が入った家紋もセットに散りばめられた。衣装も和テイストのものが多く、煌びやかなラメ調の袴や、メンバーカラーの襟が印象的な着物基調のガウンなど、ファッショナブルな和装で観客を魅了した。

まるでテーマパーク!遊び心のある演出で観客を虜に

これまでも大胆で多幸感いっぱいの演出を盛り込み、夢の空間を彩ってきたKing & Princeのコンサート。今回も観客の目をキラキラと輝かせる革新的なアイデアは必見。パフォーマンスとリンクした巨大モニターの映像、コンサートでは初演出のスタンドマイクを使った歌唱、花とともにソードブランコやフライングを使った演出も飛び出し、会場にいる全員のワクワク度を高めていく。そのほかボードに絵を描く5人の姿や、ファンの皆さんをバックにステージ上のカメラに揃ってアピールするシーンは、思わず笑みがこぼれるほど。メインステージ、バックステージ、花道…5人がステージ上を所狭しと走り回り、たっぷりのファンサービスとともに多方面から会場を盛り上げた。
King & Prince ARENA TOUR 2022 〜Made in〜

メンバーの個性が際立つ内容も見どころの一つ

唯一無二の光を放つキラキラソング、覇気を感じさせる圧巻のダンスナンバー、しっとり聴かせるバラードなど、まさに“スーパーアイドル”を証明する高いパフォーマンス力でグループとしての強みを見せていくなか、それぞれの個性が際立ったのは対をなすようなユニット曲。平野紫耀さん、髙橋海人さん、岸優太さんが『僕の好きな人』で切ない片思いを甘酸っぱいメロディに乗せて歌うと、永瀬廉さん、神宮寺勇太さんは重い愛情を歌詞にした『Doll』でダークな世界へと誘う。分かりやすくテイストが異なった2つのラブソングだけに、それぞれの楽曲イメージを落とし込んだステージングからも目が離せない。

春のドーム公演に引き続き、メンバーの素の表情を引き出したのは岸さん。定番のおふざけコーナーのプロデュースを手がけ、今回は導入に使われた映像も初プロデュース。声を出せないなかでのコールアンドレスポンスや障害物リレーのハラハラ感で、ファンの皆さんとの一体感を加速させた。平野さんは『RING DING DONG』の振付を担当。重低音に乗せたエネルギッシュなダンスパフォーマンスは見応え抜群。そして5人が初の作詞作曲に挑戦した『Dream in』も披露された。
King & Prince ARENA TOUR 2022 〜Made in〜

11thシングル『ツキヨミ / 彩り』の発売決定を報告

9月14日にリリースされた『TraceTrace』が盛り上がりを見せるなか、早くも通算11枚目となるシングル『ツキヨミ / 彩り』の発売を会場でサプライズ発表。『ツキヨミ』は夜の闇に潜む孤独を月が照らす、妖しい色気が漂うアップテンポなダンスナンバー。平野さんが「ダンスにも力を入れていこうかなと」と宣言した。一方で『彩り』は、大切な人との思い出や伝えきれない“愛してる”を歌ったミディアムテンポのストレートなラブソング。「(King & Princeに)まだそんなアイドルソングあった?みたいな」と髙橋さんがヒントを語った。King & Princeのさらに新しい一面を見せる『ツキヨミ / 彩り』は、11月9日に発売。

King & Princeがグループ、個人それぞれの魅力を最大限に活かし、“今”を余すことなく発信するアリーナツアーは、10月20日の北海道公演まで続く。デビュー当時から走り続けてきた彼らも、来年は5周年イヤー。年々輝きを増し、堅実な強さと強固なチームワークを確立させるKing & Princeの勢いは、とどまるところを知らない。

King & Prince(キングアンドプリンス)
2018年5月にCD デビュー。11thシングル『ツキヨミ / 彩り』のリリースを11月9日に控える。

ライヴレポート

TEXT=所優里

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2022年11月号

11月号 Now on sale

人生がととのう! 快感レッスン

最新号を見る

定期購読はこちら

11月号 Now on sale

人生がととのう! 快感レッスン

9月21日(水)全国発売のGINGER2022年11月号通常号の表紙には、デビュー15周年、アニバーサリーツアー真っ只中のHey! Sɑy! JUMP 山田涼介さんが初登場。大人の男のカッコ良さと色気を漂わせるワントーンにまとめたスーツ姿は、表紙解禁と同時に編集部にファンから感激のコメントが殺到。さらに10月号からスタートしたHey! Sɑy! JUMPの連載「TAG」では、彼がメンバーの髙木雄也さんをプロデュース。いつもとは違う表情で誌面を飾ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する