GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

京本大我
3月号 Now on sale
その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDビューティ

2022.09.06

「まるで素肌!」がつくれるファンデ4選!肌悩みカバーもできる名品は?

肌の質感で顔印象を大きく左右するベースメイクは、季節の変わり目の見直しがマスト。でもやっぱりどんな時も憧れるのは、ファンデを塗っているのに素肌みたいな肌! そんな「もとからキレイな肌」を叶える優等生ファンデを美GINGERがお試し!

お悩みカバーも素肌感も叶う美ファンデのご指名多数

ファンデーション

A RMKリクイドファンデーション フローレスカバレッジ SPF20・PA++(※一部色により異なる) 全9色 30ml 各¥6,050/アールエムケー ディヴィジョン(9月2日発売) B ロングラスティング クリームファンデーション SPF21・PA++ 全9色 32g 各¥8,800/アンプリチュード(9月14日発売) C スティーミング モイスト ファンデーション SPF25・PA++ 全6色 30ml 各¥6,600/エレガンス コスメティックス (9月18日発売) D リキッド ファウンデイションe SPF25・PA++ 全6色 25ml 各¥4,950/イプサ (9月6日発売)

欠点はカバーしながら素肌感が欲しい。欲を言えばうるむようなツヤ感も。そんなわがままは、素肌コンシャスな薄づきファンデにお任せあれ。

A RMKリクイドファンデーション フローレスカバレッジ
緻密なカバー力で隠ぺい感のない軽やかな仕上がりに。

B ロングラスティング クリームファンデーション
透き通るようなカバー力と、優れた保湿力で素肌美を表現。

C スティーミング モイスト ファンデーション
高保湿美容成分配合でしっとりレア肌に。

D リキッド ファウンデイションe
光の拡散技術で毛穴や色ムラを瞬時に補正。みずみずしい使い心地でフルカバレッジ。

素肌感が特徴のファンデを美GINGERがお試し!

美GINGER

〈左から〉川口しほりさん(30歳/フリーランス)、佐々木沙織さん(33歳/IT)、剣持幸芳さん(26歳/エンジニア)、渡辺菜月さん(30歳/IT系)、川腰あやめさん(28歳/会社員)、相川まいさん(31歳/教育関連)

美GINGER

〈左から〉羽野成美さん(29歳/保育士)、大保 遥さん(28歳/会社員)、堤 里紗さん(33歳/歯科衛生士)、大野みおさん(31歳/会社員)

「ノーファンデ派も増えたけど、リモート会議とか人と顔を合わせるときは、カバー力の高いリキッドをセレクト。でも肌の負担は抑えたいから、素肌感も重視。RMK(A)は厚塗り感なく、もとから肌がキレイに見える!」(渡辺さん)

「私もカバーしてる感を出さない抜け感メイクが好きだな。イプサ(D)は軽いタッチなのに、毛穴や色ムラを確実にカバーしてくれて頼もしい!」(川腰さん)

「素肌感を残すと肌がいきいきした印象になるよね。私はほどよくツヤが出るエレガンス(C)が好み。ラスティング力も高いから、朝の仕上がりを一日キープできそう!」(堤さん)

アンプリチュード(B)は透明感に感動。クリームファンデで見たことのないポンプチューブが画期的。使い勝手が良くて携帯に便利なのもいい!」(大野さん)

▼この秋の新作ベースメイクアイテムをチェック!

>>ベースメイクは秋モードにシフト!美容液ファンデで早めの夏肌ケア

>>ツヤ肌好きならこのファンデ!秋の新作を正直レビュー

>>休日メイクは2アイテムで完成!新作コンシーラーとパウダーをチェック

>>パウダーファンデでスキンケアも叶う!つい手が伸びる優秀アイテム3選

>>ツヤ肌づくりの新常識!「ピンク系下地」で仕込む秋肌

>>1人1つは持っている?!定番ハイライトに色付きタイプが続々登場

PHOTO=[静物]石澤義人、[読者]植一浩

TEXT=川口栞

EDIT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

京本大我

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

1月23日(月)全国発売のGINGER2023年3月号の表紙には、現在放送中のドラマ「ハマる男に蹴りたい女」で、子犬系男子を演じ新たな魅力を発揮している京本大我(SixTONES)が単独で表紙に初登場。グループで表紙を飾った2022年12月号の金髪×クールな表情とはまた異なる、独特の個性を放ちながら、憂い、色気を含んだ熱く強い眼差しの絶対美「京本大我」は圧巻。スペシャルピンナップで魅せる柔らかく微笑むビジュアルとのギャップも必見。カバーストーリーでは、彼の「静」と「動」ふたつの面から、今年のエンタメシーンを彩り、動かす彼の魅力を探っています。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する