GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

2023年1月号
1月号 Now on sale
探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2022.11.20

田中みな実が心がけていること――メイクとファッションの新陳代謝

今の美容業界を支え、牽引し続けている女優・田中みな実さんに、「おしゃれとメイク」「美しさを滞らせないための秘訣」について、特別に語っていただいた。

田中みな実

ニット¥37,400(参考価格)、スカート¥113,300、ブーツ¥178,200、リング¥106,700/すべてアンブッシュ®(アンブッシュ®ワークショップ)〈メイクのポイント〉ラベンダーカラーを下まぶたの目の際に軽く入れるだけで、白目が際立ち、グリーンのトップスのポイントに。眉はあえてふわっと、毛流れをいかすように描くことで“抜け感”を加えて。

定番メイクを手放すと、“次の顔”が見えてくる

30代後半に足を突っ込んだ私が、このところ心がけているのは「メイクとファッションの新陳代謝」。ベージュやブラウントーンの使い慣れたアイシャドウパレットばかりを買い集めてしまうなら、新作は思い切って、やや難易度の高いイエローや水色のラメが入ったドキドキするパレットを迎え入れてみよう。

すると、
「さて、どう自分の目元に落とし込む?」
と、試行錯誤が始まります。

メイクが変わると、いつもの服がどこか物足りなく感じ、むくむくと物欲が湧いてきます(笑)。

定番モノにだって毎年流行があり、似たような服でも“今年っぽい”アイテムに惹かれてしまう。今季は襟元のデザインやデコルテの開き具合、丈、色味など、普段は選ばないようなテイストの服に目が留まりがち。最旬パレットの小さな冒険心が、全身へ波及して、新しい自分を作り出す。

こんなふうに、メイクやファッションに意識的に“刺激”を与えてみることしています。

だって、
「いつまでも自分に飽きたくないじゃない?」

田中みな実

〈メイクのポイント〉純白のニットの柔らかい質感と透明感にあわせて、メイクは眉と唇にローズピンクのニュアンスをプラスして、肌に高揚感を漂わせる。主役はカナリアイエローのネイル。全体のアクセントに。

つまり「新しい自分」と出会えるチャンス

お世辞にも、若いとはいえなくなってきた。けど、ミセスというわけでもなく、その過渡期にいる私たちのメイクやファッションは案外難しい。今まで通りでは“若作り”と揶揄され、年相応を目指せば“老ける”らしい。でも、それはなんとなく肌で感じていて、何年も着ていたお気に入りがどうにもしっくりこなくなり、手放すことが最近増えた。気付けばクローゼットの中の半分以上の洋服とお別れをした。

しかし、その空いたスペースに心が躍る。新しいアイテムを迎え入れる余裕ができたから。つまりそれは、「新しい自分」と出会えるチャンスの訪れ。

ファッションアイテム選びにこだわりがあるとすれば、“肌写り”。その服が肌を美しく見せてくれるかどうか、それだけは譲れない。どんなに素敵な色でも肌をくすませてしまうものはどうせ着なくなるから、潔く諦めます。

買い物のときに身につけていくランジェリーも実はとても重要で、下着は別名ファンデーションガーメントとも称されるように、ボディの土台となる大切な役割を担っています。つまり、何をつけるかで服のシルエットが大きく変わる。一度、トレーニング帰りにふらっと寄ったセレクトショップで購入した服を、翌日着てみると何かが違う。スポブラで試着したから見え方が違ったのだと反省。ヌーブラのときも同じように注意が必要。

メイクはもっと自由でいい

メイクとファッションはアンバランスが気分。ブラックスタイルには濃いめのリップを引くのが私の中では定番だけど、あえてヌーディなコーラルあたりで、ふっくらあどけない口元を作ると、色っぽい。唇に印象的な色味をのせる日は、目元を無垢に。色は入れずに濡れたような質感だけを楽しむのも最近好き。マスカラもアイラインもシェーディングも、MUSTじゃないんですよね。メイクはもっと自由でバリエーションがあって良い。

何年か前の撮影でハッとさせられることがあって。衣装はドレッシーなのに、仕上がりは限りなくメイクレス。ヘアもニュアンスを残した程度のナチュラルなダウンスタイルで全体に超シンプル。なのにドレスに負けない圧倒的な存在感に息を呑みました。プロフェッショナルの巧みな技により作り出された究極の抜け感と、計算し尽くされたアンバランスが絶妙で、どんなヘアメイクで武装するよりも美しかったんです。

田中みな実

ニット¥159,500/ヌメロ ヴェントゥーノ(イザ) ブーツ¥212,300/ジミー チュウ

「今日、なんか違うね」は、最上級の褒め言葉

こんな風に、メイクもファッションも、思い込みを払しょくすると、その先に新しい何かが見えてくるのかもしれない。客観的な視点はそれなりに大切にしながらも、過去や常識にとらわれるのをやめてみる。「今日、なんか違うね」の誰かの指摘を最上級の褒め言葉として受け取って「そうなの! いいでしょう!」と胸を張る。私は明日、初めて買ったインポートブランドのシャツに袖を通すから、アイブロウにほんのりピンクのパウダーを忍ばせて、いつもとは違う自分を楽しむの。

田中みな実
コスメ愛を探究する美容賢者の地位はもはや不動。放映中のドラマ「ボーイフレンド降臨!」では12才差のトライアングル・ラブコメディが早くも話題に。

MODEL=田中みな実

PHOTO=伊藤彰紀(aosora)

HAIR & MAKE-UP=AYA(TRIVAL)

STYLING=西野メンコ

TEXT=本庄真穂

PICK UP

MAGAZINE

2023年1月号

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

11月22日(火)全国発売のGINGER2023年1月号の表紙には、現在放送中のドラマ「クロサギ」で、圧倒的なオーラを放っている平野紫耀(King & Prince)が登場。グループ全員がスタイリッシュなブラックスーツで表紙を飾った2022年5月号とは全く異なる、ふわっと柔らかくて、アンニュイな表情を披露。カバーストーリーでは、素顔の彼をひも解くための31の質問に答えてくれました。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する