GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

京本大我
3月号 Now on sale
その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2022.08.17

「フェムテック」という言葉に身構える?【Megumi’s Mirror】

美容家・神崎恵さんの心の機微を綴る連載「Megumi’s Mirror」。今回のテーマは「フェムテック」。

イメージ

vol.9 「フェムテック」に思うこと

Female(女性)とTechnology(テクノロジー)をかけ合わせた造語、FemTech(フェムテック)。
 
10年ほど前でしょうか。生理周期アプリを開発したデンマークの起業家が、投資家に「女性の体の悩みごとを解決する」というニーズを理解してもらうため使い始めた言葉だそうで、日本でも、そのころから生理ナプキンやショーツの話題などをきっかけに、それまでおおっぴらに語ることが憚られていたことがオープンになってきたように思います。

月経や産後の不調・更年期、不妊や妊活、子宮筋腫や卵巣腫瘍など女性特有の疾患など、体の悩みは多岐にわたります。そんな女性の健康課題をテクノロジーで解決しよう、という概念が「フェムテック」です。

…と、こうやって書くと、「フェムテック」の話題は、やっぱりどこか、ちょっとカタイ。これはあくまで、私個人の素直な感覚なのですが、やや身構えてしまうというか、すんなりと心を開いて気軽に話せない、そんな空気感が「フェムテック」には漂う気がするのです。

技術とか、課題解決とか、単語が難しいのかしら? そもそも「フェムテック」は、私たち女性がより生きやすく、暮らしやすくなるための言葉なのに、どこか遠く感じてしまうのはなぜ? 「課題を解決するために何かしなくちゃ」「技術を使ってより良い商品をつくらなくちゃ」。そういう志の高さや、使命感のようなものを「フェムテック」という言葉自体が背負ってしまっているのかもしれません。

もっとナチュラルにさらりと使える、柔らかで優しい言葉ってないのかな。「女性」と「技術」、そこに“私たち自身”、つまり“自分ごとである”というエッセンスが少し加わるといいのに。「フェムテック」をテーマに語るとき、常にそんな想いを抱えていました。

でも、こういった葛藤やモヤモヤこそが、課題解決の最初の一歩となるのでしょう。ざわっとするときこそ、潮目が変わるとき。過渡期なのは間違いありません。

たとえば著書のなかで、デリケートゾーンのマッサージやケアについて触れた部分があると「嫌悪感を感じた」という意見をいただいたことがありました。でも今は、積極的にデリケートゾーンのケアアイテムについて知りたいという要望をいただきます。生理ナプキンを購入すると紙袋に入れられ、パッケージが見えないようにする配慮も、隠すことじゃないのにおかしいのでは? という意見も、オープンに議論されるようになりました。

少しずつ、少しずつですが確実に、タブーとされてきた“女性の性”についての議論や解決への動き、時代のうねりを感じます。

あるとき、フェミニズムの本を編集している編集者の方に「神崎さんって、一番ナチュラルなフェミニストですね」と言われたことがありました。“女性であることを思い切り楽しみましょう。自分を大切にして、自分らしく生きましょう”。これは私が一貫して伝えてきたメッセージです。女性がいきいきと、健やかに輝いて、がんばる姿は本当に美しい。メイクやファッションで少しでもその応援をできれば。そう思いながらここまできました。そうか、ある意味、私も無意識に「フェムテック」してきたのかもしれない…。

ともかく、ひとりひとりが自分を大切にできれば、世界はもっと素敵になるはずです。女性だけの「フェムテック」ならぬ、人間としての「ヒューマンテック」で、さまざまな課題が解決でき、優しい世界になりますように。

神崎恵の【Megumi’s Mirror】をもっと読む。

TEXT=田中美保

PICK UP

MAGAZINE

京本大我

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

その個性、推したくなる!2023を動かす人

1月23日(月)全国発売のGINGER2023年3月号の表紙には、現在放送中のドラマ「ハマる男に蹴りたい女」で、子犬系男子を演じ新たな魅力を発揮している京本大我(SixTONES)が単独で表紙に初登場。グループで表紙を飾った2022年12月号の金髪×クールな表情とはまた異なる、独特の個性を放ちながら、憂い、色気を含んだ熱く強い眼差しの絶対美「京本大我」は圧巻。スペシャルピンナップで魅せる柔らかく微笑むビジュアルとのギャップも必見。カバーストーリーでは、彼の「静」と「動」ふたつの面から、今年のエンタメシーンを彩り、動かす彼の魅力を探っています。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する