MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2022年9月号
9月号 Now on sale
甘さをください♡

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2022.07.20

30代はがんばりどき。いつかその貯金が効いてくる【Megumi’s Mirror】

美容家・神崎恵さんの心の機微を綴る連載「Megumi’s Mirror」。今回のテーマは「がんばること」。

imege

vol.8 “がんばり星人”も悪くない

今も昔も、がんばることが好きです。

なんとなく、最近は「がんばる」という言葉が敬遠される、時には否定されるような風潮を感じています。

それでも、だれがなんと言おうと、私はがんばることが好き。

歯をくいしばって、しんどいとか、つらいとか弱音ひとつはかず、寝る間も惜しんでがんばる。がんばるというと、そんな昔の“スポ根”アニメやドラマを思い浮かべる人もいるかもしれません。ちなみに、ジンジャー世代は、スポ根の意味、わかるのでしょうか? スポーツ×根性、の合成ですが、今、「苦しくても、悲しくても〜」という有名な歌(バレーボールのスポ根アニメ「アタックNo.1」の主題歌)が思い浮かんだ方、同世代です(笑)。

話がそれました。がんばると言っても、がんばり方は人それぞれです。必死でもがく様子や疲れた姿を見せる人もいれば、表面的には涼しい顔をしているけれど、見えない足元ではジタバタともがいている人もいる。
 
20代の人気YouTuberの方が、こんな感じのことを言っていました。

「トップを獲るために、戦略や情熱はもちろん必要だけど、やっぱり、努力するしかない。がんばり続けた人にしか見えない景色があると思う」

これを聞いたとき、がんばることに、世代や時代は関係ないと実感しました。

私は、美容という仕事柄、そこには夢やキラキラが詰まっていると思うから、滝汗をかきながら、ひとりでもがきあがく姿は見せません。

「仕事もして、子育てもして、プライベートも充実。本当に3人も子育てしているなら、お弁当も夕食もあんなに手の込んだものは作れないはず。金銭的にもサポート的にも、神崎さんのような余裕がある人だからできること」
 
SNSで日々発信をしていると、ときどき、こういうご意見もいただきます。

いやいや、舞台裏は火の車ですよ! 余裕なんて1ミリもありません。そう言いたい気持ちをぐっとおさえて、深夜、大好きなマッコリを片手に、トッポギをつまみます。決して、ため息はつかずに。

ミッキーマウスだって、あんなに忙しいのに、絶対に疲れを見せないでしょう? ミッキーが「あぁ、疲れた…」って大きなため息をつく姿を見たら、多くの人はがっかりするはず(ちょっと見てみたい気もしますが)(笑)。

とにかく、がんばらないと手に入れられないもの、がんばった人だけが見ることができる世界は絶対にあります。

とくに、30代はがんばりどきだと思います。結婚や出産、昇進や転職、ライフイベントが目白押しの世代ですが、ここでふんばって“がんばった貯金”をしておけば、40代、50代と心と体の筋力が少しずつ低下するときに、必ず助けてくれます。

じわじわと、その貯金が効いてくる。これ、本当です。

「がんばり続けていると、いいことがあるよーっ!」。そう、昔から“がんばり星”に生きる“がんばり星人”の私は、大きな声で言いたい。

「私、なんでこんなにがんばってるんだろう…?」と、泣きたくなる夜もあります。

でも、その涙はムダじゃない。がんばることはダサくない。夢や目標にむかってひた走ることは絶対にカッコ悪くない。泥臭くても汗臭くても、涼しい顔でも、がんばることで「自分を信じる力」は確実に育ちます。

なんだか今回は説教臭くなってしまったな… 。でも、こんな時代だからこそ、言いたいんです。「がんばり星人も悪くないよ」って。

神崎恵の【Megumi’s Mirror】をもっと読む。

TEXT=田中美保

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2022年9月号

9月号 Now on sale

甘さをください♡

最新号を見る

定期購読はこちら

9月号 Now on sale

甘さをください♡

2022年7月23日(土)全国発売のGINGER2022年9月号の通常号、特別号の表紙には川村壱馬さん×吉野北人さんの“かずほく”コンビが初登場。同一人物でダブル表紙を飾るのは、GINGERでは初めての試みです。特集の「甘さをください♡」をイメージした、超密着した通常号の表紙と、おでこをコツンとさせた甘い世界観が漂う特別号には、それぞれ異なるオリジナルステッカー付録、そしてスペシャルな特典が付いています。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する