MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER202106表紙
6月号 Now on sale
“持たない”時代に持つべきもの

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2020.11.26

会えない時間が長くても。【E-girls山口乃々華連載 ののペディア/連絡】

E-girlsメンバーの山口乃々華さんが、瑞々しい感性で綴る連載エッセイ「ののペディア」。今、心に留まっているキーワードを、50音順にひもといていきます。

空と人影

Licensed by Getty Images

第42回「れ」:連絡

スマートフォンの画面がピカッと光って、新着メッセージを表示した。友人からだった。彼女は約1年前に、少し遠くに引っ越した。

「とはいえ、国内だからすぐに会いにいけるよね。海が綺麗だろうなぁ、いいなぁ!」

なんて言っていたけれど、こんなご時世になってしまって、遊びに行くことも、友人がこちらに戻って来ることもできていなかった。

そんな調子だったから、
「仕事に合わせて、東京に数日戻るよ! 予定が合うならご飯行こう」
との連絡に、わたしは思わず顔をほころばせた。

ゆっくりと話すことができるなら、外でも家でもどこでもよかったのだけれど、たまたま食べてみたいものを購入していたので、せっかくなら一緒に食べて、感想を言い合いたいな、と思い、自宅に誘った。彼女は「いいね! 楽しそう!」と返事をくれた。

当日「もうすぐ着くけど、コンビニで何か買ってく?」なんていう電話がきた。本当にすぐ近くにいることを感じ、うれしくなった。わたしは、家に足りない飲み物だけお願いして、バタバタと部屋の片付けを進めた。

ピンポーン!とインターホンが鳴った。

扉の前に立っていた彼女は、相変わらず元気で明るい笑顔で、ただほんの少し落ち着いた雰囲気をまとって、大人っぽくなったように感じられた。

SNSで普段のお互いの様子は知っていたはずだけれど、第一声はやっぱり「久しぶりー!」。

こうして向かい合っていると、昨日も一緒にいたような気さえする。それほど馴染みのある空気と存在感。それなのに話すことが山ほどある感覚が、おかしくて、楽しくて、盛り上がった。
あっという間にいつもの空気になれたことに、わたし自身がすごく安心していたし、その居心地の良さになんだか驚いてしまった。

会えない時間が長くても、過去に過ごしたそのときの心の距離が近くにあったことが、何より大切だったことを知った。

彼女と話していると、とても楽だ。

わたし、普段誰かと話すときは無意識に、たくさんのことを気にしながら話していたのかもしれない。いつだって相手の顔色を伺って、疲れていたのかもしれない。

そんなことに気がついた。

楽しい時間を過ごしたあと、
「またすぐ会おう! 今度はわたしがそっちに行くね!」
なんて言って、彼女を見送った。

・・・

連絡の手段としてLINEが当たり前になってから、メールでの連絡はほぼしなくなった。昔は、着メロを設定したり、メールを一通一通遡ったりすることが、密かに楽しかった。好きな人にメールするときや、誰かに気まずいことを言わなきゃいけないときは、送信ボタンにありったけの思いを込めて押したりして、今よりも一通に重みがあった気がする。携帯電話そのものが重かったこともきっとあったし、いちいちボタンを押すという行為は、スマートフォンのタッチと大きく違う。

LINEはメールよりも気楽だからこそ、全然会えていないあの子にもいつでも連絡できる。手軽なことの良さはたくさんある。たとえ遠く離れていても、繋がれる手段があることで、疎遠にならずに関係が続く。

出会うすべての人と、心を通わせられるわけではないから、一度心を通わせた相手とは、遠く離れたからといって関係が終わってしまうのは寂しい。

その人のタイプにもよるけれど、大切な人とは、会えない分連絡を取り合って、こんなことがあったよ、悩んだよ、喜んだよ、悲しかったよ、怒ったよ、とわかち合いたい。

連絡はあくまで手段に過ぎなくて、相手の表情やテンション、本心など、直接顔を合わせなけばわからないこともたくさんあるけれど、そうやって繋がっていることは、大きな支えにもなったりする。

面と向かって深くつながることとはまた違った角度から、人と人との関係性を豊かにしてくれる。連絡って素敵。

 

【ののペディア/連絡】
心の通じ合いを、支えてくれるもの。

TEXT=山口乃々華

PICK UP

MAGAZINE

GINGER202106表紙

6月号 Now on sale

“持たない”時代に持つべきもの

最新号を見る

定期購読はこちら

6月号 Now on sale

“持たない”時代に持つべきもの

4月23日(金)全国発売のGINGER2021年6月号には、昨年の9月号表紙で話題になった佐藤健が登場。新しい環境に身を置き、活動を始めた彼の今の気持ち、未来への想い、そして素の表情を垣間見せながらの特別ビジュアルを12ページにわたって紹介します。また特集では、所有へのこだわりを捨て、身軽さと、自由を求めるようになっているミニマルな“持たない”時代の今、本当に必要なものは何なのかを探ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる