MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER2021年3月号表紙
3月号 Now on sale
TOKYO New Style

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

TIMELESSPERSON

2019.09.09

【Dream Amiインタビュー】「“こうなりたい”という気持ちでここまで来られた」

目標を持って未来へと突き進んで輝く女性に、自分らしさを見つけるヒントや輝く秘訣を教えてもらう連載「Women be Ambitious」。
今回は、2017年にE-girlsを卒業し、以降ソロとして活動の場を広げ続けるDream Amiさん。今までのこと、そしてこれから考えていることなど、たっぷり語っていただきました。3回にわたってお届けします!

Dream Ami

好きなことを続けることで、叶った夢

―DreamそしてE-girlsと、デビューしてから17年以上も歌手として活動されているAmiさん。小さいころから、この業界への憧れがあったのでしょうか?

物心ついたときから、歌うのが好きで、NHKの「おかあさんといっしょ」や、いろいろな歌番組を観ながら、とにかくいつも歌っているような子供でした。
そんな様子を見た母が小学生のときに、地元の少年少女合唱団に入れてくれて、歌を楽しんでいましたね。
そして小学校3年か4年生くらいのときに、モーニング娘。さんやSPEEDさんをテレビで観ているうちに歌だけじゃなく、ダンスもやりたい!という気持ちになって。“歌って踊れる人になる”というのが、夢になりました

―それからダンスを習い始められたのでしょうか?

はい。5~6年生でダンススクールに通い始めて。その後、オーディションを受けて合格して、中2の春にデビューしました。

―早いですね!

そうですね、ちゃんとダンスとボーカルを習い始めて1年半くらいでdreamとしてデビューしたので、比較的早い方だと思います。

―当時の気持ちを覚えていますか?

オーディションに合格したときは、とにかく嬉しかったですね。文字通り、これは夢?みたいな感じで。希望に満ち溢れていたし、寮生活への憧れもあったので、親元を離れることや、地元の友だちと離れることへの不安は一切ありませんでした。ただただ楽しみで上京したのを覚えています。

思っていたのと違った。でも諦めなかった理由

Dream Ami

ワンピース¥29,000、ロングブラウス¥19,000/ともにtiit tokyo(THÉ PR 03・6803・8313)

―そこから駆け上がっていくわけですが、活動していくなかで葛藤みたいなものはありましたか?

正直、理想と現実のギャップはすごくありました。
最初は歌手になったら誰もがテレビで観ていたような活動ができると思っていたんです。でも、実際なってみたらそうじゃなかった。テレビってそんな簡単に出られないんだ。曲を出すのって、難しいことなんだ・・・って。
歌手になるという夢は一旦果たせたようで、ずっと果たせていない感覚でした

―そういう理想と現実のギャップや悔しい想いを、どう自分のなかで乗り越えていったのでしょう?

やっぱり、なりたい自分に絶対なりたかった・・・。
テレビにも出たいし、その当時は歌割りもほとんどもらえない状況だったので、いつか歌割りをちゃんともらえる人になりたい、本当の意味での歌手になりたいと思っていました。とにかく“こうなりたい”がすごく強かったんだと思います
でも、一番はメンバーがいたことかもしれません。
なりたいという気持ちだけでは、あの辛さを乗り越えられなかったかもしれないです。

―今、ソロ活動に専念するようになってから約2年が経つわけですが、グループのときと違いを感じることはありますか?

まったく違いますよね。グループは、ただただ楽しい感じかな。仲良しだし、メンバーだけど、どこかでライバルが近くにいるっていう感覚が常にありました。
そういう意味で切磋琢磨できて、お互い高め合える存在でしたが、今はひとりなので、すべてが自分次第なところに怖さがあります。
自由もあるし、好きなようにできるという、いいところもありますが、全部自分で常に動かして行かなきゃいけないので。仕事への取り組み方とか、考え方の質が変わったと思います。

―自分で動かすからこそ、これから音楽活動で挑戦したいことはありますか?

チャンスがあれば、なんでもやりたいと思っています。見せ方もそうですし、歌手としての幅も広げていきたいですね。
例えば、たまにライブでギターを弾いているのですが、アコースティックで聴かせられるほどではなくて。もっとちゃんと練習して弾けるようになりたいと思っています。

小さいころからの夢を叶え、デビュー後は歌とダンスで活躍し続けているAmiさん。凄いですね、と言うと「逆にそれしか続けられたことがない」と笑って話してくれました。“好き”という気持ちは、自分を動かす力にもなるもの。心の声に素直になってみると、思わぬチャンスが巡ってくるかもしれません。

Dream Ami
Dream Ami

2002年、dreamに加入しデビュー。2011年よりガールズ・エンタテインメント・プロジェクト“E-girls”の中心メンバーとしても活動。2017年にE-girlsを卒業し、ソロ活動に専念。9月17日に倖田來未の「恋のつぼみ」をカバーした最新シングルを配信リリースする。

PHOTO=阿萬泰明(PEACE MONKEY)

STYLING=後藤則子(Post Foundation Inc.)

HAIR & MAKE-UP=福田翠(Luana)

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年3月号表紙

3月号 Now on sale

TOKYO New Style

最新号を見る

定期購読はこちら

3月号 Now on sale

TOKYO New Style

1月22日(金)全国発売のGINGER2021年3月号では、新しい価値観で新しい時代を生きていくためのヒントとなる「TOKYO New Style」を大特集。表紙にはデビュー1周年を迎え輝きを放っているSnow Manが初登場。常に上を目指し走り続け、時代のアイコンとなった9人の今、そしてこれからについてインタビュー!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる