MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

GINGER2021年2月号 表紙 JO1
2月号 Now on sale
エンタメに抱かれたい

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

TIMELESSPERSON

2019.06.05

草彅剛さんインタビュー「ダメなところがあるほうが、人間は面白い」

過去には、悩み迷いながら失敗を繰り返した時期もあった。そんな経験を経てたどり着いた“居心地の良い場所”、長い時間をかけて手に入れた“自分らしい生き方”。嘘のない言葉で語る“今”の正直な気持ちを独占インタビュー!

草彅剛

“カッコつける”ことは35歳で卒業

草彅剛

新しいスタートを切って1年半。草彅さんは、より素顔を伝えられるようになった“今”を楽しんでいる。

「素の自分を出すことに抵抗はないし、それを怖いと感じることもないですね。この年齢になると、そういう部分を出さないとつまらないなぁって思う自分もいます。結局、人間ってダメなところが面白かったり、魅力的に輝いたりするわけで。そこをカッコつけてうまくやろうとか、もう考えなくてもいいのかなって。そのほうが僕自身もラクだしね(笑)」

草彅さんが憧れるのは「年齢を重ねるたびチャーミングになる大人」。そこに近づくためにもどんどん素を出していきたい、と笑う。

「でもね、そんな風に考えられるようになったのも最近の話。それこそ20代のころは他人にどう思われているのかすごく気になって。すべてをスマートにカッコ良くやりたいと思っていたしね。でもそれがしだいに苦しくなり・・・。そんな僕が変わり始めたのが、“うまくいかない”出来事が続いた35歳のころなんですよ」

他人を気にして生きるのはつまらない

草彅剛

「世の中にはさまざまな意見がある。それは僕に対するイメージもまた同じ。若いころはそこにストレスを感じることも多かったんですけど・・・。もう、どう思われてもいいやって(笑)。経験や失敗を積み重ねて打たれ強くなり、そこと向き合う術のようなものが身に付いた。というか、身に付けないと前に進めなかった。それが僕の“35歳”だったのかな。僕はトータス松本さんの『なにをやってもケチがつく』という曲が大好きなんですけど、当時はその歌詞がすごく心に刺さって。“そうだよな、何をやってもケチをつける人はいる。だったら、自分の好きなように生きたほうがいいよな“って」

周りにどう思われてもいい、自分らしく生きよう。そう思うようになってからは、「心がどんどん自由になった」そうだ。

「まあ、そこにいたるまでには時間もかかっているし、だいぶ遠回りしたんですけどね(笑)。その時々、ベストを尽くしてきたつもりではあるけど、失敗もたくさん経験しました。でも、その失敗があるからこそ今の僕がいる。ぐるりと遠回りしながら、たくさんのことを学び知った今は、そんな人生をより楽しめるようにもなったかな」

たどり着いた居心地のいい場所

草彅剛

どうすれば居心地のいい毎日が過ごせるのか、そのためには何が必要で何が不要なのか、自分にとって本当に大切なものは何か、それを知っている今の草彅さんはとてもシンプルだ。本人は「というか、適当なんですよ。僕よりも年下の慎吾のほうが大人。先のことまでよく考えている。僕なんか何も考えていないからね」と笑うが、それもまた、悩み迷い、時間をかけて手に入れた自分。

「経験や時間を重ねるたびに“荷物”は増えていく。それが増えるにつれて、どんどんつまらない大人になってしまうんだと思う。ならば、幼稚なくらいでいいのかなって。そのほうがバランスもいいんじゃないかな(笑)」

年々ラクになっていくし、毎日が楽しくなっていく。最近は年をとるのも悪くないな、と思うのだそう。

「そりゃあ“老い”という名の体の異変を感じて寂しくなることもあるけど(笑)。どうせならそれも楽しんじゃおうって。いろんなことがあるけれど、たった一度きりの人生だからね。どうせなら、楽しく生きたいじゃないですか(笑)」

余計なものは、もういらない。
それが、シンプルな“今”を選び、“今”を生きている草彅さんの本音なのだ。

草彅剛(くさなぎつよし)
1974年7月9日生まれ、埼玉県出身。2017年、香取慎吾、稲垣吾郎とともに「新しい地図」をスタートさせる。その後、映画『まく子』や舞台『バリーターク』『道(LaStrada)』『家族のはなしPART 1』に出演。SNSやYouTube「ユーチューバー草彅チャンネル」で見せる飾らない素顔も大きな話題に。

PHOTO=矢吹健巳(W)

STYLING=黒澤彰乃

HAIR & MAKE-UP=荒川英亮

TEXT=石井美輪 

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年2月号 表紙 JO1

2月号 Now on sale

エンタメに抱かれたい

最新号を見る

定期購読はこちら

2月号 Now on sale

エンタメに抱かれたい

GINGER2021年2月号では、今の時代に知っておきたいエンタメ・ムーブメントを大特集。
表紙は、日本から世界を目指し、およそ6,000人が参加したサバイバルオーディション番組から誕生したJO1が登場。デビュー後の1年間を振り返りつつ、自分たちの未来について熱く語ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる