MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年4月号
4月号 Now on sale
変化を楽しむ時代へ!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

MYSELFウェルネス

2020.09.18

頭痛、だるさ、肩首こりなど不調が起こる「気象病」。アロマで自律神経を整えることが可能

天候不順の日が続くと、めまい、吐き気、頭痛、首・肩こり、全身倦怠感、低血圧や血圧の上下、関節痛、手足のしびれ、冷え症、動悸、不安感、目のかゆみ、鼻水、咳など、一見、関係しないようなさまざまな不調が起こります。これが「気象病」。
天候の変化に体調不良が重なる人は、気象病の可能性があります! 改善には、実はアロマが役立つというデータが。その方法とは?

気圧・気温・湿度などの変動で不調が起こる!

気象病

(c)Prostock-studio/Shutterstock.com

気圧・気温・湿度などの気象の変化にともなって、さまざまな体調不良が起こるのが「気象病」です。

症状としては、めまい、吐き気、頭痛、首・肩こり、全身倦怠感、低血圧や血圧の上下、関節痛、手足のしびれ、冷え症、動悸、不安感、目のかゆみ、鼻水、咳などがあげられています。

これらのさまざまな症状は、一見、関連がない症状です。

でも、天候不順の日や、気圧が変わるなどの気候が変化するときに、体調不良が重なる人は、気象病の可能性があります。

気象病を感じた人は、運動不足、姿勢の悪さ、ストレスを自覚!

今年、行われたアンケート調査[*1]で、気象変動によって、なんらかの体調の変化を感じている人が95%に上っていました。

症状のなかで最も多かったのは、頭痛、倦怠感、肩・首こりという結果でした。

また、気象病を感じた人の多くは、「運動不足を自覚している」「姿勢の悪さを自覚している」「ストレスが多い」「スマホ時間が長い」と答えていました。

*1 日本アロマ環境協会調査「気象病についてのアンケート」会員413名(2020年6月5日~6月11日)

気象病は、内耳と自律神経のバランスの崩れから

不調な女性

(c)Chinnapong/Shutterstock.com

なぜ、気象病が起こるのでしょう?

天候が激しく変化したりすると、体の調整機能を担う自律神経が酷使され、機能が低下してしまいます。

自律神経が乱れる原因には、湿度と気圧、気温(寒暖差)が関係します。

特に、気圧の変化は、耳の奥の「内耳」が感知して、脳の視床下部から自律神経を通じて、変化に対応するように、体に指令を出します。

ところが、気圧の変化が激しいと、バランスが崩れてしまい、自律神経が乱れ、頭痛やめまいなどのさまざまな症状が引き起こされるのです。

軽症ならアロマで自律神経を整えることで改善が!

アロマ

(c)Dragon Images/Shutterstock.com

重い症状の場合には、クリニックの受診が必要ですが、軽い不調ならセルフメンテナンスで、症状を出にくくすることも可能です。

ポイントは、気象病と関係が深い、内耳と自律神経を整えることです。

姿勢、呼吸、運動といった基本生活を見直すことが重要ですが、「香り」を取り入れて自律神経を整え、ストレスを解消することも有効と言われています。

自律神経を整えるために、アロマテラピーを活用するのもおすすめです。

自律神経におすすめのアロマの取り入れ方

アロマ

(c)colors/Shutterstock.com

特に、朝起きたときに、体が重い、やる気が出ないなどの日は、朝なのに副交感神経が優位になっている可能性があります。

交感神経を優位にして、体を目覚めさせて、活力や集中力を与える精油がおすすめといわれています。

●朝にはシャッキっとする爽やかな香り・・・ペパーミント+レモン

ペパーミントは、活気と元気を与えてくれる精油。集中力を高め、新しいひらめき力を与えてくれます。

レモンは、不安や混乱を取り除き、リフレッシュさせ、明るい気持ちにさせてくれます。

一方、自律神経を整えるには、夜間に副交感神経が優位になるように整えることが大切です。寝る前は、心身がリラックス状態になる精油を選びます。

●夜は甘さのある穏やかな香り・・・ラベンダー+スイートオレンジ

ラベンダーは、リラックスや、調和、バランスをとる作用が特長。ストレスによる緊張や不安、怒りを和らげ、安定した精神状態へと導きます。ラベンダーの香りを嗅ぐと、リラックス状態で増加する、アルファ波が増えたという実験結果もあります。

心身がリラックス状態になると、副交感神経が優位になるため、自律神経のバランスを整えたり、免疫力を高める効果も期待できます。

オレンジスイートは、リラックスし、エネルギーの循環を促す作用があります。

COOPERATION=公益社団法人 日本アロマ環境協会、久手堅司先生(内科・神経内科・頭痛・脳卒中専門医)

TEXT=増田美加(女性医療ジャーナリスト)

PICK UP

MAGAZINE

2021年4月号

4月号 Now on sale

変化を楽しむ時代へ!

最新号を見る

定期購読はこちら

4月号 Now on sale

変化を楽しむ時代へ!

2月22日(月)全国発売のGINGER2021年4月号では、幸せのチャンスを引き寄せ、自分の可能性を広げるための最新トピックスを満載した「おしゃれもマインドも変化を楽しむ時代へ!」を大特集。“CHANGE”を存分に楽しんでいる素敵な人へスペシャルインタビュー。カバーウーマンには、インスタが上がるたびに美しさとコメントに注目が集まる桐谷美玲が近況報告と最強のビューティショットで登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる