MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年4月号
4月号 Now on sale
変化を楽しむ時代へ!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • line
  • instagram
  • youtube

MYSELF女性の悩み

2019.11.07

おっぱいが痛い!ゴリゴリ硬い、張ってる…お乳の不安ありませんか?

大きな乳がんキャンペーンの季節、ピンクリボン強化月間だった10月も終わりました。でもおっぱいの不安は、毎月生理のたびに感じる人もいるのでは? 乳房の痛みや張りは、乳がんを連想するだけに不安になる人が多いですね。どんな症状が心配か、乳腺外科を受診するポイントについてご紹介します。

おっぱいにこんな症状があったら受診!

乳がん

(c)aslysun/Shutterstock.com

□ 今までにない硬さがある
□ 今までにないしこりがある
□ 今までにないひきつれがある
□ 赤茶色い、あるいは黄色っぽい乳頭分泌がある

上記の症状がひとつでもあったら、乳腺外科を受診しましょう。乳房の専門は、婦人科ではなく、乳腺外科です。間違えないようにしましょう。
痛みだけでなく、今までにないしこりや硬いものに触れるかどうかが、受診のポイントです。

痛みだけならすぐに受診しなくても大丈夫

症状を心配して乳腺外科を受診する人のなかで、“痛み”が最も多いと言われています。それほど、痛みは人を不安にさせるのですね。

けれども、痛みは乳がんのメインの自覚症状ではありません。乳がんを心配するなら、痛みの有無よりも、今までと違うしこりや硬さを感じたら、受診してください。

乳房のしこりには悪性だけでなく、良性のものもありますが、痛みの有無では良性か悪性かは判断できません。

おっぱいが痛いのは、生理との関係が多い

生理

(c)Ekaterina_Minaeva/Shutterstock.com

乳房痛の原因のひとつに、生理周期との関連が考えられます。生理前や生理中の時期に乳房が張ることで痛む、ということはとてもよくあることです。

生理周期に関係しない乳房痛は、たとえば、体を動かしたことが刺激となって、乳房内の神経や筋肉の痛みにつながることもあるかもしれません。
また、胸壁の痛みを乳房痛と勘違いする人もいます。痛みの原因を特定することは難しい場合が多いので、長く続いて心配であれば受診することが大事です。

毎月のチェックで自分のおっぱいを知る

乳がん

(c)BigmanKn/Shutterstock.com

乳腺科を受診するかどうかのポイントは、乳房にこれまでなかった変化が起きたかどうかです。

月1回のおっぱいの自己チェックは、今までとの違いを見つけるために行うことが大事です。

乳がん検診を受けるのは40歳から。20代、30代の女性は、症状がなく、血縁に乳がんや卵巣がんの人がいなければ、乳がん検診を受けるのはまだ早い年齢です。毎月の自己チェックが何より大事になります。

もしも、心配な症状があって受診した場合、乳腺科ではまず、マンモグラフィと超音波検査を行います(健康保険が使えます)。

どちらかの検査で、悪性の可能性がある病変が見つかったら、針で細胞を採取する針生検(細胞診)を行います。
細胞診の結果で問題があれば、さらに太めの針で組織を採取する組織診を行い、乳がんかどうかを確定診断します。
 
針生検で異常なしであれば、マンモグラフィか超音波の画像で見えたしこりは、良性のしこりだったことになります。
良性のしこりの種類は多く、乳腺症、乳腺のう胞、乳腺線維腺腫、乳管内乳頭腫などさまざまです。良性のしこりなら、治療の必要はなく、今後は医師の指示に従って、経過を診て行けば大丈夫です。

家族に乳がんの人がいたらどうする?

乳がん

(c)SewCream/Shutterstock.com

最近、話題になっている「遺伝性の乳がんが心配でどうしたらいいのでしょうか?」という声も寄せられています。

乳がんの発症には、大別すると環境要因と遺伝的要因があると言われています。乳がんの場合20人に1人程度は、遺伝と関係があります。

遺伝があると、乳がんの発症リスクだけでなく、卵巣がんの発症リスクも高い、遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)の可能性があります。

血縁の方に乳がんや卵巣がんがいる人、若くして乳がんになった人(45歳以下)がいる場合には特に注意が必要です。
血縁に乳がんや卵巣がんの方がいて心配だという人は、全国のがん拠点病院にあるがん遺伝相談外来で相談できます。

費用は5千円~1万円程度です。検査を強制することはありませんが、相談の結果、約半数近くの人が遺伝子検査を受けているという病院もあります。
遺伝子検査は採血で行えますが、20数万円の費用がかかります。

乳がん、卵巣がんの5~10%が「遺伝性乳がん卵巣がん症候群(HBOC)」

女優のアンジェリーナ・ジョリーさんがHBOCを告白したことでも有名ですが、HBOCとは、BRCA1、BRCA2の遺伝子の変異が原因で、乳がんや卵巣がんを高い確率で発症する遺伝性腫瘍のことです。

ただし、HBOCは、乳がん、卵巣がん全体の約1割以下です。遺伝性でないがんのほうが多いのです。

心配な人は、「日本HBOCコンソーシアム」 のチェックリストを行ってみてください。相談可能な施設も紹介されています。

月1回はおっぱいの自己チェックを忘れずに!

乳がん

(c)Milan Ilic Photographer/Shutterstock.com

自己チェックを続けることで、自分のおっぱいの変化に気づきやすくなります。

行うタイミングは、月1回、入浴時に行いましょう。生理周期による乳房の張りが収まる生理後2~3日目くらいに行います。

【鏡の前で】
両腕をあげておっぱいのひきつれ、くぼみ、左右差、乳首のへこみなどを見ます。腕を下げた状態でもチェックします。乳首から色のついた分泌物が出ていないか、ブラジャーが汚れていないかも確認します。

【石鹸をつけて】
石鹸をつけた手で触ると、乳房の凹凸やしこり、硬いところがよくわかります。4本の指の腹を使って、小さなのの字を描き、乳房をまんべんなく触ります。脇の下、鎖骨の周りにはリンパ節があります。そこも同様に行いましょう。

TEXT=増田美加(女性医療ジャーナリスト)

PICK UP

MAGAZINE

2021年4月号

4月号 Now on sale

変化を楽しむ時代へ!

最新号を見る

定期購読はこちら

4月号 Now on sale

変化を楽しむ時代へ!

2月22日(月)全国発売のGINGER2021年4月号では、幸せのチャンスを引き寄せ、自分の可能性を広げるための最新トピックスを満載した「おしゃれもマインドも変化を楽しむ時代へ!」を大特集。“CHANGE”を存分に楽しんでいる素敵な人へスペシャルインタビュー。カバーウーマンには、インスタが上がるたびに美しさとコメントに注目が集まる桐谷美玲が近況報告と最強のビューティショットで登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる