MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2021年9月号
9月号 Now on sale
THE SNAPARAZZI!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

MYSELF女性の悩み

2019.09.29

改めて知っておくべき!数字で見る女性のカラダ

アラサーになると、だんだんと増えていくカラダの悩み。なかでも子宮に関する悩みが多く、読者アンケートでは、9割以上の女性が、女性ならではの月の不調を感じているという結果が!
不調や不安を抱えたままで、パフォーマンスが低下してしまうのは残念ですし、いざ子供が欲しいというときのために、アラサーの今、自分のカラダを知っておくことはとても大切なことです。
そこで、女性のカラダにまつわる平均数字を読み解いてみました。
今後の生き方、そしてカラダと向き合うヒントになるはず!

美ボディ

(c)PICADORPICTURES/Shutterstock.com

日本人の女性の平均出産数は?
・・・1.42人

厚生労働省の人口動態統計による最近の調査では、1.42。ちなみに平均7~8人子供を産んでいた昔の女性と比べると、一生の生理回数は9倍増! 乳がんなど女性の病気のリスクも増えているのは、そういう背景も関係しているそう。

第1子出産の平均年齢は?
・・・30.7歳

大学を卒業して、ある程度のキャリアを・・・と思えば、30.7歳(厚生労働省の人口動態統計)なんてあっという間。第1子出産平均年齢はここ数年横ばい傾向にあるものの、2007年と比較すると全都道府県で1.0~1.6歳上昇しているそう。東京が一番この平均年齢が高い!

出産

(c)Scarc/Shutterstock.com

卵子は減っていく一方
・・・出生時:約200万個 → 思春期:約30万個 → 閉経を迎える頃:0個近く

卵子は新たに作られることはありません。厚生労働省の調べによると母親のお腹の中にいるときが約700万個とマックスで、出生時には約200万個、思春期には20万~30万個まで減少。そこからも毎日減り続け、閉経時には卵子数はほぼゼロに・・・。

更年期は誰にでもやってくる!
・・・更年期の期間:45.5歳~55.5歳

閉経の平均年齢は50.5歳といわれ、その前後5年の期間を更年期と呼びます。思春期同様、誰もが通過するカラダの変化期。その年代に現れる不調が、更年期症状です。更年期に怯えるアラサーは少なくありませんが、更年期障害は全員に起こるわけではありません。

40代、着床しても妊娠を望めないことも
・・・40歳の分娩率:7.7%

著名人の高齢出産のニュースがしばしば話題になるけれど、それは一例。厚生労働省が発表した不妊治療における分娩率のデータによると、30代後半から年齢が上がるほど低下し、40歳は約7.7%。45歳でなんと0.6%未満に。40代は妊娠できても、生産分娩率は低い、ということを今からよく理解しておきたい!

受精

(c)Photography/Shutterstock.com

月経随伴症状を抱える人の割合は?

月経随伴症状とは、生理前、生理中の心やカラダの不調のこと。それに悩む日本女性は、74%もいるという報告(※)が。産める世代特有の症状だから仕方がない、と見過ごさないで。今は対策もいろいろあるのですから!

※Tanaka E,Momoeda M,Osuga Y et al.Burden of menstrual symptoms in Japanese women:re sults from a survey-based study.Journal of Medical Economics 2013;Vol.16,No.11:1255-1266

女性のカラダ変化をチェック

先進国でありながら、日本女性は自分のカラダを知らなさすぎるといわれます。まずは女性のカラダの基本、女性ホルモン、子宮、基礎体温の連動をチェック。エストロゲンが増える→排卵→体温が上がる→子宮内膜が厚くなる→黄体ホルモンが減る→生理、という流れになります。

女性ホルモン

子宮

基礎体温

いかがでしたか? 改めて数字で見ることで、自分のカラダの状態をよりきちんと知るきっかけになるはず。この機会に、自分のカラダとじっくり向き合ってみてはいかがでしょうか。

教えていただいたのは・・・
女性医療ジャーナリスト 増田美加さん

増田美加

エビデンスに基づいた医療情報、予防医学の視点からヘルスケアやアンチエイジングケアを発信。GINGER本誌、GINGERwebでの連載も好評。

TEXT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年9月号

9月号 Now on sale

THE SNAPARAZZI!

最新号を見る

定期購読はこちら

9月号 Now on sale

THE SNAPARAZZI!

「写真」を通して、普段は見ることができないさまざまな“リアル”を大公開! 表紙を飾るのは、8月10日にデビュー10周年を迎えるKis-My-Ft2。デビュー以来初の舞台で座長となるジェシー、新たな環境でドラマ収録をスタートした高杉真宙、女優としても活躍が目覚ましい池田エライザ、三吉彩花、FANTASTICS from EXILE TRIBE、與真司郎といった気になる人たちの、リアルな瞬間にご注目を!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する