夏のボーナスはどうする!? ボーナスで始める資産運用【富女子のマネー知識】

正社員であれば誰もが心待ちにしているに違いないボーナス! 夏のボーナスは、公務員は6月30日、民間企業は6月中に支給される場合が多いよう。今回は『富女子宣言』(幻冬舎メディアコンサルティング)の著者で、金融、投資コンサルタントの永田雄三さんにおすすめのボーナスの使い道を聞いてみました! 

2016年のボーナスも期待大!

From Getty Image

みずほ総合研究所が2016年4月に公開した「2016年夏季ボーナスの見通し」によると、民間企業の夏のボーナスは増加の見込み! しかも3年連続増加しています。ここ数年、ボーナスをきちんと貰えていると感じる人も多いのではないでしょうか。
たしかにボーナスが入るのは嬉しいことですが、気を付けてほしいのは「使い方」。 一度にまとまったお金が手に入ってしまうと、気持ちが大きくなります。テンションが上がって、普段以上のムダづかいをしてしまう経験がある人も多いでしょう。 しかし、「自分のためになる」ことにお金を思い切って使うのは、自分の経験値を上げるきっかけにもなります。ボーナスは、事前に計画を練って健全に使うことが重要なのです。

気になる「富女子」のボーナスの使い方は?

From Getty Image

「富女子」のボーナスの使い道は、やはり「貯金」が多いです。
ある程度貯金が貯まっている人は、ボーナスが入っても浮ついた素振りはみせません。自分へのご褒美として年に1度の海外旅行を計画している人や、毎月の収入では手が届かない家電を購入する人もいますが、富女子の多くは計画書を立てて「必要なもの」「不必要なもの」を見分けることができているので、自分に合ったお金の使い方をしています。ボーナスの一部を気持ちよく使い切ったら、残りの額は貯金するというメリハリのある使い方をしている人がほとんどです。 なかには、全額を貯金につぎ込むツワモノもいます。とはいえ、彼女たちは起業資金・結婚資金、はたまたアパート資金として将来の夢のためにお金を貯めるという目標があるようです。

ボーナスをきっかけに投資を始めよう!

From Getty Image


「大きな買い物」にも興味がなく、貯金をするのも味気ない。そんな人には、このボーナス時期こそ「投資」を始めるチャンスです。 投資の種類はさまざまですが、ここでは代表的なものを紹介しましょう。 

「株式投資」……上場企業の株を買い、株価が上がったところで売って「売却益(キャピタルゲイン)」を手に入れます。また、株を一定期間保有した企業が利益を出したときに得られる「配当」、株主にモノやサービスを提供する「株主優待」も得ることができます。

「FX」……証拠金を担保として証券会社に預けて外貨を売買します。預けた証拠金の数倍の取引ができるため、うまくいけば大もうけ。ただし、失敗すれば大損の可能性もあります。 「商品の先物取引」……価格が変動する可能性のある食物や原材料などの商品を事前に決めた価格で売買することを約束するものです。

「不動産投資」……アパートやマンションを購入し、人に貸すことで利益を得ます。

日常の会話に出てくることは多くないかもしれませんが、これらの投資は比較的メジャーで特に「株式投資」や「FX」は初心者でも始めやすいです。 リスクはあるものの、きちんと学び自分の頭で考える力を身につけることで、着実に、そしてときには大きなリターンも見込めるのが投資の魅力。ボーナスの使い道として検討してみてはどうでしょうか。 もちろん、きちんと勉強をして、自分の頭で考え・判断することが大切です。

文/永田雄三


永田雄三/金融・投資コンサルタント
ナビゲーター
永田雄三/金融・投資コンサルタント
金融、投資コンサルタント。1級ファイナンシャル・プランニング技能士。ワイズアカデミー株式会社 代表取締役社長。20代女子が5年で1,000万円を貯蓄する具体的な方法や、住宅・保険・車・教育費といった人生における出費についてなど「お金」に関するセミナーを開催するとともに不動産投資・貯蓄・投資環境等の様々な観点からアドバイスを行っている。著書『富女子宣言』。
このナビゲーターの記事を見る