作り置きで野菜不足解消!手間いらずの簡単おかずレシピ5選

こんにちは。お料理担当の坂本ちなみです。今回は手軽に作れてとってもヘルシーな野菜不足解消メニューを5つご紹介します。素材の持ち味を生かした常備おかずとしても重宝するので、忙しい日々にぜひご活用くださいね。

アレンジも楽しめる、簡単常備おかず

千切り野菜の和え物サラダ

野菜類、錦糸卵、ハムを千切りにして、自家製ドレッシングまたは市販のドレッシングで和えるだけの簡単料理です。今回使った野菜は、きゅうりとかいわれ大根ですが、人参や玉ねぎ、青しそ、みょうがなど、冷蔵庫の残り物野菜をどんどん加えてみてください。大量に野菜をカットしても、すぐになくなってしまうほど、シャキシャキ感が食欲を誘います。

*生春巻きの具材としてもうってつけです。

●和え物サラダおすすめドレッシング

〈材料〉 
しょうゆ 大さじ2
ごま油 大さじ2
酢 大さじ1
蜂蜜 小さじ1と1/2
煎り白ゴマ 小さじ1

蜂蜜がまんべんなく混ざるよう、よくかき混ぜてください。

薄切り野菜の柑橘サラダ

大根ときゅうりはスライサーで薄切りにします。グレープフルーツは皮を剥いておきます。

大根ときゅうりをそれぞれ別のボウルに入れ、塩をまぶして全体を混ぜ合わせてしばらくおきます。水気が出てきたら丁寧に絞り、ひとつのボウルにまとめます。

オリーブオイル、ワインビネガー、マスタード、蜂蜜、レモン汁を加えて混ぜ合わせればできあがりです。サッパリとしていて食べやすく、和洋問わず肉魚問わずの万能な一品です。

野菜たっぷり冷麺

こちらは、彩りが楽しくサラダ感覚で食べられるヘルシーな冷麺です(写真ではわかりづらいですが、野菜の下に麺が隠れています)。
好みの茹で野菜や蒸し野菜など、何でも盛り付けてみてください。煎ったごまの風味が香るタレを多めにかけて、旬野菜と冷たい麺との清涼感溢れる食感をお楽しみくださいね。

ラディッシュと彩り野菜の生春巻き

キャベツと人参は千切りにしたあと塩少々をまぶしてしんなりさせます(歯応えが残る程度)。スナップえんどうは塩茹でしておきます。ラディッシュは薄い輪切りにします。

ライスペーパーを全体にぬらして、まずラディッシュを広げるように並べます。その上に野菜をのせてクルクルと巻いていきます。よく研いだ包丁を湿らせてから切ると、断面が美しくなります。


豆腐ほうれん草

こちらは、ほうれん草のおひたしと冷奴を足したもの。素材同士が互いのおいしさを引き立て合います。ほうれん草は、茹でたあとしっかり絞ります。ひと塊ずつラップに包んで冷凍保存できるので、あと一品欲しいときや、お味噌汁の具材など手軽に栄養を摂りたいときなどに重宝します。

パパッと作れる簡単野菜料理、いかがでしたか。応用が効くものばかりなので、ぜひたくさん作って常備しておいてくださいね。きっとお役立ていただけると思います。

写真・文/坂本ちなみ

坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
ナビゲーター
坂本ちなみ/料理研究家、フードライター
フードライター。旬野菜を使ったレシピ考案。野菜好きが高じて庭に畑を作る。野菜のお世話をしながら日々作っている料理をインスタグラムにて配信中。 著書「野菜のごちそう弁当」インスタグラムアカウント名@chinamisakamoto
このナビゲーターの記事を見る