GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

12・1月合併号 Now on sale
正しい欲望は、人生を楽しむエッセンス 満たされたい!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDLIFESTYLE

2023.02.05

東京都内でリュクスにホカンス!「ヒルトン東京お台場」でリフレッシュ

東京のウォーターフロントシティーお台場にある「ヒルトン東京お台場」の魅力は、レインボーブリッジや東京タワー、そして東京の街並みを一望できる絶景。都内でもリゾート気分を満喫できると人気の「ヒルトン東京お台場」に泊まって、ホカンスを体験してみました。(スイーツ・グルメ担当ライター/YUKI YONEI

お台場

ホカンスってどんな旅?

ホカンスとは「ホテル」と「バカンス」を組み合わせた韓国生まれの造語で、旅の目的はホテルステイ。観光ではなく、ホテル内での食事やスパ、アクティビティなどを楽しむことがメイン。近場でも気軽に非日常体験ができて、リフレッシュするのに最適です。ここ数年の行動制限もあり、一気に注目の旅行スタイルとなっています。

ヒルトン東京お台場がホカンスにおすすめな3つの理由

1. 部屋からの眺めが素晴らしい!都内でも屈指のパノラマビュー 

ヒルトン東京お台場でホカンス

部屋からの夜景。宿泊したのは、スーぺリアデラックスルームのツイン ¥46,500~(税サ別) ※同カテゴリーでキングもあり

すべての客室にバルコニーが備わっているヒルトン東京お台場。そこから臨む景色は、朝、昼、晩と時間によってさまざまに異なる表情を見せてくれます。窓の外に広がるパノラマビューが部屋の一部として存在しているかのよう。部屋はシンプルで落ち着きのあるインテリアでまとめられています。
宿泊した日はあいにくの曇りでしたが、それでもバルコニーからの景色はすごい!の一言。目の前にはレインボーブリッジ、そして東京タワーと東京の夜景が。遮るものが何もなく、東京湾の絶景を独り占め状態にできるなんて、なんて贅沢! ずっと部屋にいても飽きない、これこそホカンスの醍醐味です。

ヒルトン東京お台場でホカンス

バスルームのアメニティはクラブツリー&イヴリン。バーベナとラベンダーの香りがリラックス効果を与えてくれそう。

リネン類は吸水力があり気持ちの良い使い心地です。ナイトウェア、バスローブもあるので、身軽に訪れることができます。

ヒルトン東京お台場でホカンス

バスルームの部屋側にある窓扉を開けると、バスタブに入りながら景色が楽しめるつくりに。

バスタブと洗い場は別々になっていて、シャワーはオーバーヘッドシャワーもあります。お気に入りのバスソルトを持参すれば、バスタイムをより楽しめそう!

2. オリジナルの和の香りに包まれて。スパでリラックスできる

ヒルトン東京お台場でホカンス

「庵スパTOKYO」施術ルームは全部で6室(シングルルーム×4、ペアルーム×2)

ホテル5階には「庵スパTOKYO」があります。屋内温水プールやサウナを併設したアクアゾーン(別料金)と、施術を受けられるトリートメントルームに分かれています。今回はトリートメントのみ利用しましたが、できればアクアゾーンにあるジェットバスやサウナでゆっくりと体をほぐしてからトリートメントを受けるのがおすすめです。

庵スパのトリートメントルームはシンプルで清潔感があり、穏やかな空気が流れる空間。人気メニューは庵スパオリジナルコスメを使用したフェイシャルとボディートリートメントの「禅ZEN シグネチャー」と、庵スパオリジナル精油を使用した「アロマテラピーボディ」の90分コースだそう。長さは60分、90分、120分とお好みで選べます。

ヒルトン東京お台場でホカンス

庵スパオリジナル精油〈左から〉ゆず・みかん、ゆず・さくら、ひのき・白檀 どの香りも調和のとれた優しい和の香り。一番人気はひのき・白檀。

60分の「アロマテラピーボディ」を早速受けることに。まずは使用するオイルを決めます。香りから直感的に選ぶことが多いのですが、今回は「胃腸や肌に元気を取り戻したいときに」の説明文が今の自分にぴったりと、ゆず・みかんの香りでお願いすることに。

ヒルトン東京お台場でホカンス

60分のコースは背中側とデコルテ、肩をトリートメント

ヒーリングミュージックが流れる中、絶妙な力加減の心地良いストロークで、疲れが溶け落ちていくよう。ゆずとみかんのどこか懐かしい香りに包まれて、ほんわかリラックスした至福の時間を過ごしました。

ヒルトン東京お台場でホカンス
トリートメント後はリラクセーションラウンジでお茶をいただきながらまったりと余韻を楽しみましょう! レインボーブリッジが間近に見えます。天気の良い日は広々としたベランダに出てリラックスタイムを過ごすのも良いかも。

血の巡りが良くなったのか、少し時間が経ってから体の内側が温まったような気持ちの良いけだるさを感じ、体がリセットされた気分に。肌も数日間潤いをキープしていてとぅるとぅるでした。

3. 充実の食事。ルームサービスのクオリティが高い!

ヒルトン東京お台場でホカンス

2023年3月31日まで北海道フェアを開催中。ロビーフロアの「シースケープ テラス・ダイニング」ではブッフェ形式で、ルームサービスではコース、アラカルトで楽しめる。

ホテル内には日本料理、中国料理、グリル料理などを提供するレストランもありますが、ホカンスならば、ゆっくりとお部屋で気兼ねなく食事をしたいものです。ということで、今回はルームサービスで、北海道の食材がふんだんに使われているコース料理をいただくことにしました。

時間通りにワゴンで運ばれてきた料理は、盛り付けがきれいで、見た目から美味しさがあふれでているではないですか! 結論から先に書いてしまいますが、どのお料理も本当に美味しくて心からおすすめできる内容でした。

ヒルトン東京お台場でホカンス

メインの「かみふらの和牛A4ロイン80gの網焼き 野菜のグラッセとキャロットムース マデラソーストリュフ風味」は旨味がすごくてジューシー。ミディアムレアぐらいの焼き加減が、素材の良さをうまくひきだしています。別添えのマデラソースはトリュフの香り高く濃厚な味わい。野性味あふれるゴボウやセロリなどの野菜もおいしく、ベーコンの細切りが隠れたアクセントに。

ヒルトン東京お台場でホカンス

〈左上〉鯛と北海道昆布和え ビーツ 青海苔ジュレ 〈右上〉オニオングラタンスープ ニセコ高橋牧場チーズ 〈左下〉北海道真鱈のポワレ フォレスティエール ブルギニョンバターソース 〈右下〉イチゴフロマージュブランのデザート(北海道原乳使用のフロマージュブラン)

前菜は新鮮な鯛のやわらかな身と昆布との和の組み合わせが楽しめる「鯛と北海道昆布和え ビーツ 青海苔ジュレ」。ジュレやエディブルフラワーによって洋風な装いに。

「オニオングラタンスープ ニセコ高橋牧場チーズ」は文句なしの美味しさ! 濃厚なチーズとあめ色玉ねぎの甘みが絡み合い、コクのある味わいが秀逸です。

お魚料理は「北海道真鱈のポワレ フォレスティエール ブルギニョンバターソース」。きのこが風味よくソテーされていて美味しい。ニンニクとパセリを混ぜたブルギニョンバターソースが淡白な鱈にとてもよく合います! 皮目はパリパリでほど良い焼き加減。

デザートの「イチゴフロマージュブランのデザート(北海道原乳使用のフロマージュブラン)」はさっぱりとした味わい。口どけが良く、雪を食べているみたいに口の中ですーっと溶けていきます。濃い赤色のソースは酸味が強くて小さいベリーがたくさん入っています。なんのベリーだろうか、もしかしてこれハスカップ?と思い、食後に尋ねてみたら正解でした。生のハスカップをふんだんに使っている、なんとも贅沢なデザート。

窓の外の白くまばゆいレインボーブリッジと、東京の夜景を満喫しながらの食事は、最高の幸せ時間になりました。

ヒルトン東京お台場でホカンス

翌日は朝からエネルギーチャージ!「シースケープ テラス・ダイニング」で朝食をいただきました。

ズワイ蟹のオムレツは蟹爪が添えられていて朝から豪華。アメリケーヌソースがリッチな味わい。赤肉メロンを使った甘くてクリーミーなメロン・オレは、おかわりするほどのお気に入りに。トッピングが充実のサラダ、種類豊富なホットミールなど、充実の朝食でした。                     

ヒルトン東京お台場でホカンス
チェックアウトは12:00と遅めなのがリゾートっぽくて嬉しいですね。朝活派は道幅が広くロケーションも最高なお台場をランするのも、フィットネスセンターで汗を流すのも良いかも。私は窓際でお茶を飲みながらまったり派。最後まで部屋からのパノラマビューを堪能しました。

ゆりかもめに乗って景色を見ながらヒルトン東京お台場に向かうと、その時点で東京ではないどこかのリゾートに来た気分になれます。言い過ぎでしょうか? ぜひ体験してみてくださいね!

ヒルトン東京お台場
東京都港区台場1-9-1
https://www.hiltonodaiba.jp/

TEXT=YUKI YONEI

PICK UP

MAGAZINE

12・1月合併号 Now on sale

正しい欲望は、人生を楽しむエッセンス 満たされたい!

最新号を見る

定期購読はこちら

12・1月合併号 Now on sale

正しい欲望は、人生を楽しむエッセンス 満たされたい!

10月23日(月)全国発売のGINGER2023年12・1月合併号通常号の表紙には、韓国の人気13人組グループSEVENTEENのJUNが登場! 誌面初登場で表紙を飾ります。

韓国で行われた撮影は、終始リラックスモード。ジュエリーを纏ったラグジュアリーな雰囲気から、肉体美が際立つシンプルなデニムスタイル、そしてクールなホワイトスーツまで、全4ルックでさまざまな表情を見せてくれました。

インタビューでは、グループのこと個人活動のこと、そしてプライベートにまつわることまで…徹底的に深堀り! 永久保存版にふさわしい内容になっています。さらにサイン入りポラロイドが当たる応募券も付き。全CARAT必見です!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する