GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2022年11月号
11月号 Now on sale
人生がととのう! 快感レッスン

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDライフスタイル

2022.02.25

物の捉え方次第で世界が変わる!ポジティブシンキングの方法

映画ライター渥美志保さんによる連載。ジャンル問わず、ほぼすべての映画をチェックしているという渥美さんイチオシの新作『GAGARINE/ガガーリン』をご紹介。作品の見どころについてたっぷりと語っていただきました!

厳しい現実から人間を救う、イマジネーションのきらめき

ガガーリン

一般人でも大富豪なら宇宙に行けたりする時代に生きるGINGER世代にとっては、ちょっと耳慣れないガガーリン。「誰それ?」って話だとは思いますが、ガガーリンはロシアの宇宙飛行士で、人類で初めて宇宙飛行をした人物。映画の舞台は、その人物を称えて名付けられた古い団地(実在)なのですが、この映画の何が素晴らしいって、その団地を捉える映像が、まるでレトロなSF映画みたいだってこと!

ガガーリン

主人公のユーリは、ここに一人ぼっちで暮らす15歳の移民の少年で、宇宙が大好き。でも「将来は宇宙飛行士になる!」という具体的な夢を思い描いているしっかりものじゃなく、宇宙に対して「ここではないどこか」を夢見ている感じでしょうか。貧しい暮らしの彼の部屋には、壁には宇宙に関する記事やポスターが貼られ、天井からはその辺にあるものを利用して手作りした太陽系のモビールが下がっています。

ガガーリン

映画は、そんな少年の目から見た「ガガーリン団地」を捉えていくのですが、「これがほんとに老朽化した団地?」と思うような映像だらけ。ガガーリン団地のレトロな外観とか、ユーリが尋ねる建設資材のガラクタ屋のオレンジ色の倉庫とか、薄暗い階段をゆーっくりと回りながら俯瞰で捉えるショットとか。

ガガーリン

前半にもそれらしきものは多いのですが、住人が全員退去した団地の中に一人で暮らし始めるユーリが、「宇宙ステーション」を真似て部屋と部屋の仕切りをぶち壊しながら作っていく空間は、ほんとに宇宙ステーションみたい。

ガガーリン

映画はその合間合間に、ものすごくポエティックな場面――例えば離れたビルに住む恋人ディアナと、小さなライトを使ったモールス信号で会話をしたり、無数の穴をあけた壁から入る光で「星空」を作ったり――を差し挟んで、映画全体をファンタジーのような美しい世界に作り上げています。

ガガーリン

ユーリはなんで一人ぼっちで住んでいるのかといえば、両親が離婚し母親が新しい恋人と新しい家族を作り……ありていに言えば、両親に捨てられてしまったから。恋人のディアナはロマで、大家族とともにバラックとトレイラーハウスで暮らしています。

ガガーリン

パリ郊外のガガーリン団地は工業都市の住民が暮らすニーズによって作られた団地ですが、その後は貧しい移民が暮らすように。日本人のパリのイメージからは程遠いリアルなフランスがそこにあります。

ガガーリン

そうした世界の大変さを、嘘で覆い隠すことなく、それなのになんだかキラキラした世界として成立させているのが、この作品の素晴らしさ。物の見え方って、本当に見方による、切り取り方によるし、これこそが映画にできることだなぁと実感できる作品です。

『GAGARINE/ガガーリン』
監督/ファニー・リアタール&ジェレミー・トルイユ
出演/アルセニ・バティリ、リナ・クードリ、ジャミル・マクレイヴン、ドニ・ラヴァンほか
(c)2020 Haut et Court – France 3 CINÉMA
http://gagarine-japan.com/
※2月25日(金)新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開

渥美志保の記事をもっと読む。

TEXT=渥美志保

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2022年11月号

11月号 Now on sale

人生がととのう! 快感レッスン

最新号を見る

定期購読はこちら

11月号 Now on sale

人生がととのう! 快感レッスン

9月21日(水)全国発売のGINGER2022年11月号通常号の表紙には、デビュー15周年、アニバーサリーツアー真っ只中のHey! Sɑy! JUMP 山田涼介さんが初登場。大人の男のカッコ良さと色気を漂わせるワントーンにまとめたスーツ姿は、表紙解禁と同時に編集部にファンから感激のコメントが殺到。さらに10月号からスタートしたHey! Sɑy! JUMPの連載「TAG」では、彼がメンバーの髙木雄也さんをプロデュース。いつもとは違う表情で誌面を飾ります。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する