MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

表紙
1月号 Now on sale
SEXYの新解釈

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDライフスタイル

2021.11.26

思いやりでついた嘘は、罪か、罪ではないか。あなたはどう思う?

映画ライター渥美志保さんによる連載。ジャンル問わず、ほぼすべての映画をチェックしているという渥美さんイチオシの新作『ディア・エヴァン・ハンセン』をご紹介。作品の見どころについてたっぷりと語っていただきました!

人気者になるより、自分自身になること

ディア・エヴァン・ハンセン

物語の主人公は、高校生のエヴァン。父親は幼いころに家を出たきりで顔も知らず、シングルマザーの母は看護師として忙しく働きながら、女手一つで彼を育てています。エヴァンは精神が少し不安定でセラピーに通っているのですが、そこで出された宿題として「自分宛」の手紙をいつも書いています。

ディア・エヴァン・ハンセン

物語はその手紙をある人物に奪われたことから始まります。奪った相手は、こちらも学校の「変わり者」として知られる、孤独な高校生コナー。彼はこともあろうかその手紙を上着のポケットに残したまま自殺してしまうのです。

「自分たち宛の遺書はなかったのに」と落胆しながらエヴァンに会いに来た両親を少しでも慰めようと、エヴァンはつい「彼とは親友だった」と嘘をついてしまうのです。

ディア・エヴァン・ハンセン

「コナーはこんなことを考えて、こんなことを言っていた」とエヴァンが語るのは、実は彼自身が考えていたこと。よく考えてみたら、自分宛の手紙を書いているのとよく似ていて、エヴァンはそれによって少しずつ変わってゆきます。

同級生の自殺ってかなり大きな波紋を巻き起こすものだと思うんですが、エヴァンがその孤独を代弁することで、ことはより大きく広がってゆきます。構内で常に積極的に社会活動をしている同級生アラナがいうセリフ、「学校で上手くやれている(ように見える)子が、孤独じゃないわけじゃない」というのがすごく印象的で、結局みんな何かしらの孤独を抱えている。コナーの追悼集会でのエヴァンのスピーチがSNSで拡散され、多くの人の共感を呼んだのはそのためです。

ディア・エヴァン・ハンセン

映画宣伝では、この部分を「SNSが生んだ奇跡!」みたいないい話として前面に押し出していますが、映画の肝は実はそこじゃないんじゃないかな~と私は思いました。

エヴァンはSNS上でも学校でも一目置かれる有名人となり、コナーの妹と恋に落ち、コナーの家に出入りするようになり・・・つまり世界がガラッと変わってゆきます。でも、そうしたすべてが「嘘」から始まっているわけです。

ディア・エヴァン・ハンセン

コナーの母親シンシアが、大学の学費が工面できそうにないエヴァンに「コナーのために用意したお金を使ってほしい」という場面は、エヴァンが生きているのはコナーの人生であることを物語ります。金銭的な裕福さとか、両親の揃った家庭とか、自分を一番に気にかけてくれる母親とか、今のエヴァンが生きているのはコナーの人生です。

ディア・エヴァン・ハンセン

エヴァンが自分の母親をシンシアと比べてどこか蔑んでいるのは、彼が自分の人生を肯定できていない証拠にも思えます。逆に、そういったすべてを持っていたコナーは、なぜ自殺したんでしょうか? 映画はその両方を通じて、人間の孤独の正体が何なのかをほのめかします。

ディア・エヴァン・ハンセン

エヴァンが自分自身として生きるためには、嘘を告白しなければなりません。人気者になることより、それはずっと難しいこと。でも「自分は自分だからしょうがない」と観念することは、意外とすがすがしいような気がするんですよね、個人的には。

さて、エヴァンは告白できるでしょうか。そして、その先に何が待っているのか。それこそが、この映画の肝なのです。

『ディア・エヴァン・ハンセン』
監督/スティーヴン・チョボスキー 
出演/ベン・プラット、エイミー・アダムス、ジュリアン・ムーアほか
(c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
https://deh-movie.jp/
※11月26日(金)全国公開

渥美志保の記事をもっと読む。

TEXT=渥美志保

PICK UP

MAGAZINE

表紙

1月号 Now on sale

SEXYの新解釈

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

SEXYの新解釈

11月22日(月)全国発売のGINGER2022年1月号通常号は、田中みな実がシースルーのボディースーツを着用して登場。また、Special Editionの表紙には、11月にデビュー10周年を迎えたSexy Zoneが初登場!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する