MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2021年9月号
9月号 Now on sale
THE SNAPARAZZI!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TRENDライフスタイル

2021.07.21

数々のサウナを体験してきた私が行き着いたのは…【岸本鮎佳のサウナヴィッチ】

脚本家 岸本鮎佳さんがサウナへの愛を語り尽くす連載「サウナヴィッチ」。あなたもサウナの魅力を知って、ぜひ愛好者の仲間入りを!

vol.14 セルフロウリュウしか勝たん!

岸本鮎佳

(c)Nemeziya/Shutterstock.com

サウナブームが始まってから、都内にもさまざまなサウナがオープンしている昨今、自分の好きなサウナに巡り合ったサウナヴィッチさんも多いはず。

ここ数年、数々のサウナに入ってきた私が行き着いたのは、「セルフロウリュウサウナ」でした。

セルフロウリュウとは、その名のとおり、自分でロウリュウするサウナのこと。

あっつあつのサウナストーンにアロマ水をジャー!っとかけて、サウナ室の温度が上昇するのを楽しむことができます。

以前紹介した錦糸町の「黄金湯」や、恵比寿の「ドシー」などは、セルフロウリュウが出来ます。

先日もお馴染み恵比寿の「ドシー」に行ってまいりました。

ここは、以前はクイックサウナということでご紹介しましたが、あの後行ったら、以前と違ってゆったりとサウナを楽しむことができました。

通常1時間¥1,000ですが、女の子はいろいろやることもあるし、1時間じゃ足りない!と言うことを考慮してくださったのか、ドシーの公式ツイッターをフォローしていれば、女性は「30分無料延長」できるという。

これはでかい!!

以前は時間が短いから急いで支度をしていたけれど、30分あればゆっくり3回入って、ゆっくり支度ができる。

ありがたや~!

サウナブームもあって、以前よりは混んでいるだろうと思ったが、夕方5時に入って、なんと私一人の貸切状態!

おぉ~!ラッキ~!!!

そうなんです。ここ、24時間営業なんで、時間帯によってはめちゃくちゃ空いてて、貸切状態なときがあるのです。

いつも持って帰りたくなるくらいいい香りのシャンプーで洗って、いざサウナへ。

入ると真正面に桶があって、その中にいい香りのアロマ水がたっぷりと入っている。

その横には15分の砂時計が設置されていて、ロウリュウをする人は、水をかけたら、この15分計をひっくり返す、というルールがある。

一人しかいないから、思う存分ロウリュウを楽しもうと、柄杓にたっぷりのアロマ水を入れて、アロマストーンにゆっくりかける。すると…

岸本鮎佳

(c)Meesiri/Shutterstock.com

ジュッワー……!!!

と、癒しの音を奏でながら熱い蒸気がサウナ室を包み込む…

はあぁー!これよ、これ!ミントの爽やかな香りで一気に、詰まってた鼻腔が通る! 目が覚める!

サウナって入ったときの感じがそれぞれ全然違うと思うんです。

それは入った瞬間の感覚なんですが、入った瞬間からっからなサウナもあるし、あれ、なんか息苦しくないぞ?というサウナもある。

私が好きなのは、この「湿気たっぷり」のロウリュウサウナなのです。

もちろんテレビもついてないので、ひたすらサウナに集中。

しっとり、がっつり汗をかく。

実はサウナ入る前まで、腹立たしいことがあってめちゃめちゃ苛立ってました。

でも、自分だけのこの空間にどっぷり浸かるだけで、もうそんなものもどーでも良く思えてくる。

汗とともにすべてを体の外に流す。

自分の汗を感じると、悪いものがすべて体の外へ排出されるイメージをする。

ストレスが溜まりやすい、このご時世ですが、悪いことばかりじゃない。

サウナの楽しみは、ただ我慢するだけではなく、こうして自分で作り出すサウナ空間で身も心もスッキリすること…これ以上の贅沢はありません。

今だからこそ、セルフロウリュウができるサウナで、最高の贅沢を味わってください。

岸本鮎佳の【サウナヴィッチ】をもっと読む。

TEXT=岸本鮎佳

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年9月号

9月号 Now on sale

THE SNAPARAZZI!

最新号を見る

定期購読はこちら

9月号 Now on sale

THE SNAPARAZZI!

「写真」を通して、普段は見ることができないさまざまな“リアル”を大公開! 表紙を飾るのは、8月10日にデビュー10周年を迎えるKis-My-Ft2。デビュー以来初の舞台で座長となるジェシー、新たな環境でドラマ収録をスタートした高杉真宙、女優としても活躍が目覚ましい池田エライザ、三吉彩花、FANTASTICS from EXILE TRIBE、與真司郎といった気になる人たちの、リアルな瞬間にご注目を!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する