MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

2021年12月号
12月号 Now on sale
PAST&FUTURE

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

TIMELESSPERSON

2021.06.13

自分の胸にコンプレックスを抱えている女性たちへ【紺野ぶるまの女観察】

女芸人 紺野ぶるまさんによる女観察エッセイ「奥歯に女が詰まってる」。GINGER世代のぶるまさんが、独自の視点で世の女たちの生き様を観察します。

第34回 巨乳の孤独

巨乳

(c)sasipixel/Shutterstock.com

巨乳の破壊力はすごい。
自分の胸にコンプレックスがあるわけではないが、巨乳を前にするといつもより小さく見える気がするし、何をしても敵わないような無力感がある。
悪いことをしていないのに、肩身の狭い思いをすることだってある。

巨乳とは、時に凶器になる。
例えるなら、差し入れだ。
何もいらないからと言われてお呼ばれしたホームパーティーに、ワインやスイートポテトを持参する人っている。主催者は助かるし、参加者もうれしいが、何も持ってこなかった者がやや気まずくなるのは否めない。決して誰も悪くない、その人が特別気が利くというだけなのだ。

胸だってそう。貧乳が悪いわけではない。巨乳の魅力がすごいだけのことなのだ。
しかしながら、時に巨乳な本人が、この巨乳という凶器の被害者になることがある。
巨乳好きな男のせいだ。そして、こうやって野次を飛ばす輩がいるせいだ。
アナ雪のアナのように、自分の能力のせいで触れる物や目が合う者を傷つけてしまうという怖さに怯えながら生活しなければならない。
普通サイズの女に気をつかうこともそうだし、女性だけの自虐大会が始まった日には「ちょっと分けてもらっていい?」と笑いの小道具にされる。「大きいなりに悩みもあるんだよ」なんて言った日には、返り討ちに合うだろう。

美人や実家が裕福なものも、また然り。
それでもお釣りがくるくらいには得をしてるはずだろうと、今日も巨乳の孤独というのは誰にも理解されないでいる。

最後に、
“ホームパーティー”とかけまして
“巨乳”と解きます。
その心はどちらも
“手ぶらが喜ばれることもある”でしょう

今日も女たちに幸せが訪れますように。

紺野ぶるまの【奥歯に女が詰まってる】をもっと読む。

TEXT=紺野

PICK UP

MAGAZINE

2021年12月号

12月号 Now on sale

PAST&FUTURE

最新号を見る

定期購読はこちら

12月号 Now on sale

PAST&FUTURE

10月22日(金)全国発売のGINGER2021年12月号通常号は、川口春奈がGINGER初のモノクロ表紙に挑戦。11月号に続き、SEVENTEENのジョンハン、ホシ、ミンギュが登場。クロストークとともに、通常号にはオリジナルシール付き。また創刊以来初となる特別号の表紙に「ジャニーズWEST」が登場!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する