MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2021年9月号
9月号 Now on sale
THE SNAPARAZZI!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

MYSELFメイクアップ

2021.03.10

アイメイクで盛るより今っぽい!目ヂカラアップを叶える眉の描き方

目をもっと大きく見せたい…そう思ったら、見直すべきは「眉」! 意識するだけで印象が激変する眉メイクのポイントをヘア&メイクpaku☆chanさんがレクチャーします。

泉はる

ブラウス¥74,000/ラプレスティック ウィストン(エストネーション) イヤカフ¥12,000/アルティーダ ウード(ジアナザー ミュージアム)

眉メイクが目元の印象を大きく左右する!

「マスク生活が日常化するなか、メイクでは目元が主役に。アイメイクが注目されていますが、眉までがアイメイクであり、眉メイクが目元の印象を大きく左右すると言っても過言ではありません。特に目ヂカラに影響するのが、目と眉の距離。この距離が近いほど、自然に目ヂカラがアップするんです。さらに眉山から眉尻にかけてのラインをきちんと描くことで目元全体が引き締まり、より存在感が際立ちます」(paku☆chanさん)

意識したい2つのポイント

眉MAP
直線的な眉下ライン
目と眉の距離を近づけるカギとなるのが眉下ライン。眉尻にかけて直線的に引くことで目元がグンと引き締まり、印象的に。逆に、眉上ラインは柔らかい曲線を意識して。

黒目より外側に作る眉山
眉尻ラインは短めに、きちんと描くことでさらに目元を強調。眉山は黒目より外側を意識すると◎。品のある“美人眉”は今季のトレンドでもあるので、ぜひ取り入れましょう。

目ヂカラアップ眉の描き方~基本アイテム

基本アイテム

〈左から〉ルナソル スタイリングアイブロウコンパクト ¥4,200/カネボウ化粧品 エレガンス アイブロウ スリム GY15 ¥3,800/エレガンス コスメティックス ヴィセリシェ インスタントアイブロウ カラー BR-5 ¥800(編集部調べ)/コーセー

A 多色アイブロウパウダー
おすすめは、ルナソルの5色セット。アイゾーンの立体感を追求して生まれたアイブロウパウダーで、ハイライトのような明るい色からアイラインとしても使えるダークカラーまでIN。今回使用するのは★のカラー。

B グレーのアイブロウペンシル
眉毛1本1本を繊細に描ける極細芯をセレクトして。

C ツヤ系アイブロウマスカラ
仕上げ用にアイブロウマスカラを準備。ヴィセのアイブロウマスカラは、ひと塗りでカラーリングしたような眉に。ごわつくことなく、毛流れを整えてくれます。

目ヂカラアップ眉の描き方~基本プロセス

1. パウダーで眉のベースに色をのせる。
プロセス
まず、基本アイテムで紹介したAのスクリューブラシで毛流れを整えます。毛を斜め45度上に引っ張るイメージで立ち上げて。次に、Aの★印のカラーをブラシに取り、眉の中間~眉尻→眉頭と毛が濃い部分へのせていきます。

2. 眉下ラインを描く
プロセス
Bのグレーのペンシルを使い、黒目の上から眉尻に向かって眉下ラインを引く。一気に引かず、ペンシルを小刻みに動かしながら直線的に。

3. 眉下ラインをぼかす
プロセス
強調した眉下ラインは不自然に見えないよう、スクリューブラシでぼかすのがマスト。

4. 眉山→眉尻を描く
プロセス
Bのペンシルで黒目の外側に眉山を作り、眉尻の三角ゾーンを埋めていきます。

5. 眉頭に毛を足す
プロセス
眉上のラインは角度がつきすぎないようBで眉頭から1mm離れた部分に毛を少し足して調整を。

6. 眉マスカラで整える
プロセス
Cのアイブロウマスカラをジグザグ上下に動かして色をのせ、毛流れを整えたら完成!

泉はる
ポイントを押さえて描くと、眉毛だけでここまで目元の印象が変わります。盛るだけではない目ヂカラアップを叶えてみて!

paku☆chan(ぱくちゃん)
ヘア&メイクアップアーティスト。流行を取り入れながら、どこかに女性らしさや上品さを感じさせるメイクが得意。アーティストや女優たちからも依頼され、指名が絶えない。

>>目元の印象は眉と目の距離で変わる!タイプ別眉メイクのHow to

PHOTO=[モデル]田形千紘、[静物]植一浩

HAIR & MAKE-UP=paku☆chan(ThreePEACE)

STYLING=坂野陽子(f-me) 

MODEL=泉はる

TEXT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年9月号

9月号 Now on sale

THE SNAPARAZZI!

最新号を見る

定期購読はこちら

9月号 Now on sale

THE SNAPARAZZI!

「写真」を通して、普段は見ることができないさまざまな“リアル”を大公開! 表紙を飾るのは、8月10日にデビュー10周年を迎えるKis-My-Ft2。デビュー以来初の舞台で座長となるジェシー、新たな環境でドラマ収録をスタートした高杉真宙、女優としても活躍が目覚ましい池田エライザ、三吉彩花、FANTASTICS from EXILE TRIBE、與真司郎といった気になる人たちの、リアルな瞬間にご注目を!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する