MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

表紙
1月号 Now on sale
SEXYの新解釈

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

MYSELF女性の悩み

2021.09.04

体調だけでなく美容にも影響する、女性特有の不調には「マカ」が効果的!

暮らしを豊かにする情報には常にアンテナを張っておきたいもの。フリーライターの和多亜希さんが、取材から得た今知っておきたい情報をご紹介。

ヘルシー女性

(c)metamorworks/Shutterstock.com

肩こりや頭痛、イライラや気分の落ち込みなど、体やメンタルに不調を感じることはありませんか? 女性は生理が始まるころから閉経までホルモンの影響を受け、ときに何らかの不調として現れるケースがあるようです。「不調の原因は、女性ホルモンのゆらぎとの関わりが大きい」と語るのは、産婦人科医で成城松村クリニック院長の松村恵子先生。

女性ホルモンのゆらぎを整えるために、男性の精力剤として知られるマカが有効だとか! マカの優れた効果を知って取り入れ、毎日をフレッシュに過ごしたいですね。

更年期だけじゃない。20代でも注意!

女性の不調

(c)show999/Shutterstock.com

月経周期において、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンが規則正しく増減を繰り返しますが、このリズムが崩れるとゆらぎにつながります。

「エストロゲンのゆらぎは主に更年期に表れ、30代後半からのプレ更年期世代の不調もゆらぎが影響しています。また20代でもホルモンバランスの崩れからゆらぎが大きくなり、体調やメンタルにおいて不調につながることもあります」と松村先生。

ゆらぎ改善のための3つの掟

働く女性

(c)PR Image Factory/Shutterstock.com

エストロゲンは肌の角質層の水分を保持してうるおいを保ち、真皮層のコラーゲンやエラスチンの合成を促進してハリを保つ、美容に大きく影響するホルモン。ゆらぎを放置すると、エストロゲンが働かず、老け顔一直線という結果に。                                   

女性ホルモンのゆらぎは生活習慣で改善することが可能だそうです。たんぱく質を積極的に摂ること、運動が難しいなら日常的によく動いて活動量を増やすこと、ストレスを軽減することが大切なのだとか。

マカが女性のホルモンバランスを整えてくれる

ヨガ_女性

(c)number-one/Shutterstock.com

マカとは厳しい環境で生育するアンデス高原原産の根菜で、薬効として不妊改善、滋養強壮、月経サイクルの正常化、月経閉止の改善などが挙げられます。 

「女性ホルモン様作用として大豆イソフラボンが知られていますが、マカは減少した女性ホルモンの分泌を助ける働きをすると考えています」と語るのは、薬学博士の小川博先生。ご自身の研究で、マカは女性ホルモンのバランスを整えることが動物実験で明らかに(第61回日本栄養・食料学会大会「マカエキスパウダー摂取が老齢雌ラットの女性ホルモン量に及ぼす影響」)。

また、閉経後の女性を対象にした研究(第61回日本栄養・食料学会大会「更年期障害に対するマカエキスパウダーの効果」)で、のぼせや頭痛、冷え、肩こりなど10項目にわたって更年期症状への効果を調査したところ、すべての項目において症状が改善したことが報告され、女性ホルモンのゆらぎによる症状はマカによって改善が見込まれるようです。

マカで肌のシワ、たるみも予防

マカパウダー

アミノ酸の一種であるアルギニンは、マカに含まれる代表的な成分。成長ホルモンを増加させることが分かっています。成長ホルモンは皮膚の新陳代謝を促し、修復・再生する働きがあり、10代をピークに成人になると下がってきますが、マカは成長ホルモンを穏やかに増加させると、先程の研究(「更年期障害に対するマカエキスパウダーの効果」)で示されています。                                                        

最近ではサプリメントのほか、ドリンクやお茶、スムージーに加えられるパウダーなどもあり、手軽に取り入れられます。

女性は30代に入ると、心身共にいろいろな変化を感じるようになるもの。ストレスや不規則な生活習慣が女性ホルモンのゆらぎに影響し、不調につながるためです。マカで不快症状を緩和して、体の内から美しくありたいですね。

和多亜希の記事をもっと読む。

TEXT=和多亜希

PICK UP

MAGAZINE

表紙

1月号 Now on sale

SEXYの新解釈

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

SEXYの新解釈

11月22日(月)全国発売のGINGER2022年1月号通常号は、田中みな実がシースルーのボディースーツを着用して登場。また、Special Editionの表紙には、11月にデビュー10周年を迎えたSexy Zoneが初登場!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する