MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年5月号
5月号 Now on sale
This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

MYSELF女性の悩み

2018.10.31

【生理周期別】今すぐチェック!ブルーな生理をハッピーに乗り越える方法

女性ホルモン専門家の西村留美さんによる連載。PMSに悩まされた経験と、セラピストとして培った知識をいかし、悩みに寄り添う情報をお届けします。

女性の毎日に影響を与えている女性ホルモンの存在。二種類のホルモンが交互に増減を繰り返し、毎月の生理のリズムを作っています。生理をブルーデーと捉えている女性も多いですが、生理は本来ツラく苦しいものではありません♪
体のリズムに合わせた理想の過ごし方を身につけることで、生理に振り回されず、毎日を快適にハッピーに過ごす近道が見えてきます。女性ホルモン専門家として、数々の女性たちの悩みに向き合ってきた経験からアドバイスする、生理周期別の理想の過ごし方をご紹介します。

生理をハッピーに乗り越える方法

(c)Evgeny Atamanenko/Shutterstock.com

あなたは自分の体のリズムを知っていますか?

理想の過ごし方の前に、まずは簡単に女性の身に起きているホルモンによる体のリズムの復習から!
女性ホルモンには、エストロゲンとプロゲステロンの二種類があります。生理後から排卵日にかけてはエストロゲンが優位に。そして、排卵後から次の生理にかけてはプロゲステロンが優位になります。

この増減のリズムを毎月繰り返しているわけですが、どちらのホルモンが優位になるかで、体調や心の状態にまで影響を受けているのが私たち女性の体。
それぞれのホルモンには全く違った作用があるので、どちらのホルモンが優位にあるかで過ごし方を変えていくことは、もしかしたら自然なことなのかもしれません。

生理周期別、女性の毎日が快適になる理想の過ごし方♪

理想の過ごし方

Licensed by Getty Images

【スーパーデトックス期】
生理初日~2日目。生理が始まるとエストロゲン・プロゲステロンがともに減少。ウツウツ・モヤモヤ期を抜け、それまでの不調がウソのようにスッキリ!
とにかく生理中は最大のデトックス期なので、生まれ変わるつもりでゆっくり過ごしましょう。この時期は自分をとことん甘やかし、食べたいものを食べ、過ごしたいように過ごすことを自分に許してあげてください。
いつもなら我慢する甘いスイーツも、この時期にはご褒美としてプレゼントしちゃいましょう♪ ただし冷えは禁物なので、体も心もホッと温まる過ごし方を心がけてみてください。

【ハッピーアクティブ期】
生理3日目〜5日目頃から徐々にエストロゲンの分泌が活発に。ここから排卵日にかけては、体も心もどんどん調子が上がっていきます。
鬱々(うつうつ)としていたのがウソのように心も晴れやか! 体もスッキリ!
エストロゲンは別名、美のホルモンとも呼ばれている特別なホルモン。肌ツヤも良くなり、髪の毛もサラサラ、そして骨盤もキュッと締まっていくので心なしかスタイルもなかなかイケてる!?と思うほど、身体に変化が起きます。
そんなハッピーアクティブ期はその名の通り、思いきりアクティブに過ごすのが吉。新しいことにチャレンジしたり、大きな決断もこの時期にしましょう!
また、デートもこの時期にすると、自分を素敵に表現できますよ。

【ウツウツ・モヤモヤ期】
アクティブ期が過ぎ、排卵を終えると女性の体は徐々に妊娠に備えます。エストロゲンと入れ替わるように、プロゲステロンの分泌が活発に。
「女性の体」から「母の体」へと変化しようと働くためです。体は守りの体勢に入り、水分や栄養、脂肪などを体内に溜め込み始めます。結果、むくみや便秘、体重増加などの、いわゆるPMSという症状が出てくるのもこの時期です。
この時期は無理をせず、徐々にペースダウンするのが得策。イライラしたり、不安になったりと精神面の不調も出たりしますが、PMSだから仕方ないと割り切るだけでも気持ちはかなり楽になります。
残業や付き合いの飲み会はなるべく断り、早めに帰宅をして、自分自身をいたわる時間をとるのがオススメの過ごし方。
決して無理をせず、自分を責めず、ゆったり過ごしてみてください。

リズムの波に乗って今を楽しみましょう!

これまでお伝えしたとおり、女性の毎日は女性ホルモンのリズムの影響を受けています。「女性ホルモンに振り回されたくない」という声も聞いたりしますが、このリズムこそが女性ならではの魅力です。

ゆらゆら揺れ動く女性の体と心のゆらぎが、女性特有の柔軟性や協調性、コミュニケーション力の高さ、そして変化に強い女性ならではの資質であり、男性を翻弄し、虜にしてしまう魅力に繋(つな)がっています。
それならいっそのこと、このゆらぎのリズムを味方につけて、まるで波乗りをするように女性の人生を楽しむことが、理想の大人の女性像ですね。

西村留美の記事をもっと読む。

<アンケートご協力のお願い>
当サイトでは現在、生理の悩みについてのアンケート調査を実施しています。皆さまのお声をこれからのコンテンツ作りに役立ててまいります。下記URLより、ぜひご協力をお願いします。
http://u0u1.net/9KV9

TEXT=西村留美

PICK UP

MAGAZINE

2021年5月号

5月号 Now on sale

This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

5月号 Now on sale

This is ME!

3月23日(火)全国発売のGINGER2021年5月号は、創刊12周年を迎える記念すべき号。特集テーマは「This is ME!」。表紙には美しいツーショットが発売前から話題をさらった川口春奈と横浜流星が登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる