GENGERサポーター

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

2023年1月号
1月号 Now on sale
探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVING仕事

2022.03.06

「そろそろ産まないの?」には“明菜返し”が効く【セクハラ撲滅委員会】

愛想笑いで受け流す日々にもうウンザリ――そんなあなたへ贈る虎の巻! 作家のアルテイシアさんにセクシュアル・ハラスメントへの対処法を聞きました。全5回の短期集中連載でお届けします。

体験談3:お節介発言がウザイです

セクハラ上司

産みたい人、産みたくない人、産みたいけれど産めない人…妊娠・出産に対する思いやスタンスは人それぞれ。それなのに他人が土足で踏み入ってくる事例が後を絶たないのがこの日本。

「男性の同僚たちもいる場で、結婚や妊娠の予定を聞かれるのは気まずい」(33歳/サービス)

「不妊に悩んでいたとき、そろそろ産まないの?と言われるのがつらかったです」(34歳/金融)

「子供を産むのが女の幸せ、と当たり前のように言われます。勝手に決めつけないでほしい」(30歳/通信)

これらは男性から女性へはもちろんのこと、女性同士でも起こるセクハラの代表例と言えるでしょう。

〈初級編〉“明菜返し”で地雷アピール

とにかく妊娠・出産について聞いてくる人をシャットアウトしたいときは、人の話を聞かないキャラになるのが手っ取り早いとアルテイシアさん。

「何を言われても『……はぁ』と反応の薄い“ノーリアクション侍”になりましょう。あるいは、『“推し”が子供みたいなもんなんで。あ、写真見ます???』『うちの猫はマジで可愛くて、あ、これが産まれたときの写真なんですけどね』とウザめに話を逸らすのもいいですね。この人、この話題にまったく興味ないんだな、とわからせることができます」

それでもしつこい人には、“明菜返し”をお見舞い!

明菜返し
「中森明菜さん風の伏し目がち、かつ小声で『出産……そうですね……』『いろいろ事情があって……』とつぶやけば、さすがに相手も、自分の発言がいかにデリカシーに欠けていたか気づくはず」

〈上級編〉「それはセクハラ」とはっきり伝えて

「善意ハラスメント」という言葉も存在するくらい、何の悪気もないのに人を傷つけてしまう可能性があるのがこの手のハラスメント発言。相手との関係性しだいでは、きちんと「それはセクハラです」と伝えることも大事です。

「とっさに言えなかったときは、あとからメールやLINEで伝えてもいいんですよ。『私にはこういう事情があるので、それを言われるとつらい』と淡々と説明する。たいていの人は、『申し訳なかった』となるはずです」

産むも産まぬも本人の自由。他人がとやかく言うことではない、という考え方を広めていきたいものですね。

***

それでは復習です。妊娠・出産にまつわるデリカシーに欠けた質問は、

・“明菜返し”で地雷アピール
・「それはセクハラ」とはっきり伝える

この2段階で封じましょう。

その人間関係、本当に大事?

今回のセクハラ対応で難しいのはやはり2点めの「伝える」という部分。今後の仕事を考えると、職場で波風立てたくない、という人も多いはず。しかしアルテイシアさんいわく「職場の人=遠い人」。

「なんとなく、同僚って“身近な人”というイメージがありますが、実はそんなに人間関係としての重要度は高くないはずなんです。職場を辞めたら二度と会わない場合がほとんどなわけで」

無理して好かれなくてもいい。だから、対話を恐れずに。いつも心に留めておきましょう。

アルテイシア
作家。神戸生まれ。近著に『モヤる言葉、ヤバイ人~自尊心を削る人から心を守る「言葉の護身術」』(大和書房)『フェミニズムに出会って長生きしたくなった。』(幻冬舎文庫) など。フェミニズムにまつわる軽快な語り口のエッセイが人気で、「モヤモヤがすっきりした」「ハラスメントにNOを言えるようになった」など救われる人が続出!

【セクハラ撲滅委員会】をもっと読む。

ILLUSTRATION=八朔モモ

TEXT=GINGER編集部

PICK UP

MAGAZINE

2023年1月号

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

最新号を見る

定期購読はこちら

1月号 Now on sale

探しものは何ですか?欲張り☆ミニマリスト

11月22日(火)全国発売のGINGER2023年1月号の表紙には、現在放送中のドラマ「クロサギ」で、圧倒的なオーラを放っている平野紫耀(King & Prince)が登場。グループ全員がスタイリッシュなブラックスーツで表紙を飾った2022年5月号とは全く異なる、ふわっと柔らかくて、アンニュイな表情を披露。カバーストーリーでは、素顔の彼をひも解くための31の質問に答えてくれました。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるGINGERサポーターを募集します。 サポーターに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 サポーター限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターとは

GINGERサポーターに登録する