MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年5月号
5月号 Now on sale
This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVING恋愛・婚活

2019.09.10

別れた男との再会。大人の正しい振る舞い方は?

特に終わった恋愛に対しては、冷静に大人然とした余裕の態度で臨みたいものですが、心のなかに渦巻く記憶が、なかなかそうはさせてくれないもの。
20代~30代の皆さんにおいては、たとえば共通の友人の結婚式などで、元カレと再会せざるを得ないシチュエーションも多いのでは。
ということで、秋からの結婚シーズン到来直前。どんな心持ちで再会の場に臨むべきか、考察してみました。

男ってやつは・・・

こだいら

(c)JenJ_Payless/Shutterstock.com

あるとき、都内の飲み屋にて。いかにも“モテる”だろうなという男(既婚)から、「過去に付き合った女たちが、今ごろ幸せでいてくれたらいいなと思ってて。自分が傷つけてしまったことを、一人ずつ謝りたいぐらいだ」という発言が。

酒に酔っているのか、いや、自分に酔っている。

謝るって、何を? 君を幸せにしてあげられなくて? あのとき浮気したこと? あの頃は若くて、結婚を考えられなかったこと? 
今、モテ男が独身で、その元彼女とやり直したいということならば、まあ、謝罪して、やはり君だ、と言うがよい。

しかし、結婚している元カレから、「あのときはゴメン」的なことを言われて、果たしてうれしい女がいるだろうか。
悪いことしたとは思ってはいるんだ、という事実確認はできても、「オレがキミに痛手を負わせてしまった(キミがオレを愛していたにも関わらず)。今も傷ついているよね」的な、何だか上から目線の発言にならないか?

私からモテ男へのアドバイス(求められていなかったと思うが)は以下のとおり。
・間違っても、結婚して今は幸せに暮らしている・・・などと抜かすな。(結婚していることを隠す、という意味ではない)
・今振り返ると、キミと一緒にいた頃のオレが、一番輝いていたし、幸せだったよ。的なことを言え。
という2点。

つまり、“キミと付き合っていた頃のオレが最もイケていて、幸せな過去の記憶として、今も大切に想い出すことがあるんだよ”という、リップサービスである。
そう言われて、「は? 今さら気付いたのかよ」と思っても、女は悪い気はしない。
この人、今、あまり幸せじゃないんだな、と都合よく解釈して、救われる。そういうことなのだ。

男は不幸を装い、女は幸せを装うべし

男ってやつは、過去の女たちがみんな自分に未練があると思っている生き物だ・・・などと言わているが、大なり小なりその傾向はある。

大人の女性たちよ、そんな男たちに示すべきは、今の自分が「幸せに生きている」ということなのである。

万が一、「悪かったと思っている」と元カレが謝罪めいたことを口にしたならばら、
「おかげさまで私は男を見る目が養われて、どういう人が自分にとっていい男か知ることができたわー(笑)」的な明るい返しでいきましょうー。もう過去として、とっくに片付いている話である、懐かしさすら覚える話である、すっかり忘れていたぐらいの話である、というふうに。
そして、今現在の自分が、幸せで楽しく充実した生活を送っているというオーラを漂わせてほしい。

あなたが輝いていれば輝いているほど、元カレの“反省”と“後悔”は募るのである。

終わった恋愛を、目の前のテーブルの上に置いて語り合うのではなく、遠い空の彼方にあって、もうぼんやりとしか見えないよね、なんて完璧に終わってしまった過去として語ること。それが大人のルールです。

ちなみに、もし元カレが独身で、あなたも独身で、あなたの心のどこかにやり直したい気持ちがあったとしても、「彼がいなくて」とか「アラサーになって焦ってる」みたいなネガティブなフレーズや、「〇〇くんは彼女いないの?」みたいな相手の恋愛事情を探る質問は一切NGです。

今現在が不幸せそうなツマラナイ顔をした女、オレに未練がある女に、上から目線の男は本気で惹かれたりしません。たとえ何か起こったとしても、過去の繰り返し。
再会で再開するなら、あなたが優位なポジションからスタートしないと意味がない。

今度の披露宴、どうぞ気をつけていってらっしゃい。

TEXT=こだいらこゆき

PICK UP

MAGAZINE

2021年5月号

5月号 Now on sale

This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

5月号 Now on sale

This is ME!

3月23日(火)全国発売のGINGER2021年5月号は、創刊12周年を迎える記念すべき号。特集テーマは「This is ME!」。表紙には美しいツーショットが発売前から話題をさらった川口春奈と横浜流星が登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる