MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

MAGAZINE

GINGER2021年9月号
9月号 Now on sale
THE SNAPARAZZI!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVING

2021.07.19

色鮮やかで栄養満点!ビーツ料理で食卓がグッとおしゃれに

ヘルシーな食生活をキープすることも、大人の大切なスキル。旬の野菜を美味しく摂り入れて、元気になりましょう。料理家 田中美奈子さんの連載「野菜が際立つ簡単ごはん」。今回は、ビーツを使ったレシピをご紹介します。

ビーツを効かせたボルシチとサラダ

ボルシチとサラダ
輸入品を含むと通年出回っているビーツですが、6~7月は旬といわれる時期(一年の間では11~12月にも二度目の旬の時期があります)。あまりなじみのない人も多いかもしれませんが、血圧を下げる働きのあるカリウムや腸内環境を改善する食物繊維とオリゴ糖、肌の健康に欠かせないビタミンB群などを含み、栄養満点! さらに茹でる、焼く、生で食べられる万能な食材なのです。

ビーツ色のボルシチ

独特の赤い色、味も個性的なビーツを使った代表的なレシピといえば、ボルシチ! 実は簡単に作れるので、ぜひ挑戦してください。

ビーツ

●材料(作りやすい分量)
ビーツ 中1個(約200g) 
玉ねぎ 中1/2個(約200g)
キャベツ 1/4個(約200g)
牛切り落とし 200g
にんにく ひとかけ
オリーブオイル 大さじ2
バター 20g
トマトペースト 54g
水 600ml
ローリエ 1枚
顆粒コンソメ 大さじ2
塩、ブラックペッパー 少々

仕上げに
サワークリーム 適量
ディル 少々(なければパセリでも可)

●作り方(所要時間15分)
1. ビーツは皮をむいて厚さ5ミリのいちょう切り、玉ねぎはくし形、キャベツは一口大に切り、にんにくは包丁の腹で潰しておく。
野菜
2. 鍋にバターとオリーブオイル、にんにくを入れて弱火で熱し、にんにくから香りが出たら牛肉を加えて表面の色が変わるまで炒める。
炒め物

3. ビーツ、玉ねぎ、キャベツを加えて、全体に油がまわったら、水とトマトペースト、塩、黒こしょう、コンソメ、ローリエを加えて具材に火が通るまで弱火で約10分ほど煮る。
煮る

4. 塩こしょうで味をととのえ、器に盛りサワークリームとディルをちらす。

出来上がり!
完成

一見、手の込んだ料理という印象のあるボルシチですが、切り落とし肉と野菜を火の通りやすい材料、そして切り方を工夫することで簡単にできます。酸味のあるスープなので、実は夏の食卓にも◎。黒パンやライ麦パンなどと相性がいいので、一緒にお楽しみください。

さらに一品!ビーツとリンゴのサラダ

ビーツを生でいただくなら、こちらのサラダをぜひ。ビーツのシャキシャキした食感は、リンゴの食感と似ていて相性抜群なのです。

●材料(作りやすい分量)
ビーツ 中1個(約200g)
リンゴ 中1個(約200g)

調味料
塩 少々
リンゴ酢 大さじ2
蜂蜜 大さじ1
オリーブオイル 大さじ2

●作り方(所要時間5分)
1. ビーツとリンゴの皮をむき、細切りにする。
ビーツとリンゴの千切り

2. ビーツをボウルに入れて塩をふり、しばらく置く。水分が出てきたらリンゴと調味料を入れて混ぜ合わせる。
ビーツとリンゴのサラダ

出来上がり
ビーツとリンゴのサラダ
リンゴもビーツ色に染まって、赤い色のサラダが完成。生のビーツは細切りにし、リンゴとリンゴ酢で合わせると食べやすくなります。

簡単に食卓を華やかにできる彩り野菜、ビーツ。スーパーでは下処理済みの真空パックされたものや缶詰も売られているので、時短で作りたいときにどうぞ。でも、やはり生のビーツから作ると美味しさは格別。気負わずに普段使いできる野菜ですので、このレシピをきっかけに、レパートリーに加えてみませんか?

田中美奈子の【野菜が際立つ簡単ごはん】をもっと読む。

RECIPE=田中美奈子

PHOTO=田中美奈子

PICK UP

MAGAZINE

GINGER2021年9月号

9月号 Now on sale

THE SNAPARAZZI!

最新号を見る

定期購読はこちら

9月号 Now on sale

THE SNAPARAZZI!

「写真」を通して、普段は見ることができないさまざまな“リアル”を大公開! 表紙を飾るのは、8月10日にデビュー10周年を迎えるKis-My-Ft2。デビュー以来初の舞台で座長となるジェシー、新たな環境でドラマ収録をスタートした高杉真宙、女優としても活躍が目覚ましい池田エライザ、三吉彩花、FANTASTICS from EXILE TRIBE、與真司郎といった気になる人たちの、リアルな瞬間にご注目を!

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定プレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

GINGERサポーターに登録する