MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

MAGAZINE

2021年5月号
5月号 Now on sale
This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

  • LINE
  • Instagram
  • YouTube
  • TikTok

LIVING

2019.12.21

おせち料理の盛り付け&重箱の詰め方のコツは?素敵に魅せる簡単テクニック

こんにちは。お料理担当の坂本チナミです。今年も残すところあと僅かとなりましたね。クリスマスが近くなり、益々年末ムードが高まってきましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

今回は、いつも私の記事を読んでくださっているみなさまへ一年の感謝を込めて、おすすめのおせち料理盛り付け写真をお届けさせていただきます。お楽しみいただけますように!

おせちの詰め方

印象が劇的に変わる!センスのいい盛り付け方

おせちの盛り付け

何年か前に、かまぼこの老舗店へ足を運んだ際にお聞きした話では、おせち料理を重箱に詰めるようになったのは、江戸時代の料理茶屋の影響だそう。昨今のように縁起の良いお料理をきれいに並べて重箱に詰めるスタイルが確立されたのは明治以降だとおっしゃっていました。

こちらは、落ち着きのある吟朱の懐石盆に少量ずつ盛りつけたおせちです。丸盆に色とりどりのお祝い料理を並べることで華やかさが増し、特別感が演出されます。

4段の重箱

4段の小ぶりな重箱に詰めたカラフルおせち。小さめのサイズ感が具材の魅力を最大限に活かしています。大きさを揃えたり、断面を美しく見せることにより見た目にも楽しい印象になります。

おもてなしおせち

こちらは、小さな丸盆に懐紙と笹の葉を敷き、その上に少量ずつお料理を盛りつけたおもてなしおせちです。明太子を詰めたレンコンの断面や信田巻きの断面が美しくお正月にふさわしい佇まいに仕上がりました。

おせち5皿

おせち料理の盛り付け方は地域によってもさまざま、昔ながらの良さを取り入れつつ、現在の可愛いかまぼこや嗜好凝らしたお祝い食材も楽しみたいですね。

次回は、おうちで作るおせち料理のコツをお届けします。お楽しみに!

PHOTO=坂本ちなみ

TEXT=坂本ちなみ

PICK UP

MAGAZINE

2021年5月号

5月号 Now on sale

This is ME!

最新号を見る

定期購読はこちら

5月号 Now on sale

This is ME!

3月23日(火)全国発売のGINGER2021年5月号は、創刊12周年を迎える記念すべき号。特集テーマは「This is ME!」。表紙には美しいツーショットが発売前から話題をさらった川口春奈と横浜流星が登場。

最新号を購入する

電子版も発売中!

定期購読はこちら

MEMBER

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる

GINGERの世界観に共感し、誌面やWEBの企画に積極的に参加、協力してくださるメンバーを募集します。 メンバーに登録することで、取材や撮影、レポーターなどを体験していただいたり、イベント・セミナーへの参加、 メンバー限定ブレゼントへの応募など、数々の特典をお楽しみいただけます。

MEMBERになる