【佐藤健さんインタビュー】 等身大の恋愛観&結婚観に迫ります!

12月16日公開の映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』に主演する、俳優 佐藤健さん。物語の主人公であるカップルのドキュメンタリー映像を観たときに、「こんな愛もあるんだ・・・」と佐藤さん自身も涙を流したそう。 想いが生み出す「奇跡」について、佐藤さんが考えたこととは? 最近のリアルな恋愛観、結婚観も交えてお届けします! 

好きになれば、僕も待ち続けると思う

©2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

結婚を約束していた幸せなカップル、尚志(ひさし/佐藤健さん)と麻衣(土屋太鳳さん)。結婚式直前に突然原因不明の病が麻衣を襲います。意識不明となり、いつ目覚めるかわからない状態の麻衣。両親からも「麻衣のことは忘れてほしい」と言われるけれど、尚志は諦めずに回復を祈り続けます。

――尚志さんは、なぜ8年間も待ち続けることができたと思いますか?

「尚志さんは『結婚の約束をしたからには家族と同じ。家族なら病気になれば看病するし、意識が戻るのを待つのは当たり前だから』って言ってたんです。つまり何年だろうと、尚志さんにとっては待つことはごく自然なことだったんですね」

――佐藤さんは、いつ目覚めるかわからない恋人を待てますか?

待ちたくなるような人と出会いたいと思うし、本当に好きになれば待っちゃうんじゃないかな」

――日常生活では待つタイプ? それとも待てないタイプ?

「待ち合わせで相手が遅れても、連絡が取れていればどれだけ待たされても平気。ただ、プライベートでは僕が相手を待たせることが多いかな(笑)。10分くらいなんだけど、よく“チョイ遅れ”しちゃいます」

演じるためには、ただひたすらに役を思うだけ

©2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

映画では、長い年月をかけた尚志の祈りが通じ、麻衣が目を覚まします。ただ、その先にはさらなる試練が待ち受けていて、そこでも愛する人の回復を信じる尚志の想いが描かれています。
悲劇の出来事とつらいリハビリ生活の8年を経て、ついに最高の奇跡がふたりに訪れるのです!!!

――泣くのをこらえたり、感情を抑えた演技は難しいですか?

「僕の場合は、ただ役を思うだけ、なんです。例えば今回なら、尚志さんっていう人とその役に向き合った結果、押さえた芝居になっただけで、無理に抑えて“笑って”いるわけじゃない。役が芝居を作っていくから、難しいって感覚はあまりないんですよね」

――麻衣を演じた土屋太鳳さんの印象は?

「こんなに共演者のことを『ガンバレ』って応援したくなった現場は初めて(笑)。土屋さんの素晴らしい芝居があったからこそ、いい映画になったと今でも思っています」

結婚=幸せ、という当たり前の形に憧れる

©2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

誰も見たことがない愛の形。約束してから8年後に実現した、奇跡の結婚式――。
最後に、佐藤さん自身の結婚観について聞いてみました!

――この作品を通して「結婚」への意識は変わりましたか?

“結婚=幸せ”っていう当たり前の形が素敵だなって。尚志さんと麻衣さんを見て改めて感じたし、そんな結婚に憧れましたね」


「理屈じゃなく、心に訴えかけてくるものがある」と、自身の感動を表現してくれた佐藤健さん。この“奇跡”をぜひ劇場で!

© GINGER 2018年1月号

佐藤健 Profile 
さとうたける 1989年3月21日生まれ、埼玉県出身。2006年に俳優デビュー。映画『るろうに剣心』三部作や『亜人』、ドラマ「天皇の料理番」など数々の話題作で主演を務める。2018年『いぬやしき』『ハードコア』が公開予定。NHKテレビ小説「半分、青い。」に出演決定。

撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)
スタイリング/吉本知嗣
ヘア&メイク/MIZUHO(vitamins)
インタビュー/若松正子

©2017映画「8年越しの花嫁」製作委員会

映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』
10月16日(土)全国ロードショー
出演:佐藤健、土屋太鳳ほか
監督:瀬々敬久
脚本:岡田惠和
原作:中原尚志・麻衣『8年越しの花嫁 キミの目が覚めたなら』主婦の友社
配給:松竹
公式サイト:8nengoshi.jp

GINGER編集部カルチャー班
ナビゲーター
GINGER編集部カルチャー班
仕事だけの毎日じゃモノ足りない、もっと自分時間を楽しく過ごしたい! 欲張りな大人女子のライフスタイルを充実させる、要チェックなカルチャー情報をいち早く紹介します。
このナビゲーターの記事を見る